Trainocate Japan, Ltd.

わくわくヒューマンスキル
ホーム > わくわくヒューマンスキル > 大人の学び > 第111回 一人前のその先へ ~いつもの毎日に、アンラーニングする勇気を~

わくわくヒューマンスキルコラム
第111回 一人前のその先へ ~いつもの毎日に、アンラーニングする勇気を~
執筆:岩淺 こまき

a0990_000001.jpg
研修の場でお会いする皆様から、感動や驚きなど沢山の刺激を頂きます。「ぐっとくるなぁ」と思うことの多い日々です。


私が担当している研修の「トレイン・ザ・トレーナー」では、最終日に1人ずつ「誰かに何かを教える」テーマで、10分程度のトレーニングを行う総合演習があります。受講者は、これから社内講師になる人や、講師として長く経験のある人までさまざまですが、多くの方が自分の担当講座を総合演習のテーマに選ばれます。


ある時、著書も出されている50代のベテラン講師がこの研修に受講者として参加されました。総合演習の場で、受講者全体を巻き込み、学ぶ場を活性化させるファシリテーション型のトレーニングを披露してくれました。他の受講者は、「おぉ~」と絶賛。「こういうトレーニングいいですよね!」「受講者だったら嬉しいです」「私もこういうスタイルでやってみたいです~」と口々に伝えていました。担当講師の私は、ふと、気になっていた点を質問してみました。


「〇〇さんは、普段、一方向で講義一辺倒のスタイルだって、おっしゃっていませんでしたか?」

すると

「そうなんですよ!」

と、満面の笑み。続けて照れ臭そうにこうおっしゃいました。

「今回、講師養成講座を受講して、いろいろ考えるところがあって。このままのスタイルじゃいけないな、と。で、学んだ事をできる限り取り入れてやってみようと思ったんですよね。せっかく研修の場なんで。受講者を巻き込むなんて初めてトライしたんですが、いかがでしたか?」


他の受講者から、一層大きな称賛が上がりました。私も心から、すごい!と思いました。
すごい!と思ったのは、ファシリテーション型スタイルが効果的だった事ではありません。長く慣れ親しんだスタイルを自分から手放し、新しいスタイルを取り入れたこと。そして、目の前の人達に喜んでもらえるスタイルを作り上げようとチャレンジされたことです。


これは研修中の出来事ですが、仕事の仕方でも同じことが言えます。慣れ親しんだスタイルをやめることは痛みを伴いますし、新しいスタイルを取り入れるのは勇気と体力がいります。特に、過去に成功体験を積んだ内容であればあるほど、「従来のやり方」に頼りがちになります。


一人前やベテランと言われる人が「成長が止まった」と感じ、周囲から「伸び悩んでいるな」と思われるのは、ココです。今の世の中は変化が激しくて、お客様から求められることも、会社の方針も変わっていきます。昨日までOKだったスタイルが、今日は違うかもしれない。ずっと同じスタイルでは勝負できないのに、自分の確立した「従来のやり方」でその場をやり過ごしてしまい、次第に目の前の状況に適さない「時代遅れ」な人になってしまいます。


一人前やベテランと言われる人達がさらに成長し、伸び続けるために必要なのは、組織学習の研究者であるヘドバーグが提唱した「アンラーニング(unlearning)」という考え方です。アンラーニングとは、いったん学んだ知識や価値観を意識的にほぐして、時代に合わないものを捨て、新たに必要な知識を学び直すこと。自分のスタイルがある中でも、意識的にこの考えを実行することで、成長し続けることができます。


冒頭でご紹介した50代のベテラン講師は、まさに「アンラーニング」を実践し、目の前の環境(受講者)に適したスタイルを披露してくれたのです。当然、ご本人は苦労されたようでしたが、それを上回る達成感を味わえたようにも見えました。


日常の仕事でも活用し続けると良いのですが、失敗できない!というプレッシャーの中、躊躇する時もあるでしょう。「研修の場」は、チャレンジしたり安心して失敗したりできる「アンラーニング」に適した場です。みなさんのより良い「アンラーニング」の場として活用して頂けるように、私自身もまた「アンラーニング」し続けていきます。

a0027_000409.jpg
========================
<無料セミナー>

イマドキ若手の早期戦力化、カギになるのは「仕掛け」づくり
~そつなくこなすけど何か足りない?悩める人事・現場にできる工夫とは~
開催日:2015年11月26日(木)

後輩が期待通りに戦力になるために、先輩・上司の指示など関わり方を含め、職場の仕掛けづくりが欠かせません。職場にどのような「仕掛け」をすると、若手が育つのか、事例とともにご紹介します。お役立てください。


<関連コース>

トレイン・ザ・トレーナー
~研修講師養成講座~
魅力ある研修や教材作りのノウハウ
~インストラクショナルデザインを使って効果的・効率的・魅力的な研修を設計する~
人材開発の基礎知識 
~理論を活用し、効果的な研修を企画・運営する~

==============================

グローバルナレッジ ヒューマン・スキル講師
岩淺 こまき (いわあさこまき) プロフィール

グローバル ナレッジ ネットワーク 人材教育コンサルタント。
1997年、システム販売会社に就職し、営業技術支援および導入企業向けの研修を担当。
人材紹介会社にて中途入社社員に対する研修や、メーカーでの販売促進セミナーの企画・実施を経て2007年より現職。 プレゼンテーション、ファシリテーション、リーダーシップ、講師養成講座、などヒューマン・スキル研修の開発・実施に当たっている。


<活動>
◆ITエンタープライズ「プロマネ1年生の教科書」「その一言を言う前に」「岩淺こまきのオン/オフで使えるプレゼン術」連載中。
◆オルタナティブ・ブログ「明日の私を強くするビジネス元気ワード」公開
◆日経ITpro「おさえて安心 ビジネスマナー100」連載中
==============================

[大人の学び][2015年11月17日配信]

 

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER