Trainocate Japan, Ltd.

Glovalue ~世界をとらえる人、未来を変える人~
このブログでは、トレノケートがご提供するビジネススキルコースに関連して
研修や日々の業務等を通して得られる様々な「気づき」や人材育成に関連した調査結果等、ご紹介します。

仕事ができる人に見られたい

「仕事ができる人」といえば、どのような人を思い浮かべますか。
例えば、その人のプレゼンテーションを聞くと「なるほど」といつも思ってしまうようなことはありませんか。


仕事ができる人の多くは、論理的に伝える手法を身につけています。

今回は、論理的に伝える手法の中からPRESモデルを紹介いたします。PRESモデルとは、次の4つの言葉の頭文字をとったものです。


Point(要点) DEKIRU.jpg
主張したいことのポイントを一言で述べる
Reason(理由)
主張の根拠となる理由を述べる
Example(例)
理由の根拠となる具体例や納得を促す例え話をする
Summary(まとめ) 
以上のことを簡潔にまとめて述べる


実際にPRESモデルを使って述べると、以下のようになります。

●Point(要点)
「今回、〇〇を提案します」   
●Reason(理由)
「なぜならば、・・」 
●Example(例)
「例えば、・・・」
●Summary(まとめ)
「このようなことを踏まえて、〇〇を提案します」


多民族国家である米国では、子供の頃から論理能力を鍛えていると言われています。
論理的に「聴き」、「考え」、「話す」能力。グローバル化が加速する現在のビジネス環境においてこれらのスキルは、日本人にとっても必要性が高まっています。

次のコースでは、相手が誰でどのような状況にあっても、自分の考えを論理的に整理し、それを正しく伝え、相手を納得させるスキルを修得します。このスキルを修得することが、仕事ができる人への道に通じていきます。


【PDU対象】論理的コミュニケーション

上記コースを担当している弊社講師 上田 禎(うえだ ただし)の著書が出版されました。

『ビジネスはロジカルに伝える! わかりやすく、論理的なプレゼンの技術』


上田 禎(うえだ ただし)の紹介はこちら
http://www.amajapan.co.jp/interview/j/faculty3/

[コミュニケーション][2017年1月24日配信]

 

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER