Global Knowledge Japan

Glovalue ~世界をとらえる人、未来を変える人~
このブログでは、グローバルナレッジがご提供するビジネススキルコースに関連して
研修や日々の業務等を通して得られる様々な「気づき」や人材育成に関連した調査結果等、ご紹介します。

「創造性」と「協働力」を学ぶ - Glovalue 2017 イベントレポート

いつの日か、ロボットに仕事を取られてしまう日が来るかもしれない...
近頃の人工知能などのニュースと共に、そんな不安の声を耳にすることも出てきました。


しかし、IT化が進む現代だからこそ、機械にはできない人間ならではの能力をより発揮できる時代になってきているのではないでしょうか?
そんなAIやロボットに代替されない力、「共創」をテーマにしたイベントを2017年7月14日に開催いたしました。



◆ イベント概要
◆ 第一部:創造性を発揮するには
◆ 第二部:ワールドカフェ
◆ 第三部:協働力を養うには ~協働的リーダーシップ~





[イベント概要]
日時:2017年7月14日(金) 午後
場所:TKPガーデンシティお茶の水

共創の要素である、創造性(クリエイティビティ)と他社との協働力(クリエイティビティ)を身に着けられる2つのセミナーと、話し合いの手法である「ワールドカフェ」の体験を行いました。



[第一部:創造性を発揮するには]
トップバッターはグローバルナレッジマネジメントセンターのマスタートレーナー、宮浦 豊 講師。
演習やワークが中心にセッションが進み、参加者の皆さんの意見交換も盛んです。

Report01-Miyaura-san.png


<ポイント>
・新しい価値を生み出すためには、垂直思考から水平思考への切替が重要
 ■ 垂直思考:ロジカルシンキング。論理的に筋道を立てて考える
 ■ 水平思考:ラテラルシンキング。異なる視点や新しい組み合わせを考える
・視点を変えることで、解決策も変化する。これを「フォーカスの再定義」という


「視点を変える」ための演習をいくつか行う中で、もっとも盛り上がったのが、「ランダムワード」のワーク。これは新しいアイディアを作り上げていくための手段で、適当に選んだ言葉と、自分が取り組んでいるテーマとを無理やりにでも結び付けて、アイディアを生み出します。
今回のワークでは、指定したランダムワードからさらに連想して言葉をいくつか出し、お題と結びつける方法で行います。

職場でも取り入れたい!との声が多く上がりました。


Report01-randomword.png


お題:画期的なATM
ランダムワード:AKB48



お題:画期的なスマホ
ランダムワード:くらげ








「選挙の投票ができるATM」や「ATMの方が会いに来てくれる」など、斬新なアイディアが飛び出します。



[第二部:ワールドカフェ]

続けて、創造性を広げる話し合いの手法の1つとして、「ワールドカフェ」の体験です。
メンバーの組み合わせを変えながら小グループで話し合いを続けることにより、あたかも参加者全員が話し合っているような効果が得られます。


今回のお題は「働き方改革の実現」。

初めて体験する!という方がほとんどの中、メモがびっしり埋まるほどのアイディアが集まりました。


Report02-cafe.png



[第三部:協働力を養うには ~協働的リーダーシップ~]
最後のセッションの担当は、池照 佳代 講師。コーチングやマネジメントスキルの講師を行う傍ら、人事制度の設計支援なども行っています。

Report03-iketeru-san.png

よりよいアイディアを出し、それを実現することはひとりぼっちではできません。優れたチームを作るリーダーになるためのセッションは、こちらもワークを中心ににぎやかに進みます。

<ポイント>
・協働とは、同じ目的のために協力して働くこと
・優れたチームの協働に必要な要素
 1.目的・目標の共有
 2.プロセスの共有
 3.当事者意識
・協働的リーダーシップは、インタラクションが多く求められる場合に特に力を発揮する
・協働力を養うためには、場・関係(信頼)・意味づくりが重要


Report03-work.png


「信頼作り」のヒントとして、「自分なりの感謝の伝え方」を参加者同士で交換します。
2人と意見交換することで、感謝の示し方の引き出しが1つから3つに増えました。



どのセッションもワークや演習の割合がかなり多くありましたが、みなさん積極的に議論を交わされていて、全体を通して非常に活気があったイベントでした。
「普段交流のない他社の方の意見は刺激になった」というお声も。イベントでお伝えした以上のものをお持ち帰りいただけたようです!



なお、このイベントで一部をご体験いただいた「創造性」「協働的リーダーシップ」は、2日間の研修としてもご提供しています。

クリエイティビティ&イノベーション ~ 変革をもたらす創造性 ~
協働的リーダーシップ ~ コラボレーションを生み出しチームを結束する ~



[セミナー情報リーダーシップ][2017年7月23日配信]

経団連事業サービス主催「グローバルリーダー養成ワークショップ」

一般社団法人 経団連事業サービス主催のセミナーに
AMAの「グローバルリーダー養成ワークショップ」が今年も採用されました。


本ワークショップでは、3日間の合宿を通して、実際に経験を積まなければ身につけるのが難しい異文化理解やグローバル環境でのビジネス遂行力などを、疑似体験しながら学んでいきます。架空の米国企業が日本でビジネスを展開すると想定し、その上で課題となる人材のマネジメントや戦略立案、マーケットの特定など、アクションラーニングの形式で進めていきます。多くの議論を通して、さまざまなアイデアや気づきを促していきます。


講師は、米国を中心に多くのグローバル企業でグローバルリーダー育成に従事している
Dr. Don Gilmanが担当します。

詳細は、経団連事業サービス主催「グローバルリーダー養成ワークショップ」(経団連事業サービスのページ)をご参照ください。


ama.png
AMA関連コースはこちら

Dr. Don Gilman
Don.jpg
【略歴】
米国カリフォルニア在住。技術経営の理学修士、組織変革で博士号を取得。
General MotorsやRobert Bosch GmbHにおいて、専門的な技術指導やマネジメント業務に従事。Robert Boschではドイツ勤務を経験。現在はグローバル実務経験を活かし、世界各国でグローバルリーダー育成に注力している。



[セミナー情報][2017年2月15日配信]

社会現象まで引き起こす! 発想の転換

通勤途中に新宿中央公園の横を通りますが、この暑い天気にもかかわらず、朝から公園の人通りが異常です。


数週間前から話題沸騰(?!)のポケモンGO。皆さんはお試しになりましたか?


ゲームといえば室内で楽しむものという前提を覆し、ポケモンGOが人を外に連れ出す効果は、ある意味これまでの常識を覆す斬新なアイディアだと感じます。


同時に仮想と現実の混じった環境を体験できるものとして、テクノロジーの進化の速さも感じます。


現在ある「当たり前なもの」を利用しつつ、固定観念を外して

新たなアイデアを考え、新しいビジネスを創り出していくことは、

creativity_0524.jpgのサムネール画像

くの企業が望んでいることです。

創造性革新は、今、最も求められている人材のキーワードでしょう。


創造性は、「無」から「有」を創り出すのではなく、今あるものを組み合わせて考えていくことができます。


一見簡単のようですが、意外と難しい創造性。しかし、ほんの少しのコツを知ることによって誰でもできるようになります。


<関連コース>

クリエイティビティ&イノベーション

2016年開催の定期コースは、年内実施確定です。


上記コース「クリエイティビティ&イノベーション」の一部を無料で体験できます。特別セミナー G-Tech 2016の一部のセッションで提供中。


東京会場:10月14日(金) 15:20~16:15

大阪会場:11月2日(水) 13:30~14:25

詳細申し込みは、こちら

特別セミナー G-Tech 2016 デジタル・ビジネスの成功の鍵は『人』


[セミナー情報][2016年7月29日配信]

チームとしてのコラボレーションは、案外簡単でないことにお気づきですか?


F1のレース動画。
レース中の車が燃料補給やタイヤ交換のためにピット(修理場)に入った瞬間、
一斉に修理担当の人たちがそれぞれの役割を果たすべく動き、数十秒の間
に車が再び動きだす・・・そんなシーンを一度は見たことがあるのではないでしょうか?

f1.jpg














各々が持つ高い専門性と技術をうまくコラボレーションすることによって、
より高い次元の結果を生み出す。

ビジネス環境やそれに関わる人たちが、複雑且つ、多様になるに伴い、かつて
日本が得意としてきたチームとしてのコラボレーション(協働力)の発揮が
難しくなってきました。

その背景には、「あれだよね?」と言えば通じた環境、限られた情報源の中で
物事を推し進められた環境から、情報があふれ、異なる解釈や考え方が
多様化している環境への変化、という背景があるのだと思います。

チームとしての成果が求められるのがビジネスの現場。
それゆえに、ここ最近になって改めて、チームの一員としての意識や、信頼関係を築く
コラボレーションの必要性が高まってきているからか、当社のコラボレーションコース
へのお申込みがジワジワと増えつつあります。


良好なチームワークにはコツが要ります。
チームメンバーがそれを知っているのといないのとでは、結果は大きく変わります。
チームとしてコラボレーションして成果を出すことは、案外簡単ではないのです。


<お薦めコース>








[セミナー情報人材開発][2016年7月24日配信]

「メンバーは動いてくれない」それは上司のあなたの思い込みかもしれません

自分が想像している以上に、部下ひとりひとりは考えている。

そう感じたことはありませんか?


「部下が自主的に動かないのは彼らのやる気が問題で、一生懸命

働きかけているのにちっとも動いてくれない。」

...本当にそうでしょうか?

gvblog_manager.jpg

 













昨年同様、新入社員研修がひと段落するこの時期から、グローバルナレッジの
ヒューマンスキル研修の中で人気が高まるコースが
中堅社員のためのチームワークとリーダーシップ」です。

このコースは名前の通り、「中堅社員」の立場にある方ひとりひとりが

「自分に何ができるか」を主体的に考え、効果的なリーダーシップの

発揮方法を学ぶコースです。

 

コース開始時によく聞かれるのは「職場がうまく回ってないと思うけれど、

でも回すのは私の仕事ではありません」というものだそうです。

その一方で、課題意識を持っているけれど、どう働きかけてよいかわからない、
という声もあるのだそうです。

 

ビジネスの動きが速くなる昨今のマーケットの中で、管理職業務のみに携わる

マネジャーはもはや、ほとんどいないでしょう。プレイングマネジャーである

限り、管理職に期待される「働く環境の整備」まで手が回らない!と、その
ジレンマに悩んでいる方も多いことでしょう。


ここは、「管理職の自分が全部やらないと!」という想いを捨ててはいかがでしょう?


チームメンバーの彼らが考えていることを引きだし、彼ら自身に自らリーダー
シップを
発揮して動いてもらうというのも手ではないでしょうか?

 

実務に携わっている彼らだからこそ、変えられる領域が必ずあるはずです。

任せた後には、ひと回りもふた回りも成長した彼らが見られる、かもしれません。



中堅社員のためのチームワークとリーダーシップ

 ~チームの関係強化とパフォーマンス向上~



<その他部下の能力を引きだすコース>


マネジメント・コーチング ~部下の目標設定から達成までを支援するスキル~



 

[セミナー情報リーダーシップ人材開発][2016年6月25日配信]

人気のビジネススキルコース:今週のトップ10(6/20)

梅雨に満開となるアジサイもそろそろ終わりを迎えますね。

flower.jpg




















慌ただしく半年が終わり、ちょっと立ち止まって下期に向けて考えたいと

思うタイミングではないでしょうか。

本日、この7~9月に実施予定コースの中でもお申し込みをいただいている

コースのトップ10ご紹介したいと思います。


世の中のビジネスパーソンはどのようなスキルを求めて動いているのか?

上半期を振り返り、私や私の部下にはどのようなスキルアップが必要なのか?

このラインアップから見えてくることもあるのではないでしょうか?

 

10位 ロジカル・シンキングによる問題解決


9位 ビジネスプレゼンテーションスキル

 

8位 戦略的コミュニケーション

 

7位 クリティカルシンキング

 

6位 プレゼンテーション・スキル  実施編
           ~わかりやすい話し方と相手を動かす説明力~

 

5位 成果に繋がる協働力

 

4位 ビジネス・ファシリテーション
          ~納得感のある会議、円滑なチーム活動のための話し合う技術~

 

3位 ITプロフェッショナルのための会計の基礎
          ~企業活動における会計処理の流れが身につく!~

 

2位 ネゴシエーション・スキル基礎 ~Win-Winの関係を構築するために~

 

1位 中堅社員のためのチームワークとリーダーシップ
          ~チームの関係強化とパフォーマンス向上~


貴社の育成計画にお役立てください。


[セミナー情報][2016年6月19日配信]

"ないない"づくしの人材開発?人材育成先進国アメリカでもこの現状?!では、私達は・・・?


522-25に米国で開催されたATD (Association of Talent Development)
International Conference and Exposition
。世界でもっとも大きなこの
研修と人材開発のイベントで、
AMAが緊急アンケートを取ったところ、

驚くべき事実がわかりました。

今回はそれを共有します。


合計200名の参加者に聞いてわかった驚くべき事実とは...??


 


事実1:49.3%の人材開発担当者が、
    自社のゴールと社員のスキルが同期していない
と回答


事実2:43.8%の回答者が、
    会社はトップ人材のリテンション対策をうまく実施できていない
と回答


事実3:50.3%の人材開発担当が、
    明確なジョブディスクリプションがない
と回答


事実4:49.3%の回答者が、
    自社は定期的に人材の能力を査定していない
と回答


事実5:56.6%の回答者が、
    自社では人材開発の成果を図る分析ツールを使用していない
と回答


 

世界から人が集まるイベントとはいえ、人材育成先進国と言われるアメリカで
取られたこの事実を皆さんはどう受け止めますか?

 

10年後には明らかな労働力不足に陥る日本としては、この結果を

実態として認識し、対策を本気で考える必要があるのだと思います。

 

 

ところでイベントといえば、7月に東京ビックサイトで開催されるHR Expo
グローバルナレッジグループとして出展します。

この展示会は人事労務・教育・採用関連が一堂に出展する日本一の規模を誇りる
展示会です。

 

グローバルナレッジグブースでは、新入社員向け、中堅・リーダー向け
人材育成コースの他、マネジャーから経営者向けにはアメリカを代表する
教育研修機関AMA(American Management Association)のコースを
ご紹介致します。出展内容はこちら

 

また先日このブログでも一部をご紹介した調査結果「AMA市場調査概要:
高業績企業を支えるビジネススキルとは」
のフルバージョンを無料配布する
予定です。ぜひお立ち寄りください!

 

HR EXPOの詳細はこちら(HR EXPOサイト)

http://www.hr-expo.jp/

 


[セミナー情報][2016年6月 8日配信]

研修での教訓は本番で成功するための予行練習

球春到来♪

200pxsize__baseball-in-the-grass-1557579-639x426.jpg

スポーツニュースでプロ野球のキャンプの様子が必ず話題になってくるこの時期。
昨年新たにプロとなった注目選手の動向や、プロ〇〇年目を迎えたベテラン選手
の仕上がり具合など、話題は事欠きません。

まもなく始まるオープン戦は、オフ期間に新たに習得した球種を試してみたり、
フォーム改造した結果の打撃を試してみたりと、選手にとって今季、より活躍する
ための"予行練習"の場。
この結果を受けて本番に臨むための収穫や反省を得るのです。
その場を最大限に活かすために、用意周到に臨んだ選手こそが、シーズンでも
結果を出しているのだと思います。

研修は、新しい知識を得るために参加する、と考えられることが多いでしょう。
それと同時に、これまでの知識やスキルを試し、自分自身の「良さ」や「課題」を
知ることもできるビジネスパーソンにとっての予行練習の場だと言えます。


◆3か月後に海外赴任が決まりました。現地の社員とうまくやっていけるかどうか
  不安です。

◆4月から昇格することになりました。初めて部下がつきます。
  彼らをどうマネジメントすれば良いでしょうか?

◆大事なプレゼンを一か月後に控えています。今のままのプレゼン力で大丈夫
   でしょうか?


『本番』に向けて不安のない人はいません。
あれこれ心配する前に、まずは「研修」を練習の場として設定し、色々試してみるのも
一手ではないでしょうか?


2016年7月以降のAMA公開セミナースケジュールが決まりました。
皆さんの大事な『本番』に合わせて、是非ご活用ください。


2016年7月以降のAMA公開コースカレンダーはこちら



[セミナー情報][2016年2月29日配信]

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはグローバルナレッジネットワーク株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Global Knowledge Network Japan, Ltd. 2008-2016, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER