Trainocate Japan, Ltd.

わくわくヒューマンスキル
ホーム > わくわくヒューマンスキル > タイムマネジメント > 第113回:心おきなく楽しむために必要なこと

わくわくヒューマンスキルコラム
第113回:心おきなく楽しむために必要なこと
執筆:岩淺 こまき

timemanagement.jpg

お茶をしている時、友人が言いました。「何、ぼーっとしているの?」
自宅で食事をしている時、子供が言いました。「お母さん、どうしたの?」


仕事が忙しくなり気持ちに余裕がなくなってくると、出てくる私の悪い癖。

ずっと何かしら気になっていて、目の前のことに集中できなくなるのです。

何かしら、というのがポイントで、明確に"〇〇のタスク"がある訳ではないのです。

漠然と何かしなくちゃいけないことがあって......、そういえばこれもあった......、

と同じようなところをループしたり、違うことを頭の中に思い浮かべたりする内に、ぼんやりして目の前に人に気づかれてしまいます。


この状態の何が悪いかというと、


・楽しいことをしているのに、楽しめない
・自分も楽しめないけど、周りの人にも気遣いをさせてしまう
・仕事もプライベートも、集中できない


などが挙がります。基本的にイイコトはありません。

結局忙しさに振り回されている自分に、無力感さえ覚える日々となり、確実に心が疲弊します。


忙しさに振り回されるとイイコトがないことに気づき、反省した、私なりの対処方はこちら。

「計画を立てる」

です。


ごく自然に、日常でも計画を立て、スムースに過ごしている人がいるのは知っています。

しかし私のように、意識しないとできない人間もいるのです。私なりの進め方は以下です。


  1.  やることを中期と短期で把握
  2.  アイディア出しなど考えごとは、移動時間を活用
  3.  1日の終わりに明日、金曜日に翌週のタスクを設定
  4.  余計なことを想像したら一喝


以下、詳しく説明します。


1.  やることを中期と短期で把握

まず、やるべきことを1か月と1週間で把握します。本当は年間で見ていますが、実際に行動する期間で考えた場合は、1か月、1週間程度が私は管理がしやすいのです。


2.  アイディア出しなど考えごとは、移動時間を活用

やることを把握する時に"〇〇について考える時間"も、必ず取っておき、予定表に記載しておきます。 実際は、移動時間で賄っている部分も多いのですが、「時間を設けている」という安心感が自分では大切だと思っています。


3. 1日の終わりに明日、金曜日に翌週のタスクを設定

日や週など、区切りで進捗確認し、計画を立て直します。前日に明日すること、金曜日に来週することを洗い出すだけです。


4. 余計なことを想像したら一喝

作業時やプライベートの時間に、ぼんやりと頭の中に「あ、あれは......」と仕事や別の作業が出てきた際も、「〇月〇日に時間とっているから!」と戒めます。自分で自分を戒めることが励みにもなりました。



1~3は、一般的にはタイムマネジメントと言われていることです。

さらに、すぐうじうじする私の性格を踏まえ、4を加えました。

こうすることで、無駄なことはばっさり切る意識を明確にすることができました。

1~4の工夫により、タスクはもちろん、気持ちの整理もでき、集中して目の前の仕事や遊びに取り組めるようになりました。



4月はさまざまな状況の変化があり心が乱され、5月からいよいよ忙しさも本格化する方も多いことでしょう。私も目に前の忙しさに翻弄されるのではなく、自分でコントロールしていろんなことに集中し、忙しさを充実感に変えたいと思っています。


関連コース

若手社員のためのタイムマネジメント ~自己管理力を高め、チームに貢献する~


==============================
グローバルナレッジネットワーク ヒューマン・スキル講師
岩淺 こまき (いわあさこまき) 

<プロフィール>

グローバルナレッジネットワーク 人材教育コンサルタント。
1997年、システム販売会社に就職し、営業技術支援および導入企業向けの研修を担当。
人材紹介会社にて中途入社社員に対する研修や、メーカーでの販売促進セミナーの企画・実施を経て2007年より現職。 プレゼンテーション、ファシリテーション、リーダーシップ、講師養成講座、などヒューマン・スキル研修の開発・実施に当たっている。

<活動>
◆ITエンタープライズ「プロマネ1年生の教科書」「そのひとことを言う前に」「岩淺こまきのオン/オフで使えるプレゼン術」連載中
◆オルタナティブ・ブログ「働くママの人育て日記」公開中
◆日経ITpro「おさえて安心 ビジネスマナー100」連載中
==============================


[タイムマネジメント][2016年5月27日配信]

 

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER