Global Knowledge Japan

Glovalue ~世界をとらえる人、未来を変える人~
このブログでは、グローバルナレッジがご提供するビジネススキルコースに関連して
研修や日々の業務等を通して得られる様々な「気づき」や人材育成に関連した調査結果等、ご紹介します。

「創造性」と「協働力」を学ぶ - Glovalue 2017 イベントレポート

いつの日か、ロボットに仕事を取られてしまう日が来るかもしれない...
近頃の人工知能などのニュースと共に、そんな不安の声を耳にすることも出てきました。


しかし、IT化が進む現代だからこそ、機械にはできない人間ならではの能力をより発揮できる時代になってきているのではないでしょうか?
そんなAIやロボットに代替されない力、「共創」をテーマにしたイベントを2017年7月14日に開催いたしました。



◆ イベント概要
◆ 第一部:創造性を発揮するには
◆ 第二部:ワールドカフェ
◆ 第三部:協働力を養うには ~協働的リーダーシップ~





[イベント概要]
日時:2017年7月14日(金) 午後
場所:TKPガーデンシティお茶の水

共創の要素である、創造性(クリエイティビティ)と他社との協働力(クリエイティビティ)を身に着けられる2つのセミナーと、話し合いの手法である「ワールドカフェ」の体験を行いました。



[第一部:創造性を発揮するには]
トップバッターはグローバルナレッジマネジメントセンターのマスタートレーナー、宮浦 豊 講師。
演習やワークが中心にセッションが進み、参加者の皆さんの意見交換も盛んです。

Report01-Miyaura-san.png


<ポイント>
・新しい価値を生み出すためには、垂直思考から水平思考への切替が重要
 ■ 垂直思考:ロジカルシンキング。論理的に筋道を立てて考える
 ■ 水平思考:ラテラルシンキング。異なる視点や新しい組み合わせを考える
・視点を変えることで、解決策も変化する。これを「フォーカスの再定義」という


「視点を変える」ための演習をいくつか行う中で、もっとも盛り上がったのが、「ランダムワード」のワーク。これは新しいアイディアを作り上げていくための手段で、適当に選んだ言葉と、自分が取り組んでいるテーマとを無理やりにでも結び付けて、アイディアを生み出します。
今回のワークでは、指定したランダムワードからさらに連想して言葉をいくつか出し、お題と結びつける方法で行います。

職場でも取り入れたい!との声が多く上がりました。


Report01-randomword.png


お題:画期的なATM
ランダムワード:AKB48



お題:画期的なスマホ
ランダムワード:くらげ








「選挙の投票ができるATM」や「ATMの方が会いに来てくれる」など、斬新なアイディアが飛び出します。



[第二部:ワールドカフェ]

続けて、創造性を広げる話し合いの手法の1つとして、「ワールドカフェ」の体験です。
メンバーの組み合わせを変えながら小グループで話し合いを続けることにより、あたかも参加者全員が話し合っているような効果が得られます。


今回のお題は「働き方改革の実現」。

初めて体験する!という方がほとんどの中、メモがびっしり埋まるほどのアイディアが集まりました。


Report02-cafe.png



[第三部:協働力を養うには ~協働的リーダーシップ~]
最後のセッションの担当は、池照 佳代 講師。コーチングやマネジメントスキルの講師を行う傍ら、人事制度の設計支援なども行っています。

Report03-iketeru-san.png

よりよいアイディアを出し、それを実現することはひとりぼっちではできません。優れたチームを作るリーダーになるためのセッションは、こちらもワークを中心ににぎやかに進みます。

<ポイント>
・協働とは、同じ目的のために協力して働くこと
・優れたチームの協働に必要な要素
 1.目的・目標の共有
 2.プロセスの共有
 3.当事者意識
・協働的リーダーシップは、インタラクションが多く求められる場合に特に力を発揮する
・協働力を養うためには、場・関係(信頼)・意味づくりが重要


Report03-work.png


「信頼作り」のヒントとして、「自分なりの感謝の伝え方」を参加者同士で交換します。
2人と意見交換することで、感謝の示し方の引き出しが1つから3つに増えました。



どのセッションもワークや演習の割合がかなり多くありましたが、みなさん積極的に議論を交わされていて、全体を通して非常に活気があったイベントでした。
「普段交流のない他社の方の意見は刺激になった」というお声も。イベントでお伝えした以上のものをお持ち帰りいただけたようです!



なお、このイベントで一部をご体験いただいた「創造性」「協働的リーダーシップ」は、2日間の研修としてもご提供しています。

クリエイティビティ&イノベーション ~ 変革をもたらす創造性 ~
協働的リーダーシップ ~ コラボレーションを生み出しチームを結束する ~



[セミナー情報リーダーシップ][2017年7月23日配信]

「高額報酬」をとるか「やりがい」をとるか、それが問題だ

「メンバーのパフォーマンスが思うように上がらない・・・・」


マネージャやリーダーの立場になったら、一度はぶつかる悩みではないでしょうか。


今後ホワイトカラーの「機械的な仕事」がITに置き換わっていくにつれて、「コラボレーション(協働力)」や「クリエイティビティ(創造力)」が要求される仕事が増えると予想されています。
多様な背景をもつビジネスパーソンが協力して1つの目標を目指し、最大の相乗効果を生み出すには、各メンバーの「モチベーション」をあげることが必要です。


ここでひとつ例題です。想像してみてください。


あなたは新規事業の立ち上げを任されて、複数の部署からメンバーを何名かアサインしてもらいました。
メンバーのパフォーマンスを高めるために、あなたなら、どちらの方針をとりますか?


A) 目標を達成した人に、高額な報酬をあげよう!
  各メンバーに、数値目標とそれを達成した際の高額報酬を用意しよう!

B) 人間は好きなこと、成長できる仕事している時に最もパフォーマンスを出す。
  適材適所、メンバーの特性や指向を見てタスクを振るようにしよう!



ここで、報酬とパフォーマンスに関する実験をご紹介します。イスラエル系アメリカ人で心理学・行動経済学の教授、ダン・アリエリー氏が学生を対象に実験を行った結果、次のようになりました。


「機械的にできるタスク」である場合は、Aのような「これを達成したら、これをあげる」という"飴と鞭"方式の金銭的報酬(外的動機付け)が最も機能しました。

対して、「クリエイティビティが要求されるようなタスク」の場合は、高い報酬は逆に低いパフォーマンスしか生まなかったのだそうです。


この実験の結果を受けて、「モチベーション3.0」という著作を持つダニエル・ピンク氏は
TEDの講演にてこのように述べています。(要約)

  • タスクの性質により、パフォーマンスを上げるための「報酬」は異なる。
  • 機械的なタスクの生産性を上げるには、外的動機付けである金銭的な報酬が有効
  • クリエイティビティが要求されるタスクの生産性を上げるのは、内的動機付け
  • 「自主性」「成長」「目的」が重視される環境を提供することが有効

例題の「新規事業の立ち上げ」はもちろん、「クリエイティビティが要求される仕事」ですので、おそらくBの内的動機付けがより大きく影響する、と予測されます。


冒頭で触れたように、今後は「機械的な仕事」より「クリエイティビティが要求される仕事」が増えると予測されています。近い将来、企業のするべき「モチベーション」の管理方法は、 大きく変わってくるのかもしれません。

AMAでは、協働する際のコツやヒントについて、トレーニングコースをご用意しています。
個々のメンバーの能力を最大限に引き出し、チームに信頼感と結束を生み出すための意識とスキルを習得します。


協働的リーダーシップ ~ コラボレーションを生み出しチームを結束する ~


ダニエル・ピンク氏の講演について、より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
「やる気に関する驚きの科学」

[リーダーシップ][2017年6月21日配信]

先の読めない時代、リーダーは何をすべきか?

時代を表す言葉 VUCA(ブーカ)

vuca.png

VUCA(ブーカ)とは、

  • Volatility(変動)
  • Uncertainty(不確実)
  • Complexity(複雑)
  • Ambiguity(曖昧)
の頭文字をとった造語です。もともとは軍隊用語ですが、ビジネスの世界では、企業を取り巻く環境が不安定で不確実、かつ複雑で曖昧模糊な状況という意味です。
つまり、まったく先が読めない時代です。過去、現在の延長線上に考える未来でない可能性が高いのです。



VUCA時代のビジネスの特徴


VUCA時代のビジネスの特徴は、「イノベーション」「新規参入」です。例えば、自動車の分野で、自動運転技術がこんなに早く実現されたり、AppleやGoogleが参入するとは、数年前の時点ではほとんどの方が予測していなかったのではないでしょうか。

VUCA時代のリーダーに必要なこと


このようなVUCAの時代では、さまざまな未来に起こり得る出来事に対して、いかに複数のビジネスストーリー(シナリオ)を描ききることができるかが重要な鍵となってきます。ビジネスストーリーを描くには、マクロ環境における環境認識力や課題抽出力、過去と未来を繋げるトレンド洞察力なども必要です。そのビジネスストーリーには正解はありません。複数のビジネスストーリーを描き、準備しておくことが重要です。
また、VUCA時代には、リーダーだけでなくメンバーも想定外のことでも対応できるように心構えをしておくことです。VUCA時代に必要な能力は次の3点に集約されます。

  • 物事の本質を見極める力であるクリティカルシンキング
  • 複数のビジネスストーリーを描く力
  • 変化に対応できる柔軟な組織力

貴社においてもVUCA時代のリーダー育成を検討されませんか。



<おすすめの研修>

【PDU対象】VUCA時代のリーダーシップ

本研修を受講された後、ご自身で作成されたビジネスストーリーに関して、担当講師より電話コーチングを受けていただくことができます。


【PDU対象】クリティカルシンキング

[リーダーシップ][2017年3月29日配信]

「お父さん、旅行に行こうよ」 これもリーダーシップ?

小学生の子供とその父親との会話です。

子供:「お父さん、冬休みに旅行に行こうよ。夏休みも旅行に行っていないから、
   どこか行こうよ。」
父親:「そうだね。じゃあ、冬休みに2泊3日くらいで旅行に行こうか。
   お父さんが頑張って計画を立てるね。」


「リーダーシップとは何か?」諸説ありますが、共通している点は、
「目的を達成するための影響力」です。
child.jpg
前述の会話では、子供の要望に応じて、父親が旅行の計画を立てることになりました。この場合、子供はメッセージを発して、意図した方向に父親の行動を促しました。子供がリーダーシップを発揮したと言うことができます。このようにリーダーシップは、誰でも発揮できるものです。


相手に対しての影響力を与える要素として、次のことが考えられます。
 ● 容姿
 ● 人格
 ● 行動
残念ながら、容姿や人格はなかなか変えることができません。


変えることができるのが行動
中でも、声(ボイス)を通じて、次のことを導いていくことができれば、組織はうまく回っていきます。
 ● Mission, Vision, Value
 ● Inspire, Motivate
 ● Action


グローバルナレッジのトレーニングコース『ボイス・オブ・リーダーシップ』は、この声(ボイス)に着目してリーダーシップ力を伸ばしていきます。コースでは、次の事項をツール等を活用しながら修得します。


 (1) リーダーとしての方向性を明確に示す
 (2) 部下やメンバーを動機づけして意欲を高める
 (3) 効果的なメッセージ組み立てて伝え、行動を促す


【PDU対象】ボイス・オブ・リーダーシップ


「旅行」というプロジェクトのマネジャーとして活動するお父さんに、ご関心がある方におすすめのコラムは『PM道場』です。弊社の講師が、プロジェクトマネジャーとしての心得や極意を連載しています。


[リーダーシップ][2016年12月12日配信]

「メンバーは動いてくれない」それは上司のあなたの思い込みかもしれません

自分が想像している以上に、部下ひとりひとりは考えている。

そう感じたことはありませんか?


「部下が自主的に動かないのは彼らのやる気が問題で、一生懸命

働きかけているのにちっとも動いてくれない。」

...本当にそうでしょうか?

gvblog_manager.jpg

 













昨年同様、新入社員研修がひと段落するこの時期から、グローバルナレッジの
ヒューマンスキル研修の中で人気が高まるコースが
中堅社員のためのチームワークとリーダーシップ」です。

このコースは名前の通り、「中堅社員」の立場にある方ひとりひとりが

「自分に何ができるか」を主体的に考え、効果的なリーダーシップの

発揮方法を学ぶコースです。

 

コース開始時によく聞かれるのは「職場がうまく回ってないと思うけれど、

でも回すのは私の仕事ではありません」というものだそうです。

その一方で、課題意識を持っているけれど、どう働きかけてよいかわからない、
という声もあるのだそうです。

 

ビジネスの動きが速くなる昨今のマーケットの中で、管理職業務のみに携わる

マネジャーはもはや、ほとんどいないでしょう。プレイングマネジャーである

限り、管理職に期待される「働く環境の整備」まで手が回らない!と、その
ジレンマに悩んでいる方も多いことでしょう。


ここは、「管理職の自分が全部やらないと!」という想いを捨ててはいかがでしょう?


チームメンバーの彼らが考えていることを引きだし、彼ら自身に自らリーダー
シップを
発揮して動いてもらうというのも手ではないでしょうか?

 

実務に携わっている彼らだからこそ、変えられる領域が必ずあるはずです。

任せた後には、ひと回りもふた回りも成長した彼らが見られる、かもしれません。



中堅社員のためのチームワークとリーダーシップ

 ~チームの関係強化とパフォーマンス向上~



<その他部下の能力を引きだすコース>


マネジメント・コーチング ~部下の目標設定から達成までを支援するスキル~



 

[セミナー情報リーダーシップ人材開発][2016年6月25日配信]

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはグローバルナレッジネットワーク株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Global Knowledge Network Japan, Ltd. 2008-2016, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER