Global Knowledge Japan

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~
ホーム > Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~ > IBMトレーニング情報 ; Tips > Bluemixブランドに統合されたSoftLayer、その狙いとは?

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~
[2016年11月24日配信]
Bluemixブランドに統合されたSoftLayer、その狙いとは?
執筆:横山哲也

2016年10月から、IBMが提供するIaaS型クラウドサービス「SoftLayer」と、同じくPaaSを提供する「Bluemix」の統合が行われています。


どのように統合されるのか

IBM内の両サポート組織は既に統合されていますし、ログオンアカウントの統合も進行中です。請求処理も統合されたようです。

Bluemixの管理ツールからSoftLayerの機能を利用することもできるようになりました。ただし、SoftLayerの管理ツールからBluemixの機能を利用することはできません。また、SoftLayer内蔵の管理用VPN接続のアカウント名も未統合です。

このように、まだ統合されていない部分もありますが、基本的にはSoftLayerからBluemixの方に寄せる形になります。


おさらい:Softlayerと他のクラウドサービスとの違い

IaaS(Infrastructure as a Service)は仮想マシンを提供するため、既存システムをそのまま移行するのに適していますが、OS管理の手間は意外に減りません。

一方、PaaS(Platform as a Service)はアプリケーションの実行環境を提供するため、OSなどのアプリケーションプラットフォームの管理コストを大きく下げることができます。


SoftLayerは、IaaSでありながらベアメタルサーバー(物理マシン)を提供することで、既存システムの移行に最適な環境を提供します。VyattaによるIPルーティングや、各種のアプライアンス製品による負荷分散やセキュリティ機能は、他ではなかなか見られないSoftLayerの利点です。


ただし、クラウド自体が提供するアプリケーションサービスがそれほど多くなく、新規にプログラムを開発するのは結構大変です。つまりPaaSの機能が貧弱なことが欠点でした。

競合であるAmazon Web Services(AWS)が次々とPaaSコンポーネントを提供していますし、Microsoft Azureは元はPaaSからスタートし、現在も毎月のように新機能を投入しています。クラウドの主戦場はPaaSに移行しつつあるようです。


もっとも、PaaSはベンダー間の差が大きく「ベンダーロックイン」のリスクを心配している方も多いと聞きます。

一般に、IaaSは「最終的には仮想マシンが動くので、ベンダーの乗り換えは不可能ではない」とされていますが、PaaSについてはベンダーごとの独自色が強く乗り換えは非常に困難です。


Bluemixは、IBMが提供するPaaSですが、オープンソース製品であるCloud Foundryを基盤としています。そのため、ベンダーロックインのリスクが小さいとされています。

Cloud Foundryを使うことで、独自性を軽減できるかもしれません。また、Bluemixの実行環境はSoftLayerで構築されているため、SoftLayerとの連携も有利です。


Bluemixとの統合の狙い

今回の統合の意図は、単にブランドを統合するだけでなく、SoftLayerの特徴を維持しつつ、PaaSの利点を活かし、ベンダーロックインのリスクを最小限に留める意図があるのでしょう。


AWSやAzureにはない特徴を持ったクラウドサービスとして、SoftLayer (Bluemix IaaS) にも目を向けていただければと思います。


Bluemix-Layer1-2.png

▲レイヤーが違っても仲良く


◆提供中のトレーニングについての補足◆

SoftLayer Fundamentals」コース(現在は定期開催しておりません)は、演習のセットアップシステムの関係で従来のSoftLayer管理Webサイトを使います。

一方、「SoftLayer Solutions Design」コースは、個々の機能の操作は学習内容に含まれていないため、今回の変更の影響を受けません。


[IBMトレーニング情報Tips]

 

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはグローバルナレッジネットワーク株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Global Knowledge Network Japan, Ltd. 2008-2016, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER