Trainocate Japan, Ltd.

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
Palo Alto Networks社よりアワード受賞

PaloAltoNetworks_Award_FY17.png

 Palo Alto Networks Japan Excellence in Training 2017」 受賞!


グローバルナレッジネットワークは、2017年8月22日、ラスベガスで開催された「Palo Alto Networks® 2018 Sales Kickoff」において、「Palo Alto Networks Japan Excellence in Training 2017」を受賞いたしました。


グローバルナレッジでは、20164月よりパロアルトネットワークス認定トレーニングの提供を開始しています。これまでの実績及び今後もパロアルトネットワークス認定トレーニングを積極的に展開していくプロアクティブな姿勢が評価され、今回の受賞につながりました。


PaloAltoNetworks_Award_FY17_2.png

 Palo Alto Networks® Sales Kickoff Meeting FY18 (2017/08/22ラスベガス) にて。

左からパロアルトネットワークス合同会社 代表取締役会長兼社長 アリイ・ヒロシ氏、グローバルナレッジネットワーク株式会社代表取締役社長 小澤 隆、米Palo Alto Networks Inc. ワールドワイド セールス担当 上級副社長、Dave Peranich


プレスリリースはこちら


グローバルナレッジは、今回の受賞を弾みに、今後もセキュリティ技術者人材育成の側面から、企業の競争力強化を支援してまいります。



 201710月より新コースを開催


2017/10/16より新コース「Palo Alto Networks FIREWALL 8.0 ESSENTIALS: CONFIGURATION AND MANAGEMENT(PAN EDU-210)」を開催予定です。


パロアルトネットワークス次世代ファイアウォール(PAN-OS v8.x)のインストール、設定および管理機能を5日間で講義とハンズオン演習を交えて学習します。基本的な設定・管理機能を修得したい方に最適なコースです

※本コースは、「SCC0144V Palo Alto Networks Firewall Installation, Configuration, and Management Essentials 1 (PAN-EDU 201)」の後継コースです。

 


             ▼Palo Alto Networks認定トレーニングのご紹介はこちら▼

PaloAltoNetworks_banner_atc.png

 

[Palo Alto Netowrksトレーニング情報イベントレポート][2017年9月 1日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
収益力の高い企業の10社に7社が社内でIT人材を育成~「攻めのIT経営銘柄」発表会に行ってきました~
執筆:PR担当(Koyan)

2015年5月26日、経済産業省と東京証券取引所による、
「攻めのIT経営銘柄」が発表されましたね。先日、その発表会に行ってきました。

semeit_title.jpg

攻めのIT経営銘柄とは?

「攻めのIT経営銘柄」は、東京証券取引所の上場会社の中から、
収益拡大や事業革新等のための積極的なIT投資や活用を実施する
「攻めのIT経営」に取り組む企業を、業種区分毎に選定、紹介するものです。

「攻めのIT経営に関するアンケート調査」の回答内容から、
「経営計画における攻めのIT活用・投資の位置づけ」
「攻めのIT活用・投資の企画に関わる社内体制及びIT人材」
等の項目について評価し、
財務状況によるスクリーニングを行い選定されます。 



平成26年度「攻めのIT経営銘柄」に選ばれた18社
今回、選定されたのはこちらの18社です。
選定企業の中には、当社コースをご受講いただいているお客様もいらっしゃいました。
おめでとうございます!

<攻めのIT選定企業18社※敬称略>
積水ハウス株式会社 / アサヒグループホールディングス株式会社
東レ株式会社 / 株式会社エフピコ / 株式会社ブリヂストン
JFEホールディングス株式会社 / 株式会社小松製作所
株式会社日立製作所 / 日産自動車株式会社
株式会社ニコン / トッパン・フォームズ株式会社
大阪ガス株式会社 / 東日本旅客鉄道株式会社 / 株式会社アルファポリス
三井物産株式会社 / 株式会社三井住友フィナンシャルグループ
東京海上ホールディングス株式会社 / 東京センチュリーリース株式会社


収益力の高い企業、7割が社内でIT人材を育成

基調講演では、今回の攻めのIT経営銘柄選定にあたっての調査結果から示唆される、
企業の収益力とIT利活用との関連についても紹介されました。

調査結果によれば、ROEが高い「稼ぐ力」のある企業は、

・経営TOP自らがITについて高い関心を有している
・事業部門にIT人材を配置している
・社内においてIT人材を育成している

といった、共通の特徴があるそうです。

IT人材の育成に関しては、年間の平均ROEが8%を超える企業においては、
ITを活用した事業革新のために 「IT人材を社内で育成する計画がある」
もしくは「すでに実施中」と回答した企業が7割を超えているとのこと。
収益力の高い企業はIT人材の育成に積極的であることが示されました。


今回の結果から、攻めのIT経営に向けての、
IT人材の配置・育成の重要性をひしひしと感じた方も多いと思います。

グローバルナレッジでも、攻めのIT経営を担うIT人材育成を応援すべく、
「IT企画人材」育成コースをご用意しています。
ぜひ、お気軽にご相談くださいませ。


▼攻めのIT経営を担う「IT企画人材育成」▼

[イベントレポート][2015年5月27日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
AWS Summit Tokyo 2014開催!AWSの体験利用ができる「セルフペースラボ」に行ってきました。
執筆:PR担当(Koyan)

AWSサミット


AWSクラウドに関する国内最大規模のカンファレンス【AWS Summit Tokyo 2014】
ついに本日開催となりました。
今回は実に1万件を超える事前登録があったとのこと。大盛況ですね。

グローバルナレッジは当イベントにロゴスポンサーとして協賛しています。
(オープニングのスライド等でご紹介いただけました!)

logokeisai.jpg


さて、このイベントではAWSの体験利用ができるセルフペースラボが用意されています。

本日、このコーナーに弊社AWS担当講師が参加しました。
今回は気になるセルフペースラボの様子を簡単にご紹介しますね。

-----

こちらが会場の様子です。
広めの室内にPCがずらり。

AWS製品を実際に使いながら新しいスキルを習得できるセルフペースラボ。
それが今回は特別に無料で試せるとのことで、やはり人気コーナーのようですね。

labo2.jpg


大きなディスプレイで、快適に操作できます。

SH350005.jpg


「全く初めて」という方でも、きちんとサポートがあります。
手順に従って実際に操作すると、話を聞いてぴんとこなかったものが分かる場合がありますので、おすすめです。

明日7月18日の回への参加を予定されている方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

なお午前中は基調講演に行く方も多く、ゆったりした感じでしたが、
昼過ぎから盛況となり、上記の写真のように空いている席が無くなりました。
興味のある方は午前中が狙い目ですね!


▼グローバルナレッジが開催するAWS認定トレーニング情報はこちらから▼

[AWSトレーニング情報イベントレポート][2014年7月17日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<イベント参画報告>HR Summit 2014 で 田中淳子が講演
執筆:PR担当

2014年6月4日、「HR Summit 2014 -日本最大級の人事・経営者フォーラム-」にて、弊社講師田中淳子が講演いたしました。

経験学習」の考え方に基づく効果的なOJTの手法や事例について田中よりご紹介するとともに、アライアンスパートナーである、ビジネスコーチ株式会社の専務取締役 橋場 剛氏をお招きし、「経験学習」のプロセスで重視される内省支援持論化に、コーチングを活かす方法についてお話いただきました。

当日、多くのセッションの中から弊社セッションをお選びいただき、ご来場くださった皆様に心より御礼申し上げます。


田中淳子.jpg
【講演タイトル】
企業の持続的発展を促す「行動変容」と「定着」
 ~事例に学ぶ個人と組織の成長支援~

【講演概要】
企業の持続的発展のために、ビジネスパーソンは「行動変容」と「定着」が求められています。人は経験から多くを学び成長します。近年注目されている「経験学習」においては、経験をふりかえり(内省して)持論化するプロセスが重要です。内省支援や持論化には対話が有効であり、その時に役立つのがコーチングです。講演前半では、グローバルナレッジの企業事例を紹介し、後半では、エグゼクティブ・コーチングの第一人者であるマーシャル・ゴールドスミス氏と提携しエグゼクティブ・コーチングの手法を提供している、ビジネスコーチ社の橋場様に、現場で活かすビジネスコーチングとその効用について事例を交えてお話いただきました。


▼詳細は以下のページにてご覧になれます(HR Summit Online)▼


後日、HR Summitのサイトにて、セミナー開催レポートが公開される予定です。どうぞお楽しみに!






[イベントレポートビジネススキルトレーニング情報][2014年6月 9日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
明日6/19 NetApp Partner Summit 2013 に出展
執筆:PR担当

明日6/19(水)、ネットアップ株式会社主催のパートナー企業向けイベントにて、
6月より認定ラーニングパートナーとなりました弊社もブースを出展いたします。

▼"NetApp Partner Summit 2013" イベント詳細

特製うちわや、iPad mini プレゼントなどの企画をご用意し、
スタッフがお待ちしております!

明日ご来場予定のネットアップパートナーの皆様、
ぜひ、グローバルナレッジのブースにもお立ち寄りください。

▼画像をクリックして「NetApp認定トレーニング」ご紹介ページへ!
VendorPuzzle_Center_NetApp.png

[イベントレポート][2013年6月18日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
イベントレポート:Amazon Web Services 「re:Invent」 @ラスベガス 番外編
執筆:大谷 有三 (営業本部)

下記の写真は、LA空港の待合室にあった家電の自動販売機です。

日本では子供のおもちゃ用の大きな自販機は見たことありますが、

音楽プレーヤーやヘッドホンを売っているものは初めて。

日本にもあるんでしょうかね。

IMG_3444.JPG

 

確かに空港での待ち時間とか飛行機に乗っている間とか、音楽聞きたいと思いますよね。

でも座席に色々ついているか・・。

今度行ったとき売れているのか聞いてみましょうか。

[イベントレポート][2013年1月23日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
イベントレポート:Amazon Web Services 「re:Invent」 @ラスベガス その②
執筆:大谷 有三(営業本部)

今回は、キーノートスピーチの様子についてお伝えします。

個人的には、ミーハーですがJeff Bezosを生で観ることができたのが嬉しかったです。

そのJeff Bezosは、AWSと Amazonのビジネスについて、10年後に何が変っているか、
という質問に対し、「10年後に変わっていないものの方が大事」と答えていました。

 

10年後に変わっていない」もの、それは、Amazonのような小売ビジネスでは、
低価格迅速なデリバリー幅広いセレクションであり、
AWSにおいては、低価格信頼性ファスト・イノベーションとのこと。


イノベーションについても示唆に富んだ内容を聞くことができました。

多くの人がイノベーションを起こすことができるが、それが顧客や人々や社会に
受け入れられるかはまた別の話で、人々に受け入れられるイノベーションを
起こした人が、ビジネスとして成功し結果的に生き残るのだ、ということです。
(私のヒヤリングなので正確ではないかもしれませんが。。)

IMG_3489.JPG


日本にも2011年に東京リージョン(データセンター)が立ち上がってから、
急速にAWSの顧客が増えているそうです。成長率はAWS市場最速と聞きました。

Jeff Bezosが言うFast Innovationを体現しているAWSは、2012年1年間で158もの
新しいサービスをリリースしたとのこと。サービスの更新が速いとということは、
我々のようなトレーニング・プロバイダーにとってのチャレンジも大きくなる訳ですが、
それもAWSとそのお客様、パートナー企業の方々と共に成長していくまたとない機会です。

私たちも全力で頑張っていきたいと思います。

[イベントレポート][2013年1月22日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
イベントレポート:Amazon Web Services 「re:Invent」 @ラスベガス その①
執筆:大谷 有三 (営業本部)

Keynote2.JPG

2012年11月27日~29日にネバダ州ラスベガスで開催された、Amazon Web Servicesの
グローバルイベント: AWS re:Inventに参加してきました。

 

世界62カ国から6,000人以上が集まり、日本からも100人以上の方が参加していました。

来年は規模を倍にするとのことです。
倍と言ったら12,000人規模ですが、軽くその位集めてしまうだろうなと感じる程に、
勢いを感じたイベントでした。

 

このイベントのタイトル「re:Invent」は、

 

クラウドを使うことで、ビジネスをAWS上に構築できるというビジネスの始め方を再発明したい
クラウドにより、ビジネスのスピードと俊敏さを再発明したい

 

という思いから名付けられたのだそうです。


 

イベントレポートは、これから数回に分けてアップデートしていきます。どうぞご期待ください。
 

▼AWS入門トレーニングはこちらから

Amazon Web Services 実践入門 ~一日で学ぶ、AWSクラウド活用~

〔日数〕 1日間
〔価格〕 通常価格56,700円(税込)

[イベントレポート][2013年1月21日配信]

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER