Global Knowledge Japan

わくわくヒューマンスキル
ホーム > わくわくヒューマンスキル > キャリア ; リーダーシップ ; 人材開発 > 第120回:前に進むために振り返る

わくわくヒューマンスキルコラム
第120回:前に進むために振り返る
執筆:田中 淳子

「自分のキャリアの棚卸しをしたことありますか?」と尋ねると、「この前振り返ったのは、何年か前の節目研修だったかなぁ」「転職しようか迷ったとき、職務経歴書を書いたかな」という人もいますが、たいていの方は、キャリアを振り返る機会がなく、日々仕事に懸命にまい進し、気づけば、5年、10年、15年と経ってしまうようです。


キャリアコンサルタントの資格取得を目指して、スクールに通っていた2年前のこと。
「職務経歴書を書く」というワークで衝撃を受けました。「過去をこれほど思い出せないものなのか」と驚き、「自分がどういう能力を身につけたかを客観的に書けない」とペンが止まったのです。なんとか思い出して、職務経歴と身につけた能力を書いたものの、演習でパートナーとなったある企業の人事の方には、「田中さん、●●ができると書いてありますけど、これ、人事から見ると、別に売りじゃないですよね」などと突っ込まれてしまいました。私が書いたのは、単に「やってきたこと」「できること」であって、企業側から客観的に評価される「強み」として表現できていなかったのです。

KEIREKI.png


転職するしないに関係なく、自分はこれまでどういう道をどう歩み、何ができて、これからどういう道を歩んでいきたくて、そのためにどんな能力を身につけるべきなのかを定期的に考えることは大事だとしみじみ思いました。

「自分がこれまで何をしてきたのか」という経験だけではなく、「その結果、どんな能力を身につけたのか」を明確にするためには、じっくりと落ち着いて考えてみる時間が必要です。一人で考えても限界があるため、ふりかえりには他者の力も借りることも重要です。


上記の例で、私はパートナーとなった人事の方に「それはこういう風に表現すると客観的な表現になるのでは?」とフィードバックをしてもらいながら、最後は、少しはましな職務経歴書を仕上げることができました。

過去を振り返ると、強みもわかりますが、弱みや足りない点も見つかります。


「この部分が弱いから強化しよう」
「こういう経験が少ないので、こんな経験を積んでいこう」


THIKING.png

職業人生はどんどん伸びています。今や70代まで働くような時代がやってきています。働く期間が長くなるほど、一度決めた通りに、あるいは、熟達した一つの領域だけで仕事を続けることは難しくなります。世界が変わるスピードのほうが速いからです。


私たちは、何度も自分のキャリアを見直し、「変えないこと」と「変えるべきこと」を見極め、「新しく身につけるべき能力」を整理し、常に学び、変化しなければならない時代を生きています。学び変化すること。それが、楽しく長く働くための唯一の道のようにも思えます。


=======================

【関連コース情報】

【PDU対象】自分のキャリアを考える ~原点回帰し、「自分軸」を見つけるワークショップ~

自分のキャリアを振り返り、今後の環境変化に備えて、何に取り組むべきかを考える研修です。入社5年目以降くらいの方から50代まで幅広くご受講いただいています。

【PDU対象】マネージャのためのチームビルディング ~マネージャの役割とビジョンに基づく運営~

チームを運営するためには、マネージャ自身のキャリアビジョンが明確になっている必要があります。この研修には、チームのビジョンを考える過程で、マネージャ自身のキャリアを振り返り、今後のキャリアビジョンを明確にする演習があります


=======================

田中 淳子 (たなか じゅんこ) プロフィール
グローバルナレッジネットワーク 人材教育コンサルタント/産業カウンセラー/国家資格キャリアコンサルタント
1986年上智大学文学部教育学科卒。日本ディジタルイクイップメントを経て、現職。コミュニケーション、インストラクショナルデザイン、トレーナー養成などヒューマン・スキル研修の企画、開発、実施に当たっている。2003年からは、企業の「OJT支援」に力を注いできたが、2016年国家資格キャリアコンサルタントを取得したことから「働く大人のキャリア開発支援」にも積極的に取り組んでいる。


【ブログ】  ・アイティメディア オルタナティブブログ「田中淳子の"大人の学び"支援隊"!

【著書】
『ITエンジニアが生き残るための「対人力」の高め方』(日経BP社)※同僚の都川信和との共著です  
『ITマネジャーのための現場で実践! 若手を育てる47のテクニック』(日経BP社)
『本物の自信を手に入れる! セルフファシリテーション』(ダイヤモンド社、共著)
『速効!SEのためのコミュニケーション実践塾』(日経BP社)
『はじめての後輩指導~知っておきたい30のルール~』(日本経団連出版)
など

【現在連載中】  
社会保険出版社 『四季のけんこう』にて「コミュニケーションの小箱」連載中  
産労総合研究所 『企業と人材』にて『OJT指導員制度の構築と運用』連載中

[キャリアリーダーシップ人材開発][2017年2月20日配信]

 

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはグローバルナレッジネットワーク株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Global Knowledge Network Japan, Ltd. 2008-2016, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER