Trainocate Japan, Ltd.

Win Win Windows
ホーム > Win Win Windows > Windows 7 ; 資格取得 > 第22回 Windows XP、Windows 7、Windows 8、どれを使う?

Win Win Windowsコラム
第22回 Windows XP、Windows 7、Windows 8、どれを使う?
執筆:横山哲也

Windows 8のβテストが始まっています(「Windows 8」はコード名であり、正式名称と決まったわけではありませんが、便宜上「Windows 8」で通します)。Windows 7への移行も終わっていないに、と思う方も多いかもしれません。今回の記事が、Windows 8導入のヒントになれば幸いです。


●WindowsのGUIはよく変わる

WindowsのGUIは何度も変化しています。Webサイト「Computer World」の記事「画面キャプチャで見るWindowsの25年間」では、Windowsの全バージョンの画面ショットを見ることができます。


最初のWindowsはタイリングベースのものでした。これは技術的な問題ではなく、「ウィンドウが重なって見えなくなったら、利用者が戸惑うだろう」という判断からだということです。実際の画面を見るとダイアログボックスが重なっていますから、オーバラップ型(ウインドウの重ね合わせがある形)が可能だったことが分かります。


Windows 1.0は、NECのPC-100に採用されたそうですから、私も店頭デモマシンを触ったことがあるはずです。でも、マウスが搭載されていたのは覚えていますが(ステンレス球を使っていました)、ウィンドウシステムについては記憶にありません。記憶にないということは、逆に受け入れられやすかったのかもしれません。


Windows 2.0からはオーバラップ型に変わります。このあと、Windows 3.1までは見栄えが変わるだけでほとんど変化はありません。


大きく変わったのはWindows 95です。ここでスタートメニューやタスクバーが導入されました。その後Windows XPで「Luna」と呼ばれるGUIになり、Windows Vistaで「Aero Glass」が導入されました。Windows 7もAero Glassを踏襲しています。


Windows 95が導入された当時、ウィンドウの最大化と最小化のズーミングは無駄だとか、タスクバーは画面の描画エリアを圧迫するとか、いろいろ悪く言われました。


そのせいか、Windows XPでは従来の[スタート]メニュー形式に切り替える機能が付きました。今でもWindows XPをWindows 95スタイルで使っている人は大勢いるはずです。


Windows Vistaもさんざんな言われようで、やはり多くの方がWindows XP互換の「クラシックスタイル」に変更しているようです(Windows 95スタイルはなくなりました)。


使い慣れたものを使いたいという気持ちは分かりますが、新しいものは新しいだけの価値があるのも確かです。慣れなくても、無理に使ってみると、案外使いやすい面が見えてくるかもしれません。


●Metro Style

Windows 8では「Metro Style」と呼ばれるGUIが採用される予定です。Metro Styleは、アプリケーションの作り方から変わってしまうので、従来のアプリケーションとは違う画面で動作します。ただし、[スタート]メニューはなく、[Windows]キーを押すとMetro Styleのアプリケーション一覧画面に切り替わります。


Windows 8では、ログイン画面からシャットダウン手順まで、多くの操作が変化します。スマートフォンやタブレット端末の操作を全面的に取り入れることで、ユーザー層の拡大、あるいはスマートフォンに流れたユーザー層の奪還を目指しているようです。


私は昔からタッチ操作が嫌い(苦手)で、スマートフォンもタブレットも使っていません。iPhoneの写真を見せられたときも、何度も誤操作をしてしまい「横山さんはもうiPhoneを持たなくていいです」と言われたくらいです。


そういえば、私はApple社のGUIとは相性が悪いようで、Macintoshの利用も苦労しました。今まで使ったOSは日立VOS3(メインフレームです)、CP/M、MS-DOS、HP OpenVMS、UNIXのC Shell、X Windows System上のuwm、twm、DECwindows、OSF/Motif、Windows 2.0以降の全バージョンと、多くのOSを使ってきましたが、MacOSだけはどうしても慣れませんでした。


直接真似たわけではないようですが、Metro StyleはiPhoneの影響が強く出ています。現在、Windows 8のベータ版を使っていますが、ちょっとした操作をするのも苦労します。コントロールパネルひとつ出すのも大変です。


それでも、従来のWindowsと同様、慣れれば今までよりも使いやすいはず、と思って無理に使っています。今回は互換GUIも提供されません(提供できない)ので、仕方ありません。


●Windows 8の導入はいつ?

Metro StyleのGUIは、Windows Vistaでの変化とは比べものにならないくらい大きく変化します。早期に導入した場合は、教育コストが高く付いてしまう可能性があります。ただ、スマートフォンの利用者には案外受けがいいので、利用者のバックグラウンドによっては苦労せずに導入できるかもしれません。


一方、Windows XPはSP2までのサポートは終了していますが、SP3のサポート期間があと2年ほど残っています(2014年4月 8日までの予定)。アプリケーションの動作検証やマニュアルの更新を考えると、さすがにそろそろ次のバージョンに移行したいところです。この時、最も安全なのはWindows 7への移行でしょう。


既にWindows 7をお使いの方はそのまま使っていただくのが得策です。現時点でWindows 7のサポート期間は2020年1月14日までとなっています。あと8年近くありますから、安心して使えます。
ただし、タブレットPCの導入を検討しているのであればWindows 8を採用するのもいいと思います。タブレットPCの操作とMetro Styleは非常に相性がいいという話です。2001年と、ちょっと古い話ですがガートナージャパンは「企業内のOSは1種類に絞るのは導入コストが大きすぎる、多すぎるとサポートコストが大きすぎるので、4種類程度までに絞ると良い」と主張しています。

出典:日経ITpro「3年先を見据えたクライアントPC移行計画で,短過ぎるOSライフ・サイクルに備える


現在はOSのバージョンアップ間隔が延びているので、2種類くらいにできるかも知れませんが、1種類に統一するのはかえって管理コストがかさむと思われます。デスクトップやノートPCはWindows 7、タブレットはWindows 8とし、タブレットに慣れたところで全面的にWindows 8、というシナリオが良いのかもしれません。


●Windows 7の展開

Windows 7の全社展開を考えている場合は、教育コース「Windows 7 標準クライアント環境の構築と展開 (#50591)」が役に立ちます。テキストではWindows Vistaからの移行が中心ですが、Windows XPからの移行にもほとんどがあてはまります。


また、Windows 7の機能を一通り学びたい場合は「Windows 7 のインストールおよび構成 (#10226)」がおすすめです。このコースは「ITキャリア パッケージ キャンペーン」の対象なので、今受講いただくとMCP試験の受験チケットとTechNetサブスクリプション(1年分)が付いてきます。TechNetサブスクリプションには、マイクロソフトの主要なソフトウェア製品が全て含まれますので、テスト環境の構築などにお使いください。ライセンス上、業務に使うことは禁止されていますが、機能制限も利用期間の制限もありません。

Windows 8の声も聞こえてきますが、実際に企業クライアントはWindows 7の導入が本格化してきたところです。効率よく導入するために、ぜひ教育コースの受講をご検討ください。きっとWindows 8の導入にも役立つはずです。

[Windows 7資格取得][2012年4月10日配信]

 

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER