Global Knowledge Japan

Glovalue ~世界をとらえる人、未来を変える人~
このブログでは、グローバルナレッジがご提供するビジネススキルコースに関連して
研修や日々の業務等を通して得られる様々な「気づき」や人材育成に関連した調査結果等、ご紹介します。

ロジカルシンキングは万能か?

ロジカルシンキング(代表的なツールとして、ロジックツリーなどがあります)は非常に有効なものですが、使い方を誤ると、生産性を下げてしまう場合もあります。

MECE.png
A社では、経営層が事業本部長からの報告を受ける際、ロジカルシンキングを使用するように要求しました。すると、事業本部長は、部長に同様の要求をしました。次は、部長が課長に、課長が担当者にと進んでいきました。その結果、どうなったと思いますか。

A社では、担当レベルのちょっとした企画書までもMECEを意識してロジックツリーを書くようになりました。その結果、書類作成のために多くの時間を費やし、生産性の低い組織になってしまいました。

ロジカルシンキングとは、もともとコンサルタント会社が経営層に説明する際に使用したものです。広い視点で物事を考える経営層に対応するためには、MECEが必要だからです。

担当レベルの内容であれば、説明する際は「主張+根拠」で十分な場合が多いものです。ロジカルシンキングは、状況に合わせて使用することをおすすめします。

また、ロジカルシンキングクリティカルシンキングが同義語のように思っていませんか。AMAの「クリティカルシンキング」は、状況を正確に理解するため、証拠を集め、評価し、適切で効果的な行動をとるための結論を引き出す思考プロセスです。評価するプロセスで、一部ロジカルシンキングを使用します。

おすすめの研修
●物事の本質を見極める目と思考力を身につけたい方には、

●自分の考えを論理的に整理し、それを正しく伝え、相手を納得させるスキルを身につけたい方は、

[クリティカルシンキング][2017年3月 6日配信]

 

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはグローバルナレッジネットワーク株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Global Knowledge Network Japan, Ltd. 2008-2016, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER