Trainocate Japan, Ltd.

CCNA R&S一問一答 2016 #10 IPv6

今日はIPv6から出題です。 


IPv6は、ICND1/ICND2/CCNA R&Sのどの試験に含まれる内容です。 
試験ではIPv6に関する基本事項が問われます。 
今日はIPv6に関する技術的な知識問題にチャレンジしましょう。  


【問題】 
IPv6のルーティングプロトコルについて適切な説明を、次の選択肢の中から2つ選びなさい。
(1) IPv6対応のIGPを動かした場合、ルーティングテーブルのネクストホップはグローバルユニキャストアドレスになる 
(2) IPv6対応のIGPを動かした場合、ルーティングテーブルのネクストホップはリンクローカルアドレスになる 
(3) IPv6対応のIGPを動かした場合、ルーティングテーブルのネクストホップはループバックアドレスになる 
(4) BGPv3はIPv6ルーティングのために開発された 
(5) EIGRPv3はIPv6ルーティングのために開発された 
(6) OSPFv3はIPv6ルーティングのために開発された 
(7) RIPv3はIPv6ルーティングのために開発された 




 解答を見る!

[CCNA R&S 一問一答 2016][2016年12月19日配信]

シスコサポートコミュニティにて、弊社講師による無料オンラインセミナーを開催:<2016/12/20(火) 開催>

シスコシステムズ社のサポートコミュニティにて、弊社講師による無料オンラインセミナーを開催します。
シスコサポートコミュニティにご登録いただければ、WebCast(Web動画配信サービス)でどなたでも無料でご受講いただけます。皆様のご参加をお待ちしています。

 ◇セミナー概要
suzukiT.jpg【タイトル】
OSPFのLSAタイプとネットワークタイプ 

- CCIEチャレンジャーの必須知識 - 

【日時】 
2016/12/20(火)  10:00 ~ 11:30

【講師】 
鈴木 剛 Cisco 認定インストラクター CCIE#40170

【内容】

本セミナーは、OSPFの重要な要素であるLSAやネットワークタイプについて分かりやすく説明します。 
このセミナーの内容は、中級レベルで、Cisco認定資格ではCCNPに相当します。ルーティングやOSPFに関して、ある程度知識があることを前提としています。

OSPFの理解が深まると、適切なネットワーク設計が可能となり、トラブルシューティングも効率的に行うことができるようになります。

セミナーは約60分、その後は参加者の皆様からの質問に答えるLive Q&A の時間を約15分ほど設けています。

▼お申し込みはこちら▼(シスコシステムズ社サイト)
【無料】OSPFのLSAタイプとネットワークタイプ -CCIEチャレンジャーの必須知識- オンラインセミナーのお申込み

▼シスコサポートコミュニティ オンラインセミナー(Webcast)のご案内https://supportforums.cisco.com/ja/community/5356/webcast


【関連トレーニングのご案内】

[イベント][2016年12月 5日配信]

CCNA R&S一問一答 2016 #9 スパニングツリーの基本動作

今日はスパ二ングツリーからの出題です。 


ICNDでは、スイッチングネットワークにおけるスパニングツリーを理解することが求められます。
スパニングツリーの動作の基本(トポロジの形成やポートの役割、ポートの状態遷移)だけではなく、今回の出題のような付加機能についても整理しましょう。 


【問題】 
スパニングツリーにおいてポートを即座に転送状態にする機能を、次の選択肢の中から1つ選びなさい。

(1) Backbone Fast 
(2) Rapid Spanning Tree 
(3) PortFast 
(4) Uplink Fast



 解答を見る!

[CCNA R&S 一問一答 2016][2016年11月21日配信]

CCNA R&S 一問一答 2016 #8 OSPFネイバーの形成

前回に続いてダイナミックルーティングプロトコルであるOSPFに関連する内容からの出題です。  

今回は少々難解な問題ですが、頑張ってみてください。 

【問題】 
下記のR1でOSPFの設定を行いましたが、R2とOSPFネイバーが形成されません。 
接続しているインターフェイスのIPアドレスが正しく、インターフェイスも正しく起動しているとした場合、OSPFネイバーが形成されない理由は何でしょう。
次の選択肢の中から2つ選びなさい。 

ccna_2016_1107_2.png

(1) R1のルータIDがR2と異なっている 
(2) インターフェイスのBandwidthがR2と異なっている 
(3) インターフェイスのMTUがR2と異なっている 
(4) インターフェイスのOSPFエリア番号がR2と異なっている 
(5) インターフェイスのコスト値がR2と異なっている 





 解答を見る!

[CCNA R&S 一問一答 2016][2016年11月 7日配信]

シスコサポートコミュニティにて、弊社講師による無料オンラインセミナーを開催:<2016/10/13(木) 開催>

シスコシステムズ社のサポートコミュニティにて、弊社講師による無料オンラインセミナーが開催されます。
シスコサポートコミュニティにご登録いただければ、WebCast(Web動画配信サービス)でどなたでも無料でご受講いただけます。ふるってご参加ください。

 ◇ セミナー概要 
鈴木新さん.png

【タイトル】
いまさら聞けないVLANとVLAN間ルーティング

【日時】 
2016/10/13(木) 午前 10 時~ 11時30分

【講師】 
鈴木 新 Cisco 認定インストラクター

【内容】

本セミナーはVLANとVLAN間ルーティングの概要についてご紹介いたします。 このセミナーの内容は、業務でスイッチやルータを担当されている方や、VLANもしくはVLAN間ルーティングの導入を検討している方に効果的です。

VLANの基本設定やVLAN間ルーティングについて説明いたします。 本セミナーご受講にあたり、ネットワークの前提知識は特にありません。

セミナーは約60分、その後は参加者の皆様からの質問に答えるLive Q&A の時間を約15分ほど設けています。

▼お申し込みはこちら▼(シスコシステムズ社サイト)
【無料】いまさら聞けないVLANとVLAN間ルーティング オンラインセミナーのお申込み

▼グローバルナレッジのCisco関連トレーニングのご案内▼

▼CCNA v3.0改訂のご案内▼
 

[イベント][2016年9月26日配信]

CCNA R&S 一問一答 2016 #7 ルーティングプロトコルの特徴

今回はルーティングプロトコルの特徴についての問題です。


ICND2/CCNA R&S試験に含まれる内容で、CCNA R&S認定を目指すうえでは習得が必須な技術となっています。 

【問題】 
EIGRPとOSPFの特長として正しい分類を次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

ccna_2016_7v2.png

(1) EIGRP:A,D OSPF:B,F 
(2) EIGRP:E,D OSPF:C,F 
(3) EIGRP:A,F OSPF:B,E 
(4) EIGRP:C,F OSPF:A,E 


 

 解答を見る!

[CCNA R&S 一問一答 2016][2016年8月26日配信]

CCNA R&S 一問一答 2016 #6 OSPF

今回もOSPFに関連する内容からの出題です。


OSPFは、ICND1/ICND2/CCNA R&Sのどの試験に含まれる内容で、CCNA R&S認定を目指す上では修得が必須な技術となっています。

【問題】 
図の構成でルータBのループバックアドレスについて正しい説明を次の選択肢から2つ選びなさい。 

ccna_2016_6_ospf.jpg


(1) ルータBからのアドバタイズのメトリックが減少する 
(2) ルータBへデータ転送が可能になる 
(3) ルータBのルータIDは10.0.0.1になる 
(4) OSPFプロセスを安定させることができる 
(5) ルータBをDRにさせる




 解答を見る!

[CCNA R&S 一問一答 2016][2016年8月 8日配信]

CCNA R&S 一問一答 2016 #5 OSPF

ダイナミックルーティングプロトコルであるOSPFに関連する内容からの出題です。


OSPFは、ICND1/ICND2/CCNA R&Sのどの試験に含まれる内容で、CCNA R&S認定を目指す上では習得が必須な技術となっています。 

【問題】 
OSPFの特長を下記の選択肢の中から3つ選びなさい。
 
(1) OSPFルータはルーティング情報を交換する前にネイバーを確立する 
(2) コンバージェンスが早い 
(3) DUALアルゴリズムでベストパスを決定する 
(4) OSPFはクラスフルルーティングプロトコルである 
(5) ベストパスの選択にコストを使用する 
(6) OSPFルータは直接接続されているルータとルーティングテーブルそのものを交換する




 解答を見る!

[CCNA R&S 一問一答 2016][2016年7月14日配信]

シスコサポートコミュニティにて、弊社講師による無料オンラインセミナーを開催:<7/19(火) 開催>

シスコシステムズ社のサポートコミュニティにて、弊社講師による無料オンラインセミナーを開催します。
シスコサポートコミュニティにご登録いただければ、WebCast(Web動画配信サービス)でどなたでも無料でご受講いただけます。皆様のご参加、お待ちしています。

 ◇セミナー概要
suzukiT.jpg【タイトル】
初級者向け!BGPの基本とCiscoルータの動作


【日時】 
2016/7/19(火) 午前 10 時~ 11時30分

【講師】 
鈴木 剛 Cisco 認定インストラクター CCIE#40170

【内容】

BGP(Border Gateway Protocol)は、広大なインターネット環境の中で核となる重要な技術です。従来はCCNPでその基本を学習するというカリキュラム体系でしたが、2016年度のCCNAバージョンアップに伴い、CCNAの学習項目にも追加されました。 
このセミナーは、初めてBGPを学習する方に焦点を合わせており、BGPの基礎知識とCiscoルータにおけるBGPの動作を、分かりやすく学習できます。EBGPとIBGPとは何か、それぞれにおいてCiscoルータではどのような動作の違いがあるか、それを踏まえてどのように設定していくか、などを学習できます。 
本セミナーをご受講されるにあたり、ルーティングプロトコルの仕組みを理解できていることを前提とします。 
また、AS、TTL、Loopbackインターフェース、Staticルート、Connectedルートなどの用語が出てきますので、あらかじめ理解されていると、より効果的に学習できます。

セミナーは約60分、その後は参加者の皆様からの質問に答えるLive Q&A の時間を約15分ほど設けています。

▼お申し込みはこちら▼(シスコシステムズ社サイト)
【無料】初級者向け!BGPの基本とCiscoルータの動作 オンラインセミナーのお申込み

▼シスコサポートコミュニティ オンラインセミナー(Webcast)のご案内https://supportforums.cisco.com/ja/community/5356/webcast

▼グローバルナレッジのCCNA R&S試験対策コース(CCNA BOOT CAMP)のご案内

http://www.globalknowledge.co.jp/reference/cisco/ciscotopics/ccna/index.html

▼グローバルナレッジのシスコ認定トレーニングコースのご案内 
http://www.globalknowledge.co.jp/reference/cisco/index.html


★ 「CCNA R&S v2.0資格取得応援キャンペーン」のご案内 ★ CCNA R&S v2.0資格取得応援キャンペーン
対象期間中に対象コースご受講の皆様にもれなく、対象コース毎の「【ASP】スマホ版対応問題集」をプレゼント!
詳しくはこちらをご覧ください!

[イベント][2016年7月11日配信]

CCNA R&S 一問一答 2016 #4 VLAN間ルーティング

今日はVLAN間ルーティングに関連する内容からの出題です。

VLAN間ルーティングは、ICND1/ICND2/CCNA R&Sのどの試験に含まれる内容で、CCNA R&S認定を目指す上では習得が必須な技術となっています。 


【問題】 
図の構成について正しい説明を次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

CCNA_4.png

(1) ルータには5つのFastEthernetポートがある 
(2) インターフェイスFa0/0はトランクで構成されている 
(3) S0/0/1ではレイヤ2プロトコルが動作していない 
(4) LANインターフェイスは複数の異なるサブネットが構成されている 
(5) Fa0/0インターフェイスは管理上使用不可である 



 

 解答を見る!

[CCNA R&S 一問一答 2016][2016年7月 1日配信]

CCNA R&S 一問一答 2016 #3 RSTP

今日はRSTPから出題です。

RSTPは、ICND2/CCNA R&Sの試験範囲に含まれる内容です。
RSTPについては、STP ( IEEE 802.1D )と比較しながら整理するとよいですよ。 

【問題】 
RSTPにおいて、収束している時のポートの状態を、次の選択肢の中から2つ選びなさい。 
(1) discarding 
(2) learning 
(3) listening 
(4) forwarding 
(5) disabled




 解答を見る!

[CCNA R&S 一問一答 2016][2016年6月17日配信]

CCNA R&S 一問一答 2016 #2 IPv6

今日はIPv6から出題です。 

IPv6は、ICND1/ICND2/CCNA R&Sのどの試験に含まれる内容です。 
試験ではIPv6に関する基本事項が問われます。 
今日はIPv6の基本コマンドを確認する問題にチャレンジしてみましょう。


 【問題】 
CiscoルータでIPv6ルーティング機能を有効にするコマンドを、 次の選択肢の中から1つ選びなさい。

(1) ipv6 routing 
(2) ipv6 unicast-routing 
(3) ipv6 route enable 
(4) enable ipv6 routing 
(5) ipv6 run



 解答を見る!

[CCNA R&S 一問一答 2016][2016年5月24日配信]

CCNA R&S 改訂のご案内 ~v2.0からv3.0へ~

エンタープライズネットワークにおいて、トレンドや技術は急速に変革を遂げており、ネットワークコアエンジニアに必要な知識やスキルが大幅に拡大していきます。

シスコシステムズ社は、これらの技術進化に対応するために、CCNA R&S認定の改訂を発表しました。

改訂されるカリキュラムには、SDN・仮想化・クラウドリソース・VPN技術・QoSなどが追加され、最新の技術・トレンドにそったエンジニアの育成を目指します。

 

CCNA R&S試験が現行のv2.0からv3.0へ改訂


2016517日、シスコシステムズ社によりCCNA R&S試験の改訂が正式発表されました。

現行のv2.0試験の終了時期は下記のとおりです。(英語・日本語版共に)

ICND1    : 2016/8/20

ICND2    : 2016/9/24

CCNA R&S   2016/8/20

   新バージョンのv3.0日本語版試験の開始時期は、現時点で未定です。

   日本語試験情報が公開され次第、随時情報を更新致します。

 

グローバルナレッジでは、下記"改訂のご案内"ページにて、改訂のポイント出題トピックの変更点などご紹介しています。

 

CCNA R&S 改訂のご案内はこちら

main_CCNA_690x173.pngのサムネール画像


改訂に伴い、試験の難易度が高くなることが想定されますので、CCNA R&S取得を目指されている方は、現行version(v2.0)での資格取得をお奨めします。

現行version(v2.0)のトレーニングコースにつきましては、こちらを御確認ください。

 

皆様のご受講をお待ちしています。




[シスコ関連トピックス][2016年5月20日配信]

CCNA R&S一問一答 2016 #1

以前連載していた"CCNA R&S 一問一答"ですが、今年は装い新たに"CCNA R&S 一問一答 2016"として連載をスタートします。


これから2週間に1回、CCNA R&S資格取得の勉強を始める方、既に始めていらっしゃる方のお役に立てるような内容で連載していきますので、よろしくお願いします。

第一回の今日はEIGRPからの出題です。
EIGRPは、ICND2/CCNA R&S試験範囲に含まれていて、試験の重要なトピックとなっています。そんなEIGRPの基本用語を確認する問題にチャレンジしてみましょう。 


【問題】 
EIGRPフィージブルサクセサについての正しい説明を、次の選択肢の中から1つ選びなさい。
 
(1) バックアップルートのことで、トポロジテーブルに格納されています 
(2) バックアップルートのことで、ルーティングテーブルに格納されています 
(3) プライマリルートのことで、トポロジテーブルに格納されています 
(4) プライマリルートのことで、ルーティングテーブルに格納されています 


 

 解答を見る!

[CCNA R&S 一問一答 2016][2016年5月10日配信]

CCNP R&S 一問一答 #22 (最終回) IPv6移行技術について

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの神田直也です。 

CCNP R&S 一問一答「ルーティング編」は今回で最終回となります。
短い期間でしたが、お付き合いいただき、ありがとうございました。 
少しでもネットワークに興味を持っていただけましたら幸いです。 

初回の記事を執筆していた頃を思い出すと、私の息子はまだ7ヶ月でした。
歩くこともできなかった小さな赤ん坊が、今ではじっとしていることができません。
さらに、いくつかの言葉を使えるようになりました。 
お出かけの準備を始めると、息子は「くっく(靴)」と言って片足を私に差し出します。 
公園でお気に入りの乗り物に跨り、「ぶぶ(車)」と言いながらハンドルを回します。 
遊び疲れて家に帰ると、お風呂上がりの一杯は「にゅにゅ(牛乳)」です。 

恥ずかしながら、私も休日は息子に合わせて、「子供の言葉」を使ってしまいます。
一方、「子供の言葉」ではインストラクターとして説得力がなくなってしまうので、仕事では「大人の言葉」を使い分けています。
コミュニケーションを取るために、相手によって言葉を使い分ける必要があるということです。

さて、ネットワークにおいて、「言葉(言語)」に相当するのが「プロトコル」です。
複数のプロトコルが混在するネットワークでは特に注意が必要です。 
今回は、「IPv4」と「IPv6」が混在する環境で必要なIPv6移行技術についての問題です。


【問題】 
単一の機器にIPv4とIPv6を共存させるIPv6移行技術として適切なものを次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

(1) 6to4トンネリング 
(2)デュアルスタック 
(3) GRE 
(4) NAT64 





 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2016年3月28日配信]

CCNP R&S 一問一答 #21 AAA認証

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの洞口 真紀子です。 

卒業シーズンですね。 
先日、通っていた地元の小学校が他の学校と統合することが決まり、3月下旬に閉校式があると風の便りで聞きました。
私が通っていたころは木造校舎で、そのあと新しく建て直されたりしましたが「○○小学校」として存続していたので、時代の流れとはいえ寂しいニュースでした。 
現在、地元から遠く離れた場所に住んでいますが、ありがたいことにお盆や正月の時期には同級生から連絡をいただき集まる機会を作ってもらっています。
(実際は、同窓会に参加できないことが多いのですが)
時代の流れとともになくなるものもありますが、人とのつながりはこれからも続いていくでしょうから、それを大切にしていきたいものです。 

さて、CCNP R&S 一問一答「スイッチング編」は今回で最終回となります。
また別な形で、今後もネットワーク技術に関する情報発信をしていければと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。 


それでは、今回の問題を見ていきましょう。 


【問題】 
以下の内容でAAA認証設定を行いたいと考えています。
適切なコマンドを、次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

● ログイン認証に使用する認証方式リストを作成する 
● 認証方式名は「login」 
● 最初の認証方式として「RADIUS」を使用し、バックアップとして「ローカルユーザーデータベース」を使用する 

1) (config)#aaa authentication login default group radius local 
2) (config)#aaa authentication login login group radius local 
3) (config)#aaa authentication login default local group radius 
4) (config)#aaa authentication login group radius local 



 

 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2016年3月14日配信]

「Learning Partner of the Year for Asia Pacific and Japan 2016」 受賞 及び「CCSI Instructor Excellence Award 2016」 4名受賞!

cisco_Lerning_Partner_of_the_Year_2016_TOP.pngのサムネール画像

Cisco Global Learning Partner Conference 2016にて、グローバルナレッジアジアは、「Learning Partner of the Year for Asia Pacific and Japan 2016」を受賞しました。 

また、当社講師のCCSI (Cisco認定インストラクター)4名が、
CCSI Instructor Excellence Award 2016」を受賞いたしました。 

CCIE Routing & Switchingで4名、そのうち2名はRouting & Switching
(CCNA/CCNP R&Sトレーニング)もW受賞という快挙です。
 (日本人受賞者の2/3は弊社講師です!) 

これは、当社のCCNA/CCNP/CCIE R&S認定トレーニングプログラム及び講師の品質に対して、トレーニング受講後アンケートで高い顧客満足度を得たことによる評価です。 

この評価を糧に,今後もお客様によりご満足いただけるトレーニングを提供できるよう、努めてまいります。 

グローバルナレッジネットワークは、Cisco認定ラーニングパートナーとして、企業の永続的成長を人材育成の側面からサポート致します。 


Award名/受賞者名

【CCIE Routing & Switching Instructor Excellence Award】 
・岡本 千賀 
・斎藤 理恵 
・鈴木 剛 
・日鷹 仁司  

ccie_r&s_four.png

【Routing & Switching Instructor Excellence Award】 
・岡本 千賀 
・鈴木 剛 

r&s_two.png


▼グローバルナレッジ アジアの受賞報告はこちらhttp://www.gkapac.com/page/GK_Cisco_Learning_Partner_of_the_Year_Award_2016 


~ グローバルナレッジジャパンからのご案内 ~
 

▼シスコ関連ブログ【つながるネットワーク】 
cisco_brog.png
※ 「CCNAからCCIE資格取得への道」、「CCNP R&S 一問一答」、シスコトピックスなど資格取得や実務スキル修得に役立つ情報、シスコ関連最新技術情報などを随時更新中です。


▼シスコシステムズ認定トレーニング一覧▼ http://www.globalknowledge.co.jp/reference/cisco/index.html 
※ 入門レベルから最上位資格に対応するハイエンドなスキルまで、ルーティング&スイッチング、デザイン、セキュリティ、データセンター、ワイヤレス、コラボレーションなどのシスコ技術を幅広く修得することができます。 


<お薦め情報>
4月から好スタートを切る準備として、3月中にCCNA R&Sの資格取得&実務スキル修得を目指しませんか? 

▼CCNA BOOT CAMP後編 ~ICND2v2.0対応~[CCNA(200-120)試験あり] 
 開催日程:2016年3月14日(月) ~ 2016年3月18日(金) http://www.globalknowledge.co.jp/reference/course_details.aspx?code=CSC0338V
  ※試験なし ICND2(200-101)試験ありも選択可能です。


[シスコ関連トピックス][2016年3月 7日配信]

CCNP R&S 一問一答 #20 BGPの「attribute」

みなさん、こんにちは。 

グローバルナレッジの神田直也です。 

少しずつ春の足音が聞こえ始めました。 
花粉症の方にとってはつらい季節かもしれませんが、私にとって梅や桜が咲き始めるこの時期は、散歩をするのが楽しみな季節でもあります。 

休日に家族で散歩していると、息子はよく女の子に間違えられます。 
息子の頭はクルクルの天然パーマで、それが可愛いと妻は髪を切らせてくれないので、すっかり伸びてしまっているからです。
今では、中世ヨーロッパ・ベルサイユを舞台にしたあの漫画の主人公のような髪型になっています。
もはや息子のトレードマークのようでもあり、髪を切るタイミングが分からなくなってしまいました。 

さて、このようにその人を表す象徴的なものを英語で「attribute」といいます。「attribute」には、他に「属性・特性」といった意味があります。

今回はBGPの「attribute」に関する問題から出題です。


【問題】
ルーティングループを防ぐために使用されるBGPアトリビュートを、次の選択肢の中から1つ選びなさい。

(1) ASパス
(2) Weight
(3) Local Preference
(4) MED



 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2016年2月22日配信]

CCNA からCCIE 資格取得への道 ~ 勉強方法の秘訣 ~ vol.2


na_ie2.png
みなさん、こんにちは。 
昨日は初夏のような暑さ&台風並みの春一番が吹き荒れましたね。
いよいよ春の訪れです。

さて、気持新たに春を迎え、資格取得を目指す皆様のために、
今回はCCIE R&S取得に向けて勉強方法をご紹介します。 

Ciscoの資格体系は、CCNA、CCNP、CCIEの順番ですが、 多くの受験者が口にするのは

CCNPとCCIEの差が大きい

ということです。

まず、対策を考える前に相手を知る必要がありますね。

 
ステップ 1:CCIE Routing and Switching 筆記試験
 
CCIEは下記のような試験です。

試験範囲: 下記Cisco様のサイトをご覧ください 

試験時間: 2時間
 ※CCNP R&Sに比べると非常に広範囲で内容もより深くなります。



ステップ 2:CCIE Routing and Switching ラボ試験

試験範囲: 下記Cisco様のサイトをご覧ください 
※ラボ試験内容を確認するにはCiscoアカウントが必要です。

試験時間: 
 トラブルシューティング セクション (2 時間) 
 診断セクション (30分間) 
 コンフィギュレーション セクション (5.5 時間) 

CCNAやCCNPと試験形式も異なり、難易度も高くなっています。 
CCNAは自転車、CCNPは自動車、CCIEは飛行機を操縦するくらいレベルが変わります。 
この高い壁を越えるためには、 前回ご紹介した勉強方法に加えて次のような対策が必要です。


CCIE対策のコツ

・学習計画を立てる 
・CCO(Cisco.com)のドキュメントを検索する 
・設定スピードを意識する 
・時間を管理する 
・自己評価し弱点を把握する 
・仲間を見つける 

※CCOの使い方は下記ページを参照してください。     https://learningnetwork.cisco.com/docs/DOC-6816 


まずは学習計画を立てます。
経験上最初の受験までには半年から1年必要です。 
よく600時間から1000時間必要とも言われています。 
1000時間だとすると毎日業務後に5時間勉強したとしても200日かかる計算です。 

この期間に「いつ」、「何をするのか」を決めて勉強しましょう。 

その時の気分で勉強する内容を決めてしまうとだらけてしまうことが多いです。 
予定通り進めることにより達成感も得られます。 
CCIE R&Sラボ試験ではCCOを参照できます。 勉強の段階からCCOを活用することで、試験の時もスムーズに知りたい情報を探せるようにしましょう。 

さらにラボ試験は時間との勝負です。 
設定できること」だけでなく、「短時間で」設定できなければいけません。 
同じ課題を何度もトライし、より短い時間で正確に設定できるように繰り返しましょう。 

また、自分を知ることも大事です。
 「できる」と思っていたことが本番でできなければ意味がありません。 
客観的に自分を評価できるようにアセスメント試験などにチャレンジしましょう。 

最後のコツは仲間を見つけることです。 
CCIE R&Sは長期間の戦い、、、時には心が折れそうになる時もありますが、仲間がいれば励まし合ってチャレンジできます。 

また、辛いときには取得後CCIEを活用し、自分の価値を上げることをイメージしましょう。
 
CCIEをどう活かすか?
転職して年収を上げる?
昇進する?
やりたい案件を担当させてもらえる?

いろいろな可能性があります。 

時間管理、自己評価、仲間を見つけることは容易ではありません。 
トレーニングに参加していただければ課題を決められた時間で取り組む癖がつきます。 
また、アセスメント付きのコースで自己評価もでき、受講者同士で仲間にもなれます。 


CCIEラボ受験時のコツ

・時間を管理する 
・配点と時間のバランスを意識する 
・受験後整理する 

ラボ試験には制限時間があります。 
まずは問題を一通り読み、時間内に完了できるよう時間配分を考えましょう。 
あまり配点が高くない問題に時間をかけすぎてはいけません。 
受験後は合格することを願うだけでなく、記憶が残っているうちに情報を整理しましょう。 

仮に合格できなかった場合でも、この作業を丁寧に行うと必ず次回に役立ちます。 

ここまでCCIE R&S取得に向けてコツをご紹介しましたが、 CCIE R&S取得はゴールではありません。 2年ごとに更新するため、常に勉強し続ける必要があります。 

また、現場では「CCIE=何でも知っている」と思われることが多いです。 
合格後もCCIEという誇りを持ってモチベーションを維持してくださいね。

-------------------------------------------------------------------------------------
執筆:小林 洋之

グローバル ナレッジ ネットワーク株式会社 ラーニングソリューション本部に所属。 
CiscoはCCIE R&Sまで、MicrosoftはMCSE Communicationsまで、幅広くコースを担当している。
-------------------------------------------------------------------------------------

[シスコ関連トピックス][2016年2月15日配信]

CCNP R&S 一問一答 #19 ポートのerror-disabled状態

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの洞口 真紀子です。 

2016年は2月4日が立春になるそうです。
ちょうどこの原稿を作成している日が2月4日なのですが、ふとオフィスの外を見ると春らしい日差しが出ていて、春の訪れを感じます。 

先日友人の結婚式に出席したのですが、せっかくなので着物を誂えました。
昨年のうちに購入していたのですが、年明けの一月末の式ということで春らしい着物を選んでいただきました。

成人式の着物の写真は一目見て封印するぐらい恥ずかしいものでしたが、今回は楽しんで着ることができました。
 (年のせいか?20歳の時よりはしっくりきたような気がします・・・) 
今年の目標は、着付けができるようになってお出かけすること、です。 

それでは、今回の問題を見ていきましょう。 
今回はポートのerror-disabled状態についての問題です。

【問題】 
インターフェイスがerror-disabled状態となる原因として考えられるものを、次の選択肢の中から1つ選びなさい。 

1)  ルーティングループ 
2)  セキュリティ違反 
3)  ケーブルの未接続 
4)  STPループガード 





 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2016年2月 8日配信]

CCNA からCCIE 資格取得への道 ~ 勉強方法の秘訣 ~ vol.1

na_ie2.png
暖冬はどこへやら、今朝も本当に寒い週明けでしたね。
皆さん、体調管理は大丈夫ですか? 
ちょっとアヤシイという方、、、どうぞお大事に。。。 

さて、今日はCisco技術者認定を目指している皆さんに、 
私がCCIE R&Sを取得するまでに行った勉強方法を2回にわたってご紹介します。 
今後皆さんの資格取得のお役に立てれば幸いです。 

まず、当たり前のことですが、資格取得は勉強することから始まります。 
学生のころから勉強に取り組んでいる皆さんには、それぞれの勉強法があると思いますが、
私が考える勉強方法は下記の4つです。 

 
勉強方法

1. 興味を持つ 

2. 自分で調べる 

3. なぜその機能があるのかを考える 

4. 設定方法を覚える 


資格試験は市販の対策問題集を使って勉強する方も多いです。 
ただ、暗記するだけでは記憶に残りづらいため、 まずは興味を持つことが大切です。 
自分で調べたことは記憶に残りやすく、たくさんの用語や機能を覚える資格試験には欠かせない作業です。 
さらに、その機能がなぜ必要なのか考えてみましょう。



その機能はなぜ必要?(STPの例)

例えばSTP(Spanning Tree Protocol)はブリッジングループを防ぎますが、 なぜループが発生するのかを考えると印象に残ります。
 
この「なぜ?」を考えることが大事です。
常に疑問を持って取り組めば、丸暗記では無く、自分の知識に変えることができます。

では、STPの例で考えてみましょう。
まず、PCをネットワークに接続するにはスイッチが必要ですね。
下図のように配線します。

image1a.png

企業のネットワークでは、PCの先に集線機器に相当するレイヤ2スイッチが配置され、
その先にVLAN間ルーティングを行うレイヤ3スイッチを配置することが一般的です。
これで他のフロアのPCと通信することができます。

もしレイヤ3スイッチが故障したらどうなるでしょう?

↑ ここが重要です!

"もし ○○だったらどうなるか?" という発想が大事です。

もし故障したら、同じフロア内でしか通信できません。
業務に支障が出てしまいますね。

そこで、重要度の高いレイヤ3スイッチを冗長化します。

image2a.png

機器間を配線すると、三角形のようになりますね。これがループ構成です。

もし、PCからブロードキャストフレームが送信されると、各スイッチはどのように処理するでしょう?

↑ここも重要です!

先ほどもお伝えした、"もし○○だったらどうなるか?"が出てきました。

もしブロードキャストフレームが送信されると、スイッチはブロードキャストフレームを受信ポート以外に転送するため、接続している他の機器に送信されます。
それを受信したスイッチは、また別のスイッチへ・・・。
この処理を繰り返すことで、嵐のようにプロードキャストフレームが転送される、ブロードキャストストームが発生します。

image3a.png

このままではネットワークに負荷がかかり、スイッチが停止してしまうかもしれません。
そこで、ループが発生しないような方法を考えます。
簡単なのは、どこかのケーブルを抜くことですね。

しかしこの方法では、別のポートで障害が発生したら手作業で切り替えなくてはいけません。
そこで、この動作を自動化するのがSTPです。
STPがあればスイッチ間でやり取りし、自動的に通信に使わないポートを決定してくれます。

Image4a.png

このように、

"もし○○だったらどうなるか?"

を考えると、忘れにくい記憶になります。

最後に設定方法を覚えればシミュレーション問題の対策にもなりますね。 


しかし、これらの勉強には時間が必要です。 
業務で忙しい皆さんは時間の確保も難しいと思います。 
そこで、短期間で勉強するにはトレーニングに参加することをお勧めします。 


トレーニング受講のメリット

1. 不明点の調べ方を教わることができる
 
2. 自分で調べる力を身につけることができる 

3. 集中して勉強する環境が整っている 

4. 同じ目標を目指す仲間との出会い 

トレーニングでは、限られた時間を有効的に使いながら学習できます。
さらに、講師にも質問できるので、一人で勉強するよりも効率がいいですね。 
また、難しい資格取得を目指す場合、勉強する時間を設ける=孤独との戦いですが、 トレーニングで一緒に学んだ仲間とは連帯感も生まれ、共に頑張ろうという意欲が相乗効果となります。 


次回はCCIE R&S取得に向けた勉強方法をご紹介します。


★ 無料セミナーのご案内 ★   ※ 詳細は▼こちら。
seminner_banner2.png

-------------------------------------------------------------------------------------
執筆:小林 洋之

グローバル ナレッジ ネットワーク株式会社 ラーニングソリューション本部に所属。 
CiscoはCCIE R&Sまで、MicrosoftはMCSE Communicationsまで、幅広くコースを担当している。
-------------------------------------------------------------------------------------

[シスコ関連トピックス][2016年1月25日配信]

CCNP R&S 一問一答 #18 PBR(ポリシー・ベース・ルーティング)

みなさん、こんにちは。

グローバルナレッジの神田直也です。 
新年1回目の「CCNP R&S 一問一答」です。今年もよろしくお願いします。 

みなさんは、お正月休みをどのように過ごされたでしょうか。 
我が家は一家全員が体調を崩し、新年のスタートと同時に躓きました。
特に妻は風邪をこじらせてしまい、息子と実家に帰って療養することになってしまいました。
(もうだいぶ体調は良くなったようでひと安心です。) 

突然訪れた久しぶりの一人暮らしに、今困っていることがあります。 
「夕食をどうするか?」です。 

普段は何を食べたいかでメニューを決めます。
 しかし、今は食材の消費期限によって、メニューが制限されるのです。 
我が家には毎週水曜日に玉子(1パック)、納豆(5パック)、牛乳(1本)、豆腐(1丁)が届くので、玉子や納豆は毎日消費しなければ、1週間では食べ切れません。
飽きずに毎日食べるためには、工夫が必要です。
普段は全く料理をしない私は、慣れない作業にあれこれ頭を悩ませるとともに、妻のありがたさを痛感しています。 


さて、ルーティングの世界では、普段は宛先アドレスによってルートを決定します。
しかし、PBR(ポリシー・ベース・ルーティング)を使用すると、その他の情報に基づいてルートを決定することができます。 

今回はPBRに関する問題から出題です。

【問題】 
あるルータのFa0/0にPBRを設定しました。
このとき、PBRの仕組みについて適切な説明を次の選択肢の中から2つ選びなさい。 

(1) パケットがルートマップのpermitに一致するとPBRの指示を無視する 
(2) パケットがルートマップのdenyに一致するとPBRの指示を無視する 
(3) Fa0/0で発信するパケットは、ルートマップに基づいて処理される 
(4) Fa0/0で受信するパケットは、ルートマップに基づいて処理される



 解答を見る!

[CCNP R&S 一問一答][2016年1月18日配信]


トレノケートでは、入門レベルから最上位資格に対応するハイエンドスキルまで、また、基本のRouting&SwitchingからDesign,Security,Wireless,Data Center,Voiceなど各種専門分野のCisco認定トレーニングを提供しています。
豊富なトレーニングラインナップにより、お客様の求めるスキルレベル修得をスムーズにサポート致します。

【トレノケートのCisco技術トレーニングのご案内】はこちら




公式Facebookで新着記事をすぐにお届け!




※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER