Trainocate Japan, Ltd.

Win Win Windows
ホーム > Win Win Windows > Active Directory  > ドメインコントローラーの降格手順【画面キャプチャ付】

Win Win Windowsコラム
ドメインコントローラーの降格手順【画面キャプチャ付】

今回はドメインコントローラーの降格についてご紹介します。

■ドメインコントローラーの降格とは?

ドメインコントローラーの降格とは、ドメインコントローラーを通常のサーバー(メンバーサーバー)にすることです。
老朽化により、サーバーハードウェアを変更するときや、ドメインのアップグレードに伴う、古いOSのドメインコントローラーの削除などで必要な作業です。

Windows Server 2008 R2まで

Windows Server 2008 R2までは、ドメインコントローラーで「DCPROMO コマンド」を実行します。

Windows Server 2012以降

Windows Server 2012以降、DCPROMOコマンドは使用できないため、以下いずれかの方法を実行します。


■サーバーマネージャーの役割の削除ウィザードを使用した降格

1.  サーバーマネージャーの[管理]より「役割と機能の削除」を選択します
domaincontroller01.png
2.[次へ] を押します
domaincontroller02.png

3.  降格するドメインコントローラーを選択し、[次へ]を押します
domaincontroller03.png

4.  「Active Directory Domain Services」横のチェックを外します
domaincontroller04.png

5.  管理ツールも併せて削除する場合は、[機能の削除]を押します
domaincontroller05.png

6.  「検証結果」で降格できないメッセージが表示されますが、正常な動作です。一番下の「このドメインコントローラーを降格する」を押します。
domaincontroller06.png

7.  Active Directory ドメイン サービス構成ウィザードが実行されます。必要に応じてチェックを入れます。各項目は以下の通りです。
  • 「このドメインコントローラーの削除を強制」
    ・・・ 通常の降格が失敗したときにチェックを入れます
  • 「ドメイン内の最後のドメインコントローラー」
    ・・・ ドメインをなくす場合、全ドメインコントローラーを降格しますが、最後のドメインコントローラーを降格する場合にチェックを入れます
domaincontroller07.png

8.  DNSサーバーやグローバルカタログサーバーとなっている場合、確認が表示されます。事前にDNSサーバーやグローバルカタログサーバーをほかのサーバーに移行したうえで、チェックを入れます。
domaincontroller08.png

9.  降格後のローカル Administratorのパスワードを指定します
domaincontroller09.png

10. 項目の確認後、[削除]ボタンを押します。右下の[スクリプトの表示]ボタンでPowerShellコマンドレットを表示できます。
domaincontroller10.png

■Uninstall-ADDSDomainControllerコマンドレットを使用した降格

PowerShellで降格するには、Uninstall-ADDSDomainController コマンドレットを使用します。下の例は上記ウィザードの「スクリプトの表示」で自動作成されたものです。
Import-Module ADDSDeployment コマンドレットは、PowerShellへ明示的にモジュールを組み込むコマンドレットです。Windows Server 2012 以降は自動インポート機能があるため、実行する必要はありません。

#
# AD DS 配置用の Windows PowerShell スクリプト
#

Import-Module ADDSDeployment
Uninstall-ADDSDomainController `
-DemoteOperationMasterRole:$true `
-IgnoreLastDnsServerForZone:$true `
-LastDomainControllerInDomain:$true `
-RemoveDnsDelegation:$true `
-RemoveApplicationPartitions:$true `
-Force:$true

ドメインコントローラーの昇格については、以下のコースでご紹介しています。

【無料セミナー】今さら聞けない! Active Directory入門

人気の無料セミナー「今さら聞けない! Active Directory入門」を大阪で開催いたします。満席が予想されますのでお早めにお申し込みください。



この記事を書いたのは

instructor-dummy01.pngグローバルナレッジネットワーク株式会社
ラーニングサービス本部
マイクロソフト認定トレーナー
多田 博一

[Active Directory ][2017年6月 5日配信]

 

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER