Trainocate Japan, Ltd.

Glovalue ~世界をとらえる人、未来を変える人~
このブログでは、トレノケートがご提供するビジネススキルコースに関連して
研修や日々の業務等を通して得られる様々な「気づき」や人材育成に関連した調査結果等、ご紹介します。
ホーム > Glovalue ~世界をとらえる人、未来を変える人~ > マネジメント > マネジャーの一言「それは違う」

マネジャーの一言「それは違う」

次の中で正しいのは、どれですか。


(1) 9+6=3 diversity.jpg
(2) 9-6=3
(3) 3-2=1
(4) 12+12=12 


正解は、すべて正しいです。

9+6=3  12+12=12は、時間で考えてみてください。9時に6時を足すと15時(3時)となります。


今日、さまざまな視点で物事をとらえる必要が出てきています。


しかし、なかなか多様性をはぐくむこと難しいのが現状です。


例えば、組織の中で話し合いをしている際に、マネジャーが「それは違う」と言ってしまうと、いろいろな意見が出にくい場になってしまいます。「違う」という言葉には"different" "wrong"の意味がありますが、多くの場合"wrong"と解釈されがちだからです。


マネジャーのほんの一言が大きな影響を与えます。マネジャーは、常に多様性(ダイバーシティ)の意識をもつことが必要です。マネジャーにはこの「多様性(ダイバーシティ)の意識」をはじめとして、「経営者の視点」「責任意識」「ビジョンを実現するための目標意識」と4つの意識が求められます。


【PDU対象】エッセンシャルマネジメントスキル ~ 人を通して成果をつくる ~

上記コースでは、これらの意識を高めるとともに、マネジャーとして必要な基本スキルを構築することでより主体的且つ変化への対応力に高いマネジャーを育成します。


また、ダイバーシティに特化して学びたい方には、次のコースをおすすめします。
【PDU対象】ダイバーシティマネジメント

[マネジメント][2017年2月10日配信]

 

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER