Trainocate Japan, Ltd.

わくわくヒューマンスキル
ホーム > わくわくヒューマンスキル > コミュニケーション > 第61回: 良好な人間関係の構築

わくわくヒューマンスキルコラム
第61回: 良好な人間関係の構築
執筆:酒井 陽介

9月27日、私たちグローバルナレッジの本社オフィス、および研修施設が引越しをしました。
約7年、お世話になった「新宿文化クイントビル」にお別れを言い、西新宿にある「新宿オークタワー」への移転です。


引越しに伴い、研修施設の名称は「新宿カスタマビジットセンター」から「新宿ラーニングセンター」に変わり、各教室や設備、私たちのオフィスも綺麗に快適に一新され、名実ともに環境が大きく変化しました。


新しくなった教室エリアは、お客様からの評価が高く、「フリースペースからの眺めがとても良いです」「きれいな会場で快適に受講できました」「アクセスも良く、綺麗で清潔感のある会場でした」などの声をいただいております。


私たちが業務を行うオフィスエリアは、以前と比較して少しだけ手狭になりましたが、窓からの眺望が良く、周辺の高層ビルを見渡すことができます。フロア全体が見渡せるレイアウトに変更されたことで、各部門とのコミュニケーションがより図られるようになり、従来にも増して気分よく、効率的に業務に取り組めています。


組織に所属をしていると、引越しに限らず、季節が変わるタイミングに「環境の変化」を経験することがあります。例えば、昇進・昇格によるポジションの変更、異動によるチームメンバーの変化など、時に勤務地そのものが変わることがあります。そのような変化が生じた際に、私が最も気を配っているのが『自分を取り巻く周囲との良好な人間関係の構築』です。


「人は一人では継続して成果を挙げることができない」と私は考えます。周囲との良好なコミュニケーションによって意見や情報を交換し、時にサポートを受けます。「良好な人間関係なくして、十分な働きや充実した生活が送れない」と思うからです。


私が担当するコミュニケーション研修でも、参加者からよく「良好な人間関係を構築したい」という希望を耳にします。


「相手を気遣ってしまい、声をかけようか迷ってしまう...」
「声をかけるタイミングや言い方に気を使い過ぎてしまい、気疲れしている...」
「挨拶はできるけど、その後の会話が弾まないことが多くて...」
「つい目をそらしたり、気づかないふりをしてしまったりすることが多い...」


上記のように、自分を取り巻く人間関係の構築は仕事を進めて行く上で、誰しもが抱えるテーマと言えます。ではどのようにすれば良好な人間関係を構築できるのでしょうか?


私たちの対人関係は、「始めてみる(挨拶)」→「関係を育てる(おしゃべり)」→「終了する(一時的な中断)」の3ステップで発展していきます。その中でも特に、最初のステップ「始めてみる」が一番大切なのです。


●自分から挨拶してみる
研修では、「初対面の人と話をするのが苦手」、「なかなかなじめない」、「距離がなかなか縮まらない」という課題をお持ちの方に、まずは挨拶から実践することをお伝えしています。挨拶の積み重ねが良好な人間関係を構築すると言っても過言ではなく、「おはようございます」「お疲れ様」など、目が合ったときに声をかけてみることで、相手からの敵意や警戒心をなくすことにつながるからです。


●アイスブレイクを取り入れてみる
次に「アイスブレイク」を取り入れることです。アイスブレイクとは「氷のように冷たく硬い雰囲気を打ち砕く事」です。無理にユーモアを取り入れてウケを狙うのではなく、挨拶の後に一言、「今日はいい天気ですね」「朝晩冷え込んできましたね」「最近は忙しいですか」と声をかけてみるだけでも十分です。


いずれも、ごく簡単なことです。決して「流暢に話さなければならない」と考えず、「挨拶」と「アイスブレイク」、この2つを取り入れるだけで良好な人間関係を構築することができます。


引越しの慌しさが去り、身の回りの荷物整理が終わりました。徐々に新しい環境に慣れようとしています。私も新しい環境で新たな人間関係の構築にとりかかっています。今まで席が離れていた、あまり話したことのない同僚に、「始めてみる(挨拶)」、「アイスブレイク」を活用して、


「おはようございます、今日も忙しそうですね...」

 

 

☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆


グローバルナレッジでは、さまざまなヒューマン・スキル研修をご用意しています。 

効果的コミュニケーション・スキル ~効果的な説得、交渉へと導く対人コミュニケーション~

 

 


酒井陽介(さかい ようすけ)

グローバルナレッジネットワーク 人材教育トレーナー

1998年、都内の百貨店に就職し、販売職およびマネジメント職を担当。その後、インターネットリサーチ会社にて営業組織内の教育制度の立案・構築や、中途・新卒入社社員に対する研修の実施を経て2009年より現職。

コミュニケーション、プレゼンテーションなどヒューマンスキル研修の実施に当たっている。


[コミュニケーション][2010年10月26日配信]

 

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER