Trainocate Japan, Ltd.

「教育」×「IT」最前線

グローバルIT人材育成のリーディングカンパニー トレノケートの、eビジネス推進グループのメンバーがお届けするブログです。
「教育分野へのIT活用」という観点から、国内外のトレンドやトレノケートのサービス情報をつづります。

ホーム > 「教育」×「IT」最前線 > つれづれ > 学習者のモチベーションにITはアプローチできるか?

「教育」×「IT」最前線
[2015年7月 6日配信]
学習者のモチベーションにITはアプローチできるか?
執筆:ひ

今回から本ブログを担当することになりました「ひ」です。

村上と同じく、教育をITで活用するサポートを行っています。
村上と交互に執筆していく予定です。今後よろしくお願いします。

初回ということもあり、今回は、
日ごろ気になっていることを書いてみたいと思います。




◆心に火をつける
モチベーションを膨らませることができるか?
最近、とあるeラーニングベンダーの方から、

  研修でもeラーニングでも、受講者にモチベーションを
  持たせれば、ほとんど成功したようなものです。

  ただ、他者がモチベーションを持たせるのはとても難しい。

  必要に迫られないと、心に火がつかない

という話をされました。

企業研修に限らず、何かを学ぼう、身につけようと思ったとき、
必要性に迫られないとモチベーションが上がらない」ことは、
一つの大きなハードルと言えます。




「今まさに必要」なことなら......
タイムリミットがあるとやる気になったりして......
現場の担当者にとっては「今まさに業務に必要」だったり、
「目の前の課題を解決できる」ことが重要です。つまり、
必要性に迫られれば、高いモチベーションで学習できます。

しかし、業務を遂行するための必須となる(求められる)スキルではなく
将来的に必要になる(かもしれない)知識やスキルは、
「今まさに業務に必要」ではないため、モチベーションが持続せず、

 学習をしても身につかない
 せっかく研修で受講してもしばらくすると忘れてしまう

ということがよくあります。


人材育成担当者は長期的なスパンで人材の育成を検討し、
身につけてほしいスキルを挙げ研修計画を立案します。

しかし、受講者が「現場ですぐ役に立つかわからないのに......
という考えで研修に参加しても、モチベーションが上がらない、
ということになってしまいます。




ITで行うアウトプット
オンライン学習も受動的から能動的に
モチベーションの問題に対し、ITでどんなアプローチができるか
......となると、正直回答に窮してしまいます。

モチベーションは学習者の心の中の話であって、

(今は必要なくても!)
身につけようとする知識・スキルの必要性を理解しよう

(普段使うことがなくても!)
身につけた知識・スキルを忘れないようにしよう

という気持ちを、ITを以て強いるのは非常に困難です。



ただ、ITは知識の定着(忘れないようにする)に
寄与できるはずです。

身につけた(インプットした)知識・スキルを忘れてしまう、
大きな要因にアウトプットをしないことが挙げられます。
そこで、アウトプットにITをもっと活用できるのではないか、
ということです。


例えば、インターネットを通じた遠隔教育では、
遠隔地間で演習やグループワークを行ったり、
オンラインラボ(演習環境)による自己学習などで、
アウトプットを行う流れが出てきています。


従来、教育におけるITは、主に知識・スキルを
インプットする手法として利用されてきました。
しかし昨今では、「見るだけ、聞くだけ」の
eラーニングに対する需要は減っています。


当社にeラーニングのご相談をいただくお客様にも、
eラーニングの後に別のアウトプットを絡めるなど、
e+何か」の提案を求められることが増えました。


e+何か」が一般化し、アウトプットの環境面で
ITがサポートできる範囲が広がっていけば、
いつの日かITが、学習者のモチベーションそのものへ
アプローチすることも可能になる日が来るかもしれません。






今回は個人的に気なっていることをつらつらと書きましたが、
今後は、「教育分野へのITの活用」をテーマに、
気になる情報を発信していきます。







[つれづれ]

 

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER