Trainocate Japan, Ltd.

つながるネットワーク
ホーム > つながるネットワーク > CCNP R&S 一問一答

CCNP R&S 一問一答 #22 (最終回) IPv6移行技術について

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの神田直也です。 

CCNP R&S 一問一答「ルーティング編」は今回で最終回となります。
短い期間でしたが、お付き合いいただき、ありがとうございました。 
少しでもネットワークに興味を持っていただけましたら幸いです。 

初回の記事を執筆していた頃を思い出すと、私の息子はまだ7ヶ月でした。
歩くこともできなかった小さな赤ん坊が、今ではじっとしていることができません。
さらに、いくつかの言葉を使えるようになりました。 
お出かけの準備を始めると、息子は「くっく(靴)」と言って片足を私に差し出します。 
公園でお気に入りの乗り物に跨り、「ぶぶ(車)」と言いながらハンドルを回します。 
遊び疲れて家に帰ると、お風呂上がりの一杯は「にゅにゅ(牛乳)」です。 

恥ずかしながら、私も休日は息子に合わせて、「子供の言葉」を使ってしまいます。
一方、「子供の言葉」ではインストラクターとして説得力がなくなってしまうので、仕事では「大人の言葉」を使い分けています。
コミュニケーションを取るために、相手によって言葉を使い分ける必要があるということです。

さて、ネットワークにおいて、「言葉(言語)」に相当するのが「プロトコル」です。
複数のプロトコルが混在するネットワークでは特に注意が必要です。 
今回は、「IPv4」と「IPv6」が混在する環境で必要なIPv6移行技術についての問題です。


【問題】 
単一の機器にIPv4とIPv6を共存させるIPv6移行技術として適切なものを次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

(1) 6to4トンネリング 
(2)デュアルスタック 
(3) GRE 
(4) NAT64 





 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2016年3月28日配信]

CCNP R&S 一問一答 #21 AAA認証

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの洞口 真紀子です。 

卒業シーズンですね。 
先日、通っていた地元の小学校が他の学校と統合することが決まり、3月下旬に閉校式があると風の便りで聞きました。
私が通っていたころは木造校舎で、そのあと新しく建て直されたりしましたが「○○小学校」として存続していたので、時代の流れとはいえ寂しいニュースでした。 
現在、地元から遠く離れた場所に住んでいますが、ありがたいことにお盆や正月の時期には同級生から連絡をいただき集まる機会を作ってもらっています。
(実際は、同窓会に参加できないことが多いのですが)
時代の流れとともになくなるものもありますが、人とのつながりはこれからも続いていくでしょうから、それを大切にしていきたいものです。 

さて、CCNP R&S 一問一答「スイッチング編」は今回で最終回となります。
また別な形で、今後もネットワーク技術に関する情報発信をしていければと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。 


それでは、今回の問題を見ていきましょう。 


【問題】 
以下の内容でAAA認証設定を行いたいと考えています。
適切なコマンドを、次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

● ログイン認証に使用する認証方式リストを作成する 
● 認証方式名は「login」 
● 最初の認証方式として「RADIUS」を使用し、バックアップとして「ローカルユーザーデータベース」を使用する 

1) (config)#aaa authentication login default group radius local 
2) (config)#aaa authentication login login group radius local 
3) (config)#aaa authentication login default local group radius 
4) (config)#aaa authentication login group radius local 



 

 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2016年3月14日配信]

CCNP R&S 一問一答 #20 BGPの「attribute」

みなさん、こんにちは。 

グローバルナレッジの神田直也です。 

少しずつ春の足音が聞こえ始めました。 
花粉症の方にとってはつらい季節かもしれませんが、私にとって梅や桜が咲き始めるこの時期は、散歩をするのが楽しみな季節でもあります。 

休日に家族で散歩していると、息子はよく女の子に間違えられます。 
息子の頭はクルクルの天然パーマで、それが可愛いと妻は髪を切らせてくれないので、すっかり伸びてしまっているからです。
今では、中世ヨーロッパ・ベルサイユを舞台にしたあの漫画の主人公のような髪型になっています。
もはや息子のトレードマークのようでもあり、髪を切るタイミングが分からなくなってしまいました。 

さて、このようにその人を表す象徴的なものを英語で「attribute」といいます。「attribute」には、他に「属性・特性」といった意味があります。

今回はBGPの「attribute」に関する問題から出題です。


【問題】
ルーティングループを防ぐために使用されるBGPアトリビュートを、次の選択肢の中から1つ選びなさい。

(1) ASパス
(2) Weight
(3) Local Preference
(4) MED



 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2016年2月22日配信]

CCNP R&S 一問一答 #19 ポートのerror-disabled状態

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの洞口 真紀子です。 

2016年は2月4日が立春になるそうです。
ちょうどこの原稿を作成している日が2月4日なのですが、ふとオフィスの外を見ると春らしい日差しが出ていて、春の訪れを感じます。 

先日友人の結婚式に出席したのですが、せっかくなので着物を誂えました。
昨年のうちに購入していたのですが、年明けの一月末の式ということで春らしい着物を選んでいただきました。

成人式の着物の写真は一目見て封印するぐらい恥ずかしいものでしたが、今回は楽しんで着ることができました。
 (年のせいか?20歳の時よりはしっくりきたような気がします・・・) 
今年の目標は、着付けができるようになってお出かけすること、です。 

それでは、今回の問題を見ていきましょう。 
今回はポートのerror-disabled状態についての問題です。

【問題】 
インターフェイスがerror-disabled状態となる原因として考えられるものを、次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

1)  ルーティングループ 
2)  セキュリティ違反 
3)  ケーブルの未接続 
4)  STPループガード 





 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2016年2月 8日配信]

CCNP R&S 一問一答 #18 PBR(ポリシー・ベース・ルーティング)

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの神田直也です。 
新年1回目の「CCNP R&S 一問一答」です。今年もよろしくお願いします。 

みなさんは、お正月休みをどのように過ごされたでしょうか。 
我が家は一家全員が体調を崩し、新年のスタートと同時に躓きました。
特に妻は風邪をこじらせてしまい、息子と実家に帰って療養することになってしまいました。
(もうだいぶ体調は良くなったようでひと安心です。) 

突然訪れた久しぶりの一人暮らしに、今困っていることがあります。 
「夕食をどうするか?」です。 

普段は何を食べたいかでメニューを決めます。
 しかし、今は食材の消費期限によって、メニューが制限されるのです。 
我が家には毎週水曜日に玉子(1パック)、納豆(5パック)、牛乳(1本)、豆腐(1丁)が届くので、玉子や納豆は毎日消費しなければ、1週間では食べ切れません。
飽きずに毎日食べるためには、工夫が必要です。
普段は全く料理をしない私は、慣れない作業にあれこれ頭を悩ませるとともに、妻のありがたさを痛感しています。 


さて、ルーティングの世界では、普段は宛先アドレスによってルートを決定します。
しかし、PBR(ポリシー・ベース・ルーティング)を使用すると、その他の情報に基づいてルートを決定することができます。 

今回はPBRに関する問題から出題です。

【問題】 
あるルータのFa0/0にPBRを設定しました。
このとき、PBRの仕組みについて適切な説明を次の選択肢の中から2つ選びなさい。 

(1) パケットがルートマップのpermitに一致するとPBRの指示を無視する 
(2) パケットがルートマップのdenyに一致するとPBRの指示を無視する 
(3) Fa0/0で発信するパケットは、ルートマップに基づいて処理される 
(4) Fa0/0で受信するパケットは、ルートマップに基づいて処理される



 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2016年1月18日配信]

CCNP R&S 一問一答 #17 HSRP vol.2

みなさん、こんにちは。 

グローバルナレッジの洞口 真紀子です。 

早いもので、年内の「CCNP R&S一問一答 スイッチング編」は今回が最後となります。
 (最終回ではありません!来年もまだ続きますよ!!

今年は、仕事・プライベートともにあちこち行く機会があり、あまり家でゆっくりしていなかったなぁという一年でした。
福岡出張では、仕事終わりに食べた細麺・とんこつラーメンの美味しさが忘れられません。。。
来年もおそらく移動の多い年になると思うので、身体を大事にまた一年乗り切っていければと思っています。
また、今年は甲子園観戦ができなかったので、来年は金本阪神を応援しに足を運びたいと思います! 

今年一年、このブログを見ていただいたり、グローバルナレッジの講習会にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。 

2016年も皆様の資格取得や業務に役立つ研修や情報提供を行ってまいりますので、今後とも「CCNP R&S 一問一答」およびグローバルナレッジをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。
少々早いですが、良いお年をお迎えください。 

では、今回の問題を見ていきましょう。 

前回はデフォルトゲートウェイの冗長化プロトコルであるHSRPからの出題でしたが、今回はその第2弾です。 


【問題】 
図のHSRPネットワークについて、HSRPが設定されているRouter1とRouter2の動作について検証することになりました。
デバイスに障害が発生した場合に2台のデバイスがどのように動作するのか確認したいです。 Router1のFastEthernet0/1インターフェイスがダウンし、その後回復した場合、HSRPプライオリティはどのように変化しますか。
正しい説明を次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

300-115J-145.png

1) HSRPグループ10のデフォルトのプライオリティ値100になる 
2) HSRPグループ10の設定プライオリティ値から40減少する 
3) HSRPグループ10の設定プライオリティ値から60減少する 
4) HSRPグループ10の現在のプライオリティ値から60増加する 
5) HSRPグループ10の現在のプライオリティ値から40増加する



 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年12月17日配信]

CCNP R&S 一問一答 #16 OSPFスタブエリア

みなさん、こんにちは。
グローバルナレッジの神田直也です。


今年も残すところ1ヶ月を切りました。
時の流れの速さに驚くとともに、息子の成長の速さにも驚かされます。
つい先日までは、ヨタヨタとよろけながら歩いていたのに、今では走り出しそうなほどの速さで歩き回るようになりました。そして、興味の赴くままに、部屋のあちこちで遊び道具を探しています。


最近の息子のお気に入りは、氷です。冷蔵庫の引き出しを開け、製氷機から一つ氷を取り出すと、それを口に運び、「ペッ!」と製氷機に戻す。これを繰り返します。しばらくすると、冷蔵庫の警告音が「ピーッ、ピーッ」と鳴るので、引き出しを閉めて完了です。

(律儀に引き出しを閉めてくれるので、「ペッ!」については目をつむっています。)


部屋の中には危険なものもあるので、柵を立てて息子が立ち入れないエリアを作り、行動範囲を制限することが目下の課題です。


さて、ルーティングの世界では、ルーティングプロセスの安定化・効率化を目的として、ルート情報が通知される範囲を制限することがあります。



今回はOSPFスタブエリアに関する問題から出題です。



【問題】
OSPFスタブエリアについての適切な説明を、次の選択肢の中から2つ選びなさい。


(1) エリア内のルータは、ABRが送信するデフォルトルートのみを受け取る
(2) エリア1をスタブエリアにする場合、ABRのみにarea 1 stubコマンドを設定する
(3) エリア内ルータは、タイプ3、4、5のLSAを受け取らない
(4) エリア内ルータは、タイプ4、5のLSAを受け取らない
(5) エリア1をスタブエリアにする場合、エリア1の全ルータにarea 1 stubコマンドを設定する





 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年12月 7日配信]

CCNP R&S 一問一答 #15 HSRP

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの洞口 真紀子です。

 

今年もあと1か月ちょっとですね。仕事やプライベートでやり残したことはないですか?

私はTOEIC1回でも受けようと思っていましたが、結局未受験のままで今年は終わりそうで、来年に持ち越しです。


さて、グローバルナレッジでは、Cisco認定トレーニングのほかに当社開発のオリジナルネットワーク技術コースも多数ご用意しております。

オリジナルコースは、定期コースでの開催はもちろん、標準内容をカスタマイズしたり、他のコースの内容と組み合わせたりして一社向けコースとして実施することも可能です。

 

  グローバルナレッジのネットワーク技術トレーニング

 

分野や難易度レベルに関してのCisco認定トレーニングとの比較は、こちらのロードマップでご確認いただけます。

 

ぜひ、2016年の研修計画にお役立てください!

 


では、今回の問題を見ていきましょう。

デフォルトゲートウェイの冗長化プロトコルであるHSRPからの出題です。


【問題】

DSW1VLAN101102105のプライマリデバイスです。DSW2VLAN103104のプライマリデバイスです。もしDSW1Gi1/0/1をシャットダウンした場合、DSW1VLAN105グループのプライオリティを、次の選択肢の中から1つ選びなさい。


300-115J-140.png


  1)     150

  2)     100

  3)     95

  4)     200

 




 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年11月24日配信]

CCNP R&S一問一答 #14 EIGRPのスタブ機能

みなさん、こんにちは。 

グローバルナレッジの神田直也です。 

よく「川の字で寝る」と言います。家族3人で並んで寝ている姿を表す言葉です。 
我が家でも、息子を真ん中にして寝ているのですが、きれいな「川」の字にはなりません。
息子は寝相が悪く、寝ている間もベッドの上を動き回るからです。
調子が良いと、息子の足が私の目の前にあることもあり、「N」や「H」に近くなります。 

先日、そんな息子の寝相が災いして、事件が起こりました。
息子を寝かしつけた後、リビングで妻とのんびりしていると、寝室から「ゴトッ」と鈍い音が聞こえたのです。
寝室に行くとベッドと壁のわずかな隙間に息子が落下していました。
幸いに目立った怪我はなく、元気に泣いていたので一安心するも、そこからもう一度寝かしつけるために奮闘が始まります。 
息子が安心して眠れ、かつ寝かしつけの負担を軽くするために、寝返りを抑制する対策が求められています。 

さて、ルーティングの世界では、より効率的にルーティングを行うため、意図的にルータの動作を制限することがあります。
今回はEIGRPのスタブ機能に関する問題から出題です。 


 【問題】 
EIGRPにおいてスタブ機能を使用する目的を、次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

(1)クエリの到達範囲を制限することによって、ネットワークの安定性が向上する
(2)スタブルータがハブルータからクエリを受信できるため、コンバージェンスが速くなる 
(3)スタブルータはデフォルトルートのみ通知するため、ルーティングテーブルのサイズが小さくなる
(4)スタブルータが受信するルート情報を制限することによって、ルーティングテーブルのサイズが小さくなる




 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年11月 9日配信]

CCNP R&S 一問一答 #13 SPAN(Switched Port Analyzer)

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの洞口 真紀子です。 

グローバルナレッジネットワークは今年で設立20周年を迎え、現在記念キャンペーンを実施しています。 

★20周年記念キャンペーン with Cool Gadget 実施中★
対象(50コース)のご受講で、選べるデジタルガジェットプレゼント!

▼詳しくはこちら▼
20周年記念キャンペーン with Cool Gadget 

CCNP BOOT CAMPコースも対象ですので、この機会にぜひご利用ください! 

▼プレゼント一覧等、キャンペーン詳細はこちら▼ http://www.globalknowledge.co.jp/topics/campaign/20thGadget.html 


さて、今回はスイッチのSPAN設定の内容からの出題です。
 
SPAN(Switched Port Analyzer)は、スイッチの特定のポートで送受信したパケットのコピーを監視用のポートに送信することで、ネットワークトラフィックを監視する機能です。 

では問題を見ていきましょう。 


【問題】 
Gi0/1ポートで送受信したVLAN10のトラフィックのみをGi0/24ポートへミラーリングするように制限するための設定を、次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

300-115J-101.png
1) Gi0/24をVLAN10のメンバーになるように設定を変更する 
2) VLAN10からのトラフィックのみとなるようにグローバルにmonitor session filterコマンドを設定する 
3) VLAN10以外のトラフィックをフィルタするようにGi0/24にアクセスリストを設定する 
4) monitor session sourceを物理インターフェイスの代わりにVLAN10に変更する 





 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年10月26日配信]

CCNP R&S 一問一答 #12 IPsecとGRE

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの神田直也です。 

先日、息子が1歳の誕生日を迎えました。 
1歳にもなると、ハイハイに加えて伝い歩き、時には二足歩行を駆使して、部屋の中を縦横無尽に動き回ります。好奇心の赴くままに、部屋中の物を取っては、舐め、投げ捨てるを繰り返しています。

部屋の中での移動手段には事欠きませんが、外出するときは別です。
アスファルトの道路をハイハイさせるわけにはいかないので、ベビーカーに乗せて移動します。
また、機嫌が悪くなると、大人しくベビーカーに座っていてくれないため、抱っこに切り替えます。
息子の機嫌がだんだんと悪くなってきたことを察すると、私と妻は互いにけん制し合い、どちらが抱っこしようと言い始めるかの我慢比べが始まります。 
このように、部屋の中では自由に移動できる息子も、外に出るときはベビーカーに乗ることで、ハイハイに不向きな道路を移動できるようになります。

ネットワークの世界でも、 ネットワークの種類によって、転送できるパケットの種類が異なります。
その差を埋める技術が「カプセル化」です。 

今回は「カプセル化」に関する問題から出題です。 


【問題】 
支社および本社の拠点間接続を行うためにIPsecを利用しています。
この時、GREトンネルを使用する主な利点を次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

(1) 拠点間でダイナミックルーティングを利用できる 
(2) 暗号化により通信内容を秘匿できる 
(3) 拠点を追加した場合にも動的に拠点間接続が構成される 
(4) オーバーヘッドが減少し、通信効率が向上する




 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年10月13日配信]

CCNP R&S 一問一答 #11 VLAN間ルーティング

みなさん、こんにちは。 

グローバルナレッジの洞口 真紀子です。 

勉強の秋」ですね。 
仕事関係ばかりでは疲れてしまうので、ときどき自分の知的好奇心を満たす他の分野の勉強がしたくなります。 

私は一時期、仕事に関係ない趣味の資格試験の勉強をしていました。
 「世界遺産検定」とか。 ちなみに2級はとりました。 

2級を取ると、(その時点での)日本の世界遺産をすべて列挙できるようになります(笑)。
ユネスコのサイトを見ると2015年現在では1031件の世界遺産が登録されているそうで(日本は19件!)覚えるのは大変ですが、いつか1級までは取れたらと思います。

 ITエンジニアにとっても幅広い分野のスキルアップがこれから重要となります。 
グローバルナレッジでは、ネットワークだけでなく、サーバー、OS、ストレージ、仮想化などの知識を有し、システム全体を俯瞰できるインフラエンジニア向けのコースを提供しております。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。

さて、ネットワーク環境でも「マルチレイヤ」なスイッチが活躍しています。
マルチレイヤスイッチ」とは、OSI参照モデルの複数のレイヤで動作するスイッチのことであり、具体的には「レイヤ3スイッチ」です。

フレーム転送やVLANなどの「レイヤ2スイッチ」の機能と、ルーティング機能を合わせ持つ「多機能」なスイッチです。 

ではさっそく今回の問題を見ていきましょう。 


【問題】 
図のマルチレイヤスイッチには、VLAN10とVLAN20ならびにVLAN10のSVIが設定されています。 ホストA、B、Cを接続するポートもそれぞれのVLANに割り当て済みです。
このマルチレイヤスイッチで、VLAN10とVLAN20のVLAN間ルーティングを行うためにルーティングの有効化とSVIの設定をします。
設定に必要なコマンドを、次の選択肢の中から3つ選びなさい。 

300-115J-085.png

1) Switch(config-if)#ip address 10.2.2.1 255.255.255.0 
2) Switch(config)#interface vlan 20 
3) Switch(config)#ip routing 
4) Switch(config-if)#no switchport 
5) Switch(config)#ip route 10.1.1.1 255.255.255.0 svi 10 
6) Switch(config)#no switchport 
7) Switch(config-vlan)#ip routing









 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年9月25日配信]

CCNP R&S 一問一答 #10 NDP

みなさん、こんにちは。 

グローバルナレッジの神田直也です。 

先日、家族と近所を散歩していると、彼岸花が咲いているのを見つけました。 
一時の厳しい暑さもなくなり、秋を感じられるようになりました。 
寝苦しさからも解放され、ぐっすり眠れるようになった方も多いのではないでしょうか。 

しかし、我が家には眠りを阻害する要因がもう一つありました。 
息子の「夜遊び」です。 
息子(11ヶ月)は夜中にむくっと起き上がると、遊び相手を探し始めます。 
そして、隣で寝ている私の目をグリッと開き、起こします。 
「目に入れても痛くない」とは言いますが、、、。 
そんな我が子と、お決まりのやり取りがあります。 

私 : 「抱っこっこ!!」 
息子 : 両腕を広げて身体を預ける 

 妻 : 「ミルクのお子様?」 
息子 : 妻のもとへ一直線 。。。

言葉を理解しているのかは分かりませんが、ようやく単純なコミュニケーションは取れるようになりました。 

さて、今回はNDPに関する問題から出題です。
NDPには、IPv6ネットワークにおけるお決まりのやり取りが定義され、通信するために必要な情報の交換に使用されます。 


【問題】 
IPv6ホストから送信されたRouter Solicitationメッセージについて、適切な説明を次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

(1) 同一セグメント内のIPv6ホストに対して、MACアドレスを通知するためのメッセージである 
(2) このメッセージに対して、同一セグメント内のIPv6ホストがNeighbor Advertisementを応答する 
(3) 同一セグメント内に同じIPv6アドレスを使用しているホストが存在するかどうかを確認するためのメッセージである 
(4) このメッセージに対して、同一セグメント内のルータがRouter Advertisementを応答する




 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年9月14日配信]

CCNP R&S 一問一答 #9 PortFast

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの洞口 真紀子です。 

秋の日は釣瓶落とし」 
少しずつではありますが日が落ちる時間が早くなり、秋の気配が感じられるようになりました。

皆さんは夏の楽しい思い出を作ることはできましたか? 
私は仕事で博多に行って、初屋台を体験しました。
隣り合わせた観光客の外国人の方と話したりして、楽しい夜を過ごすことができました。
〆のとんこつラーメンもとても美味しかったです。 

ところで、よく「夏と冬、どちらが好きか?」で議論(?)することがあります。
迷うところではありますが、どちらかといえば私は「夏」でしょうか。 
理由は「洗濯物が早く乾くから」。 
ためてしまった洗濯物を夜洗っても、翌日の朝にはすぐ乾いてくれるのはとても助かります。 

さて、ネットワーク技術にも「すぐ使う」ための機能があります。 

前回STP(Spanning Tree Protocol)をご紹介しましたが、今回はその関連技術からの出題です。
さっそく問題を見ていきましょう。 

【問題】 
PCをスイッチに接続したとき、ネットワークインターフェイスカードが動作するのに30秒ほど時間がかかっています。この遅延を改善するためのレイヤ2拡張機能として正しいものを、次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

1) ポートデュプレックスとスピードをオートネゴシエーションで設定する 
2) spanning-tree portfastを設定する 
3) ポートを全二重および1000Mbpsに設定する 
4) no switchportを設定する 




 

 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年9月 1日配信]

CCNP R&S一問一答 #8 BGPのネイバー関係

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの神田直也です。 

我が子の成長を写真に収めようと、一眼レフカメラを購入しました。
本格的な一眼レフではなく、コンパクトでお手頃価格のミラーレス一眼ですが、カメラ初心者の私には十分な性能で大変満足しています。
撮った写真はクラウドのストレージサービスを使って両親に共有しているので、楽しみに待っている両親のために、シャッターチャンスを逃すまいと必死です。

はじめてヨーグルトを食べたときの酸っぱい顔。 
オモチャで遊びながら眠気を必死にこらえる顔。 
不意に見せる謎の眩しい顔。 

一瞬見せる表情に慌ててカメラを向けますが、その瞬間に息子の興味はカメラに向かってしまいます。あれこれあやしてみても、次のチャンスはそう簡単には訪れません。「ハイ、チーズ!」で息を合わせられるのは、まだまだ先のようです。 


さて、ルーティングに話を戻しましょう。

ルーティングプロトコルにはルート情報を確実に交換するための仕組みが備わっています。
ネットワークによっては膨大な情報が扱われるので、ルータ同士が息を合わせて、互いに準備が整っていること確認してから、ルート情報をアドバタイズするように手順が決められています。 
そこで、今回はBGPにおけるネイバー関係に関する問題から出題です。 


【問題】 
BGPネイバー関係が切断される要因を次の選択肢の中から2つ選びなさい。 

(1) neighborコマンドで誤ったAS番号を参照している 
(2) networkコマンドで誤ったネットワークアドレスを設定している 
(3) 2台のBGPネイバー間で、UDPトラフィックをブロックするアクセスリストがある 
(4) 2台のBGPネイバー間で、TCPトラフィックをブロックするアクセスリストがある



 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年8月18日配信]

CCNP R&S 一問一答 #7 Spanning Tree Protocol(STP)

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの洞口 真紀子です。 

8月に入りました。
蒸し暑い日が続きますが、熱中症対策をして乗り切りましょう。 

私は休暇がとれると、自分で計画を立ててヨーロッパを旅行します。
早いときには半年以上前から計画を立てはじめ、ホテル、航空券や鉄道、日本にいるときは普段行かないような美術館や劇場などをインターネット予約します。 
ツアーより割高になるかもしれませんが、旅行に行くまでの計画を立てることが楽しいので、基本的には個人旅行にしています。 
英語に自信がないので、現地でのトラブルに備えてできる限り日本で手配しておきます。
便利な世の中になりました。
本来の個人旅行の醍醐味は、そのトラブルも楽しむことなんでしょうけども、
・・・・・心配性なんです。

さて、ネットワークにも備えが必要です。 

今回は、「スイッチング編・Spanning Tree Protocol(STP)」からの出題です。 

前回EtherChannelをご紹介しましたが、同じレイヤ2の冗長化技術です。 
障害対策のために冗長化されたスイッチネットワークにおいて、特定ポートをブロックすることによりブロードキャストストームなどのループを防止します。
実環境では、ネットワーク構成時にブロックするポートを明示的に決めるため、STPではどのようにブロッキングポートが決まるのか、その仕組みを理解しておくことが重要です。 

STPでは、ルートブリッジを基準にフォワーディングポートとなる「ルートポート」「指定ポート」を決定し、そのいずれにもならないポートを「ブロッキングポート」にします。 

では、問題を見ていきましょう。 


【問題】 
ルートポートを決定するために調整する項目を、次の選択肢の中から2つ選びなさい。 

(1) ポートプライオリティ 
(2) ルートガード 
(3) 転送タイマー 
(4) リンクタイプ 
(5) コスト




 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年8月 3日配信]

CCNP R&S 一問一答 #6 虹と再配送

みなさん、こんにちは。 

グローバルナレッジの神田直也です。 

私は海の日の3連休を利用して、息子の顔を見せに実家に帰ってきました。
よたよたと伝い歩きをする息子にハラハラしつつも、父と母は孫の成長に目を細めていました。

その日の帰り道、よい親孝行ができたと気持ちよく車を走らせていると、前方に大きな虹が見えました。それもよく見ると、二重の虹だったのです。
さらに幸せな気分になりました。 

そこで、今回は虹の見つけ方について学習しましょう。 
ポイントは以下の3点です。 

①雨上がり 
②太陽が低い位置にあるとき 
③太陽に背を向ける 

私が虹を見た日は、朝から降っていた雨が止み()、西の空が晴れて夕日()が出てきました。
実家から東京に向かって、夕日を背に車を走らせているときに()前方に虹が見えました。

虹を見つけたら、さらにその輪の外側を見てください。条件が良ければ「2本目の虹」が見つかります。外側に出る「2本目の虹」は明るさが弱く、うっすらとしか見えませんので、よく目を凝らしてみてください。 

これからの季節は夕立が多くなり、虹を見るチャンスが増えてきます。以上の3点に注意して虹を見つけてみてください。
虹は複雑な物理現象により起こる現象ですが、「見る」ことを目的とすれば覚えておくべきポイントは上記3点のみで十分です。

「ルーティング」の複雑な仕組みに敬遠される方もいらっしゃいますが、ポイントを押さえて効率よく学習しましょう。

余談が長くなりましたが、ここから本題に戻って「ルーティング編」から再配送に関する問題です。


【 問題 】 
シードメトリックについて適切な説明を、次の選択肢の中から2つ選びなさい。 

(1) default-metricコマンド、または、redistributeコマンドのmetricオプションで設定できる 
(2) 受信側ルーティングプロトコルがEIGRPの場合、シードメトリックを設定しなくても再配送できる
(3) 再配送時に設定されるメトリックである 
(4) seed-metricコマンド、または、redistributeコマンドのmetricオプションで設定する



 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年7月21日配信]

CCNP R&S 一問一答 #5 EtherChannel

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの洞口 真紀子です。 

7月に入りました。早いもので、2015年も折り返しですね。 
私が応援する阪神は今のところ、かろうじて首位です!
それは、さておき・・・ 

先日、あるお客様の新入社員研修を担当しました。
配属前にネットワーク技術の基礎を学ぶことが目的で、短い期間ではありましたが、元気いっぱいの新入社員の皆さんと交流することができました。 

学習内容の振り返りとして、前日の学習項目について説明資料を作成するグループワークを数回行いました。個人で復習した内容を持ち寄り、グループ内で話し合いながら15分程度で成果物をまとめてもらいます。
そして各グループの成果物を壁に張り出し、他のグループのものと比較できるようにします。 
振り返りをグループワークで行ったこの取組みは、 

・グループ内で教え合ったり、お互いの理解度を確認し合うことができた 
・他のグループの成果物が、資料作成において参考になった
・個人で理解できなかった部分が、グループ内や他グループの成果物を見て理解できた 

といった成果があり、受講者の理解度向上につなげることができました。 

ネットワーク機器にも、グループ化することでパフォーマンスの向上を図る機能があります。
例えば、スイッチの複数の物理リンクをグループ化し、1本の論理リンクを構成することで冗長化および負荷分散が可能となります。 
今回は、「スイッチング編・EtherChannel」からの出題です。 


【問題】 
両方のスイッチ上の全てのポートをEtherChannelとして正しく構成するための設定を、次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

300-115J-047_100.png(1) SW1 
  channel-group 1 mode desirable 
  SW2 
  channel-group 1 mode auto 
(2) SW1 
  channel-group 1 mode active 
  SW2 
  channel-group 1 mode auto 
(3) SW1 
     channel-group 1 mode desirable 
     SW2 
     channel-group 1 mode passive 
(4) SW1 
     channel-group 1 mode on 
     SW2 
     channel-group 1 mode auto




 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年7月 6日配信]

CCNP R&S 一問一答 #4 OSPFのメトリック

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの神田直也です。 

前回の一問一答ROUTE編でも紹介しましたが、小さな息子がいます。
子供が生まれてから我が家では、車での移動が多くなりました。
電車を使うこともありますが、子供が泣き出さないか、ベビーカーが他の乗客の邪魔にならないか、何かと気を遣います。 

ただ、車移動にも問題はあります。 

妻が言いました。 
「安全な広い道を通りたい。1つ目の信号を曲がろう。」 
義父が言いました。 
「その道はいつも渋滞するから、信号の先の角を曲がった方が早い。」 
妻が言います。 
「いや、そっちは・・・」
義父が言います。
 「いや、・・・」 

どちらに賛成しても、立場が危ぶまれる私は、黙って運転に集中します。

よい道の基準は人それぞれですので、このような議論が起こるわけです。 
(この時は結論が出ないまま、1つ目の信号を通り過ぎました。) 


ルーティングプロトコルでは、メトリックに基づいてベストパスを選択します。 
そこで、今回はOSPFのメトリックに関する問題から出題です。 


【問題】 
ファストイーサネットのインターフェイスに対してOSPFのコストを10に設定するコマンドを、次の選択肢の中から2つ選びなさい。 

(1) bandwidth 100000 
(2) ip ospf cost 10 
(3) auto-cost reference-bandwidth 1000 
(4) ospf-cost 10 
(5) ip ospf bandwidth 100000 
(6) ip ospf-default-cost 10 





 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年6月22日配信]

CCNP R&S一問一答 #3 VTP(VLAN Trunking Protocol)

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの洞口 真紀子です。 

プロ野球シーズン真っ只中ですね。
皆さんが応援しているチームの成績はいかがですか? 
ちなみに私は阪神ファン。なかなかすっきり勝てない試合が続いてストレスがたまっていましたが、この原稿を書いている時期は交流戦の最中で阪神はようやく貯金生活に!
交流戦が終わるころまで継続してくれるとうれしいのですが・・・。 

ところで、プロスポーツというものをわかっていない子供のころ、プロ野球観戦をしている親を見て
「たかがスポーツに、大人はなぜこんなに熱心になるんだろう」
と不思議に思ったものでした。
大人になると、プロ野球の世界を実際の会社の環境や社会人に置き換えて見ることができるようになり、単に試合の勝ち負けだけではない奥深さ(?)に面白さを感じるようになりました。
内野を守っていた選手が、外野のポジションにコンバートした結果内野の時より才能が開花した、という例があります。
仕事でも今までの専門分野にこだわらず、別の分野にチャレンジすると、意外と自分に適性があることがわかったりしますよね。 

では、そろそろ本題に入りましょう。

今回は「スイッチング編」です。
レイヤ2スイッチは、VTP(VLAN Trunking Protocol)アドバタイズメントをやりとりすることで複数のスイッチで一貫したVLAN情報を共有できます。 
今回は、VTPからの出題です。 


【問題】 
新しいスイッチがVTPクライアントとしてネットワークに追加されました。
新しいスイッチには、追加先のネットワークと同じVTPドメイン名、パスワード、バージョンが設定されています。しかし、VLAN情報がVTPサーバからVTPクライアントに伝播されていません。
この問題を解決するためにすべきことを、次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

(1)新しいスイッチをVTPサーバとして準備し、既存ネットワークの情報と重複させる 
(2)VTPクライアントとして設定されているスイッチで異なるネイティブVLANを設定する 
(3)すべてのスイッチのVTPドメイン名「null」を削除し、新しいドメイン名に置き換える 
(4)すべてのスイッチの接続が、VTP情報を転送できるようにトランクとして設定されていることを確認する 





 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年6月 8日配信]

CCNP R&S一問一答 #2  EIGRP(フィージブルサクセサ)

みなさん、こんにちは。 

グローバルナレッジの神田 直也です。 
新コラム「CCNP R&S一問一答」の第2回目は「ルーティング編」からの出題です。 

本題の前に私事で恐縮ですが、少しだけ。 
私には7か月の息子がいます。
息子のお気に入りは、ボタンを押すと、童謡のメロディと共に、赤や緑などのカラフルな光が点滅するおもちゃです。
(お気に入りのポイントは、音や光ではなく、持ちやすさと、口に入れた時のフィット感のようです。) 

最近、そのおもちゃが不調で、どんぐりがいつまでたってもドジョウに出会えません。
「どんぐりころころ♪」の部分だけをいつまでも繰り返してしまうのです。
大人としては気になって仕方がないのですが、息子は特に気にしていない様子で、心の広さに感心しています。 

さて、ルーティングの話題に戻ります。
不適切な設定により、パケットが特定のルータ間で行ったり来たりを繰り返してしまう状態をルーティングループといいます。
EIGRPでは、ループフリーな環境を実現するための仕組みが備わっています。 


【問題】 
以下のshow ip eigrp topology all-linksコマンドの出力結果から、フィージブルサクセサを持つルートを次の選択肢の中からすべて選びなさい。 

Router#show ip eigrp topology all-links 

P 10.1.47.0/24, 1 successors, FD is 20512000, serno 10 
       via Connected, Serial0/2 
       via 10.1.45.5 (22869248/21024000), Serial0/1 
P 10.1.45.0/24, 1 successors, FD is 21845248, serno 26 
       via Connected, Serial0/0 
P 10.1.34.0/24, 1 successors, FD is 20512000, serno 8 
       via Connected, Serial0/0 
       via 10.1.45.5 (23381248/21536000), Serial0/1 
P 10.1.37.0/24, 2 successors, FD is 21024000, serno 31 
       via 10.1.47.7 (21024000/20512000), Serial0/2 
       via 10.1.34.3 (21024000/20512000), Serial0/0 
P 10.1.57.0/24, 1 successors, FD is 21024000, serno 29 
       via 10.1.47.7 (21024000/20512000), Serial0/2 
       via 10.1.45.5 (22357248/20512000), Serial0/1 

(1) 10.1.47.0/24 
(2) 10.1.45.0/24 
(3) 10.1.34.0/24 
(4) 10.1.37.0/24 
(5) 10.1.57.0/24 




 

 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年5月26日配信]

CCNP R&S一問一答 #1 MACアドレスのエージングタイム

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの洞口 真紀子です。 

今月から「つながるネットワーク」では、新コラム「CCNP R&S一問一答」がスタートします!
グローバルナレッジの人気コースである「CCNP BOOT CAMP」の「ルーティング編」と「スイッチング編」の関連問題を毎回1問ずつ出題・解説をしていきます。 

現在のシスコ技術者認定プログラムは、「ルーティング&スイッチング」「セキュリティ」「ワイヤレス」「データセンター」など10の認定分野で構成されていて、その中でもネットワークエンジニアにとって基本かつ必須となるのが「ルーティング&スイッチング」分野です。 
私は「スイッチング編」を担当いたしますので、どうぞよろしくお願いします。 

▼CCNP Routing and Switching試験情報についてはこちら http://www.globalknowledge.co.jp/reference/cisco/ciscotopics/

▼[Cisco FAQ]トレーニングや資格体系について知りたい方はこちら http://www.globalknowledge.co.jp/reference/cisco/ciscotopics/cisco_faq.html 


新入社員研修の季節ですね。
私が新入社員のころ、研修で学んだIT技術分野で一番興味を持ったのがネットワークでした。
文系出身の私にとってIT技術研修は本当につらいもので、まさに「わからないところがわからない」状態。
そんな私でも、当時の先輩講師によるIPアドレスとサブネットマスクの説明がわかりやすくて、すとーんと理解できたことを今でも覚えています。 

「ネットワークって面白そう!」 

それから、担当分野でネットワーク系を選択し、CCSI(シスコ認定インストラクタ)となり、現在に至ります。 
毎年、新入社員向けのネットワーク基礎研修を担当する機会があります。
受講者の皆さんにネットワークに興味を持ってもらい、その分野をより深く学びたい!と思ってもらえるような研修を続けたいと思っています。 

CCNA R&Sを取得済みの皆さん、この春からさらに一歩スキルアップを目指しませんか? 

それでは、さっそくはじめましょう! 


【問題】 
Ciscoスイッチで、MACアドレスがエージアウト(削除)されるデフォルトの時間を、次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

(1)600秒 
(2)100秒 
(3)200秒 
(4)180秒 
(5)300秒 



 

 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2015年5月11日配信]


トレノケートでは、入門レベルから最上位資格に対応するハイエンドスキルまで、また、基本のRouting&SwitchingからDesign,Security,Wireless,Data Center,Voiceなど各種専門分野のCisco認定トレーニングを提供しています。
豊富なトレーニングラインナップにより、お客様の求めるスキルレベル修得をスムーズにサポート致します。

【トレノケートのCisco技術トレーニングのご案内】はこちら




公式Facebookで新着記事をすぐにお届け!




※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER