Trainocate Japan, Ltd.

Win Win Windows
ホーム > Win Win Windows > 仮想化 > コンピューター利用形態の変化と共に進化するリモートデスクトップサービス

Win Win Windowsコラム
コンピューター利用形態の変化と共に進化するリモートデスクトップサービス
執筆:加藤 由利子

 私が普段使っている通勤電車は200%に近い混雑率で、今年1月に首都圏で雪が降った時には命の危険を感じたこともありました。
  混雑した電車に毎日乗っていると少しでも荷物は軽くしたいと考えるようになります。そこで、スマートフォンやタブレット端末などいろいろなモバイル端末に手を出しました。でも、業務で使用しているのはノートPCで、結局荷物はさらに増えることになりました・・ 

 利用する端末に依存せず、業務用のデスクトップを使い続けることができれば便利なのにと切実に思います。 

  このような要望に応えるため、Windows Serverのリモートデスクトップサービスは、様々な進化を遂げてきました。
  現在のリモートデスクトップサービスは「セッションベース」と「仮想マシンベース」の2つの方法でエンドユーザーにデスクトップを提供します。


 1. セッションベース

  リモートデスクトップサービスが「ターミナルサービス」と呼ばれ登場した時から使用できる機能です。
  Windows Serverへリモートデスクトップサービスとユーザーが使用するアプリケーションをインストールします。エンドユーザーはリモートデスクトップツールを使用してネットワーク経由でサーバーへ接続します。
 全ての処理はサーバー側で行い、エンドユーザーが使用する端末にはサーバーのデスクトップの画面がそのまま表示されます。
 端末からのマウスとキーボード操作はそのままサーバーへ送られます。接続に使用されるプロトコルはRDP(Remote Desktop Protocol)と呼ばれます。
  アプリケーションで作成したファイルはサーバー側に保存され、端末側には何も保存されません。したがって、ユーザーが使用する端末から情報が漏えいする心配もありません。
RDPwinwin.png
  さらに、Windows Server 2008以降ではデスクトップ全体ではなく、実行するアプリケーションのウィンドウのみをユーザーの端末に表示する、RemoteAppも使用できます。 

 セッションベースの場合、1台のサーバーを複数のユーザーが共有するという形態で利用します。管理者は1台のサーバーを管理すればよいので、管理コストは最低限で済みます。

 しかし、同じ環境を使用するため、ユーザーごとに細かく使用形態を変えることはできません。 そこで、ユーザーごとに仮想マシンを用意するという形態でデスクトップを提供する「仮想マシンベース」の方法が登場しました。 


 2. 仮想マシンベース

 この方法はWindows Server 2008 R2から使用できるようになりました。
 Windows Serverが持つ仮想マシンの実行環境であるHyper-Vなどとリモートデスクトップサービスを組み合わせることにより実現できます。 

 「仮想デスクトップ」= クライアントOSやアプリケーションをインストールした仮想マシン をエンドユーザーごとに用意し、ユーザーは端末から仮想デスクトップへRDPを使用して接続します。 

Hyperwinwin1.png

 ユーザーは1台の仮想デスクトップを占有できるため、セッションベースと比べて自由度が上がります。 

 Windows Server 2008 R2では、環境作成の様々な操作を管理者が手動で行う必要がありましたが、Windows Server 2012以降では必要な構成要素の設定や仮想デスクトップの展開をウィザードベースのツールにより、自動的に行えるようになりました。

  また、仮想デスクトップはユーザー個別に用意することも、1つの仮想デスクトップを複数のユーザーで再利用して使用することもできます。 




 グローバルナレッジでは、Windows Server 2012 R2のリモートデスクトップサービスを1日で学ぶことができる「マイクロソフト デスクトップ仮想化ソリューション(リモートデスクトップとVDI)」というコースを提供しています。 

 このコースでは、「セッションベース」および「仮想マシンベース」の両方を、講義および演習を通して体験し学習していただくことができます。効率良くリモートデスクトップサービスについて学びたい方は、ぜひ受講をご検討ください。


[仮想化][2016年4月27日配信]

 

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER