Trainocate Japan, Ltd.

「教育」×「IT」最前線

グローバルIT人材育成のリーディングカンパニー トレノケートの、eビジネス推進グループのメンバーがお届けするブログです。
「教育分野へのIT活用」という観点から、国内外のトレンドやトレノケートのサービス情報をつづります。

ホーム > 「教育」×「IT」最前線 > サービス紹介 > <やらせっぱなしにしていませんか?>導入事例から見るeラーニング運用のポイント

「教育」×「IT」最前線
[2015年4月30日配信]
<やらせっぱなしにしていませんか?>導入事例から見るeラーニング運用のポイント
執筆:黒澤 慎

こんにちは。

グローバルナレッジでは、新入社員研修の実施がまっただ中で、
あわただしくも充実した日々が続いております。

そんな中、グローバルナレッジの新宿ラーニングセンターでご受講の
フレッシュな新入社員の皆さんに、「お疲れさまです」などと
すれ違いざまに元気な声で挨拶されると、
こちらもエネルギーが湧いてきます。

こちらもエネルギッシュに頑張っていきます。


さて、今回はeラーニングの運用についてです。

eラーニングを導入している企業様はとても多いと思いますが、
正直、うまく運用できていないといったご相談をよくいただきます。

自社の社員にeラーニングという学習手段を提供しているものの、
どう利用するかは受講者任せにしているなど、
実質的に「やらせっぱなし」になっているケースが多いようです。


そこで、一つの成功事例を紹介いたします。
株式会社ラック様における『eラーニング受け放題パック』の導入事例です。

▼『緻密な運用が成功のカギ!』 株式会社ラック様の研修事例はこちら ▼


ラック様の事例では、次のような点が成功要因と言えます。

・予め研修全体の設計を描いていたこと
・導入前に運用シミュレーションを実施されたこと
・"やらせっぱなし"にしないための運用上の工夫をとりいれたこと


「研修設計」や「運用設計」を蔑ろにしては、環境だけ用意してもうまくはいかない、
ということですね。ぜひ、詳細について事例をご覧いただき、参考になさってください。



▼ラック様に採用いただいた定額制eラーニングサービス「受け放題パック」はこちら▼

[サービス紹介]

 

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER