Global Knowledge Japan

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~
ホーム > Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~ > ITスキルトレーニング情報

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~コラム
Linuxトレーニング大幅リニューアル!CentOS 7にシェルプログラミングも
執筆:PR担当

LinuxNovelty2.jpg
▲講師の私物。某社のイベントでいただいたそうです。
 持ち主からは「空色に染まったタックス(ペンギン)に魂が揺さぶられる......」とロックなコメントが。


先日、こちら↓のニュースが発表されるなど、Linuxに関する話題をちょこちょこ目にします。

[速報]マイクロソフトがThe Linux Foundationへ加盟、プラチナメンバーとして。

グローバルナレッジでもLinux関連コースをご受講、お問い合わせのお客様が(じわじわ)増えているのです。


「Linuxは踏み台。手順書通りにコマンドを打つだけ......でもちょっと気になる」
「部内のLinuxマシンを引き継いだけど、シェルスクリプトのメンテができないorz」

そんなあなたは、ぜひぜひ、研修にお越しください。

<研修のここが素敵>
  • すでにできあがった環境がある
  • 教材と演習が整備され、体系的に学べる
  • 講師に質問できる
  • 業務から離れて集中できる ←重要

「LinuxなんてOSSなんだから、ITエンジニアなら独学でしょ!」
と言われていたのも今は昔。ITエンジニアは忙しいのです!

教室に来てしまった方が、修得がきっと早いと思いますよ~。


さてここで、重要なお知らせです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   Linuxトレーニングのカリキュラムを大幅リニューアルしました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆改定ポイント1☆ CentOS 7 に対応
☆改定ポイント2☆ シェルプログラミングコースを定期提供開始

▼Linuxエンジニア向けコースフローはこちら▼
http://www.globalknowledge.co.jp/reference/flow/40-7.html


Linuxオペレーション入門
基本のコマンド操作やBashの機能を豊富な演習でしっかり修得。
 >> コース詳細・お申し込みはこちら

Linuxシステム管理入門
システム管理の基礎をマスター。旧バージョンからの差分修得にも。
 >> コース詳細・お申し込みはこちら


Bashシェルプログラミング
管理者の「たしなみ」として、シェルプログラミングはもはや必須。
 >> コース詳細・お申し込みはこちら


コース開始は年明け1月からの予定です。
ペンギンも鳥のお仲間ということで、2017年はLinuxにもご注目です!

[ITスキルトレーニング情報][2016年11月21日配信]

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~コラム
読み書き、そろばん、Pythonプログラミング

Python (パイソン)は、オブジェクト指向スクリプト言語です。PerlやRubyと比べると、日本ではあまり知られていませんが、GoogleやFacebookをはじめ、メジャーなサイトで使用されており、世界では非常に普及している言語の1つです。

このPythonは、以下のようなさまざまな所で使用されています。

●Webアプリケーション
●インフラの構成管理ソフトのバックエンドの言語
●OpenStack
●データ分析
●ロボットのアプリケーション
●機械学習アプリケーション   などなど。
Python.jpg

これまで、「プログラミング=アプリケーション開発技術者」と思いがちでしたが、これからは、インフラエンジニア、データアナリストなどの方もPythonを修得する必要があります。

また、日本では、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されます。まさに、「読み書き、そろばん、プログラミング」です。Pythonは、比較的文法が容易なため、初めてプログラミングを学ぶ方にも最適な言語です。今まで、プログラミングに全く関係のなかった方も、たしなみとして、Pythonを学んでみませんか?

グローバルナレッジでは、Pythonプログラミングのコースを12月より開催します。


2016年12月15日~2016年12月16日開催分に限り

「Python って何?」という方は、まずは無料セミナーで情報収集されませんか。
<無料セミナー>
~プログラミング言語としての可能性を探る~
2017年1月13日(金) 新宿 開催




[ITスキルトレーニング情報][2016年11月11日配信]

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~コラム
Webアプリケーション開発の最前線 vol.2 サーバー・サイド

前回」はクライアント・サイドのWebサイトを紹介しました。 

今回は、サーバー・サイドについてご紹介します。


サーバー・サイドとは?

グローバルナレッジのサイトで確認します。

トップページで「JavaScript」と検索キーワードを指定し、検索ボタンをクリックします。

 web2-1.png


次のページでコースやセミナーの一覧が出ました。


 Web2-2.png


この内容はWebサーバーの中にあるプログラムがデータベースから「JavaScript」というキーワードを検索し、検索結果を表示用のレイアウトに合わせてコンテンツを作成し、配信します。その結果をWebブラウザーは参照しています。


このような仕組みを「サーバー・サイド アプリケーション」と呼びます。

アプリケーションプログラムはデータベースからの検索だけでなく、

ショッピングカートに入った商品をブラウザーごとに区別したり、ログインしたユーザーの管理なども行っています。

現在のショッピングサイトなどには必須の機能ですね。


プログラム言語としては、JavaASP.NETPHPなどが有名で、いずれも標準的なテンプレートパーツ群、フレームワークと呼ばれる機構などが充実しています。

 

グローバルナレッジでは、Java対応コースとして、「サーブレット&JSPプログラミング」を、Microsoft社のソリューションであるASP.NETを使った 「ASP.NET Webフォームプログラミング」のコースがあります。


■無料セミナーのご案内


グローバルナレッジでは、株式会社カサレアルとの共催で、クライアント・サイド Web開発アプリケーションの最前線を御紹介する無料セミナーを開催します。

CASAREAL1003.png


 ▼詳細・お申し込みはこちら▼ 

最新のWebテクノロジーや各種ライブラリー/フレームワーク、有用な開発ツールなどを紹介し、スキル・アップや体制づくりの指針を提供します。 
皆様のご参加をお待ちしています。

----------------------------------------------------------------------------------
執筆:大貫 淳子

グローバルナレッジ ネットワーク株式会社 
ラーニングサービス本部に所属。 
Web開発関連トレーニングを担当。
----------------------------------------------------------------

[ITスキルトレーニング情報グローバルナレッジからのお知らせセミナー情報][2016年9月26日配信]

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~コラム
<新コース紹介>クラウドの構築・運用にも、ロードバランサ―/ADCの知識は必須 ~ロードバランサー入門~
執筆:PR担当

グローバルナレッジでは、演習を通してロードバランサーの基本機能を体験する入門コース、「ロードバランサー入門」 をリリースしました。

現在、ロードバランサーは負荷分散装置という枠を超えて、アプリケーショントラフィックの挙動に合わせてさまざまな制御ができるADC:Application Delivery Controllerと呼ばれ、WAN回線の高速化・セキュリティ目的でも使用されるようになっています。

またクラウドの発展により、クラウド上でロードバランサーを導入した拡張性・可能性の高いシステム構築を容易にできるようになっています。

本コースは、ロードバランサー/ADCに携わるネットワークエンジニアにとっても、アプリケーションサーバエンジニアにとっても、またクラウド上でシステムを構築するエンジニアにとっても、今後の技術習得に役立つ入門コースです。

お申込みは こちら から!


▼ロードバランサー/ADCの市場動向・コース概要 (動画4:45)





[ITスキルトレーニング情報][2016年4月12日配信]

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~コラム
<新コース紹介> 普段私たちが使っている「ITシステム」の裏側はどうなっているのだろう?
執筆:PR担当(MM)

img_it-system.jpg

普段私たちが使っている「ITシステム」の
裏側はどうなっているのだろう?

<新入社員・若手社員向けの新コース登場!>  
さわって身に付くITシステム入門 
 ~データベース、ネットワーク、アプリケーション開発、Webシステム~


ITについて初めて学習する方は、ITの用語や意味を覚えることはできても、
それらがどのように関連しているのかを理解するのは難しいようです。

私も新入社員研修で初めてITというものを本格的に学び、OSIPアドレス
データベースSQL文HTMLプログラミング言語などの知識は得ましたが、
なかなかそれらの単語と実際に使っているシステムが結びつきませんでした。


img_it-system2.jpg
先日リリースした新コース「さわって身に付くITシステム入門」では、シナリオにもとづいて、スタンドアロンのコンピュータからWebシステムを構築するまでの演習を体験します。

一から段階を追ってWeb3階層システムを構築していくことで、それぞれの要素がどのように関連づいているのかを把握できます。


このコースでは、実機を使いながら「楽しく」学習できるというのもポイントです。
なぜ、その仕組みが必要なのかを考え、自分たちで機器をつなぎ、構成することで、「動いた!やった!」という達成感を持ちやすく、楽しんでIT技術の修得に取り組むことができます。

(基本情報処理の試験に合格した新入社員の方々からも、この演習の後「やっとわかりました」「勉強してきたことがつながりました」というコメントをもらっています。)

「IT基礎スキル」はITに関わるすべての業務の土台となります。
最初に少し時間をかけても、しっかりと身に付けておくことをおすすめします。


▽詳細・お申し込みはこちら!▽


▽複数人でご受講なら、セレクト6のご利用がおトク!▽


[ITスキルトレーニング情報][2015年9月16日配信]

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはグローバルナレッジネットワーク株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Global Knowledge Network Japan, Ltd. 2008-2016, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER