Global Knowledge Japan

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~コラム
ITエンジニア市場価値を上げる

ITインフラエンジニア

ITシステムの複雑化にともない担当領域が細分化し、その結果、次のようにエンジニアの守備範囲が多様化しました。下記のアプリケーション エンジニア以外を総じてITインフラエンジニアと呼ばれることが多いです。

ITYPE.png
  • アプリケーション エンジニア
  • データベース エンジニア
  • セキュリティー エンジニア
  • サーバー エンジニア
  • ネットワーク エンジニア
これまでのITインフラエンジニアは、右図「I型人材」のように特定分野のスキルに長けた専門家であることが求められていました。





仮想化環境

今日、サーバー仮想環境は当たり前です。仮想環境ではサーバーとネットワークが統合しているため、両方のスキルが必要です。また、仮想化という切り口で見た場合、ITインフラエンジニアには、次の領域のスキルが必須になっています。必ずしも全ての領域に精通している必要はありませんが、システム全体を俯瞰して最適化を実現するレベルのスキルが求められます。t-type.png
  • ネットワーク
  • サーバーオペレーティングシステム
  • 仮想化
  • ストレージ

仮想化環境では、右図のような「T型人材」が求められます。ここで注意しておいていただきたいのは、複数のスキルを持っているだけでは対応できません。上記領域がどのように融合しあっているかを理解し、あるべき姿が描けることが重要です。



クラウドは当たり前

総務省「平成27年通信利用動向調査」によると、「全社的」または「一部の事業所・部門」でクラウドサービスを利用していると回答した企業の割合は44.6%。もはやクラウドは普及期にきています。
クラウドではすべてが仮想化され、仮想化によってハードウェアがソフトウェア化されます。つまり、クラウドではインフラすべてがソフトウェアということができます。(SDI: Software Defined Infrastructure)

ITインフラエンジニアの領域が、物理からソフトウェアに変わります。各種構成の自動化を行うためにスクリプトを組んだり、各種APIを呼び出すためにアプリケーション処理を行ったりする上では、「プログラミング」のスキルが必要になってきます。


ITエンジニア市場価値を上げる

cloud.png
クラウド時代では、右図「Π型人材」のように、複数の専門分野と幅広い知識を持ち、多方面に対応できる人材が非常に頼りにされます。また、より市場価値を上げていくには、技術革新のスピードについていき、ビジネスセンスも磨いていくことも重要です。




人材育成に関して、何でもご相談ください。


[Tips][2017年3月29日配信]

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~コラム
【2017年2月 コース月間ランキングTOP10】AWS 他
執筆:PR(坂西)

もう3月、卒業式シーズンですね。

アメリカでは卒業式のことを「Commencement Ceremony」と呼ぶそうです。
Commencementは「始まり、開始」を意味していて、「卒業」ではなく、「開始式~新しい人生のスタート~」を強調しているみたいですね。
私も毎日心を入れ替えて、一日一日をフレッシュに・・・

でも、向上心のお高い皆さんは、頑張りすぎないように...ということで、今月も癒しの時間です!



■今月のうちの子自慢

こちら、あんずちゃん♡

生後6か月頃のお写真だそうです。

千葉県柏の「ライフボート」という犬猫シェルターから引き取られたそうです。
あんずちゃんはMIX(雑種)で~す。

■プロフィール
名前:      あんず
年齢:      8才
好きな食べ物:  ささみのおやつ
好きな遊び:   同居猫(先月紹介したかりん)との追いかけっこ


=======================


2月の人気コースTOP10

それではお待ちかね2017年2月の人気コースTOP10です!

▼2017年1月・人気コースTOP10▼

4位: 【PDU対象】ITコンサルタントの養成(基礎)

5位: PMP(R) BOOT CAMP(前編)

6位: ITインフラ構築実践1

7位: Microsoft AzureによるITインフラの拡張

8位: Active Directory最小構成実践

9位: CCNA BOOT CAMP前編

10位: 【PDU対象】ITプロフェッショナルのための会計の基礎



AWSは3コースがランクイン。安定の首位です。

IT関連コースに加え、プロジェクトマネジメントスキル(5位)やビジネススキル(4位と10位)の習得を目指すコースが、TOP10の3分の1を占めています。

AWS、ITインフラ、AzureなどのITスキルに加え、プロジェクトマネジメントスキル、ビジネススキルという3つのスキルセットをパッケージとしてとらえるITプロフェッショナルの方が増えている印象です。

エンジニアの皆さんの向上心を裏付ける結果に。

素晴らしいことですが、息抜きを忘れないでくださいね。

また、2017/4/1から、AWS認定研修で3つの変更が予定されています。詳細は以下の記事をご確認ください。

AWS研修 4月からの変更点まとめ 

[人気コース月間ランキング][2017年3月 7日配信]

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~コラム
OJT制度の最新事情 - 人事・教育担当の方の座談会から
執筆:PR担当

2月5日発売の「企業と人材」2月号で、弊社講師の田中淳子がファシリテーターを務めた人事・教育担当の方の座談会が掲載されました!

「企業と人材」
2017年2月号 新人教育のリアル(2) 人事担当から見た新人育成
20170203-zadankai.jpg

OJT指導員制度を導入している3社の人事・教育担当の方が、どのように組織全体で新人を育てていくべきか、様々な意見を交わしています。「イマドキの新人」や「OJT制度の構築・運用」など、3社3様の現状を交えながらの座談会の様子はまさにタイトル通りに「リアル」です。

個々の担当者の方の経験など、具体的なエピソードは誌面の記事をお読みいただくとして、次の2つのメッセージは3者とも共通しているように感じました。
  • OJTは指導員だけの仕事ではなく、周囲が協力していくものという認識が大切
  • OJT指導員本人の成長機会でもある


座談会後の解説記事で田中も驚いていましたが、若い方に「個性的」は褒め言葉ではないそうです。世代が異なると感覚も違うものですねぇ......。理由も、読んで納得、であります。

ちなみにOJT関連では、同じく「企業と人材」誌にて田中が「OJT指導員制度の構築と運用」というテーマで連載記事を掲載していますので、そちらもどうぞご参考ください♪


◆OJT関連の研修一覧はこちら◆
http://www.globalknowledge.co.jp/reference/hs/hslistcourse.html#index6

[社員の活動][2017年2月 6日配信]

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~コラム
AWS研修 4月からの変更点まとめ
執筆:PR担当

4/1から、AWS認定研修で3つの変更が予定されていますので、その内容をご紹介いたします。


[変更点1] 入門コース刷新
年間受講者数が3年連続で1位 & 2位と、長らく好評をいただいている「AWS実践入門1・2」の両コースが、新バージョン「AWS Technical Essentials1・2」 に変更となります。

 <コース内容 詳細>
 AWS Technical Essentials 1
 AWS Technical Essentials 2


これまでの実践入門のコースと異なる点は主に2つです。
1)研修スタイル
「実践入門」では、1・2いずれも講義と演習が半々でしたが、Technical Essentials では1が講義メイン、2が演習メインとなります。

2)カリキュラムの構成
1・2を通して学習する機能やサービス内容は大きくは変わりませんが、学習順序や1・2それぞれに含まれる範囲が変わります。

AWS-TechicalEssentials-diff-201702.png

AWS実践入門1だけ受講している場合はどうなるのか?など、詳細は以下の資料をご覧ください。


[変更点2] グローバルナレッジ主催コースの価格
AWS社の価格変更に伴い、当社主催コースのご提供価格も変更いたします。
対象コースや変更後価格など、こちらからご確認ください。



[変更点3] テキストが紙から電子版に
今まで紙のテキストをご利用いただいておりましたが、電子テキストでのご提供へ変更いたします。
そのため、4/1以降にコースを受講される際は、事前に電子テキスト閲覧用のアカウント作成をお願いいたします。



▼アマゾン・ウェブ・サービス認定トレーニングのご紹介はこちら▼
http://www.globalknowledge.co.jp/reference/aws/index.html


[AWSトレーニング情報][2017年2月 3日配信]

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~コラム
【発表!2017年1月の人気コース月間ランキングTOP10】AWS 他
執筆:PR担当

春が待ち遠しいこの頃。少しずつですが、日が長くなってきましたね。

■今月のうちの子自慢!

今年の3月で5才になる、かりんちゃん。

アメリカンショートヘアのブラウンタービーという毛色だそうです。

毛色はもちろん、瞳の色もとっってもきれいなかりんちゃんデス!
・・カワ(・∀・)イイ!!


karin.jpg

■プロフィール
名前:      かりん
年齢:      4才
好きな食べ物:  ささみのおやつ
好きな遊び:   空中での鮮やかなボールキャッチ

=======================

それではお待ちかね2017年1月の人気コースTOP10です!
タイトルをクリックするとコース詳細をご覧いただけます。

▼2017年1月・人気コースTOP10!▼

4位:
Microsoft AzureによるITインフラの拡張 ~Azure新ポータル対応~

5位:
コンピュータネットワーク入門 ~ネットワークの全体像と構成要素~

6位:
Architecting on AWS

7位:
セキュリティ技術概要 ~情報セキュリティ導入のための必須知識~

8位:
CCNA BOOT CAMP後編 ~ICND2v3.0対応~[ICND2(200-105)試験あり]

9位:
Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの実装 (#23533)

10位:
【PDU対象】【現場体験型】最強プロジェクト・チーム・マネジメント

AWSは3コースがランクイン。安定の首位です。
しかしAzureも負けていません。今月は2コースランクインです。

2017/4/1から、AWS認定研修で3つの変更が予定されています。詳細は以下の記事をご確認ください。
AWS研修 4月からの変更点まとめ

[人気コース月間ランキング][2017年1月30日配信]

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~コラム
地域別!研修カテゴリー人気ランキング2016
執筆:PR担当

こちらのブログで毎月発表している、研修コースの人気ランキング。2016年はCCNA、PMP(R) の資格対策コースやAWS実践入門が常連でした。

それでは、コース単体ではなく、カテゴリー全体での人気はどうだったのでしょうか?
東京・大阪・名古屋の3都市で受講の多いカテゴリーを比べてみました!


東京

大阪

名古屋

1

Microsoft

プロジェクトマネジメント

Cisco

2

Cisco

ヒューマンスキル

プロジェクトマネジメント

3

プロジェクトマネジメント

AWS

Microsoft

4

AWS

Microsoft

AWS

5

ヒューマンスキル

Cisco

ITインフラ



東京でトップだったのは、先ほど「常連」で挙げたどちらにもあてはまらないMicrosoft関連の研修でした。
Microsoft関連の研修には、Azureはもちろん、Windows ServerやPowerShell、Active Directory など幅広いコースが含まれています。特定のコースではなく、満遍なく需要があった技術といえます。

続いて大阪では、プロジェクトマネジメントやヒューマンスキルといった、ITスキル以外のカテゴリがリード。ヒューマンスキルの中では特に、ファシリテーションやコミュニケーション、リーダーシップといった、周囲の人との関係構築に関わるスキルが人気でした。

最後に名古屋は、CiscoがトップでITインフラがランクインするなど、ネットワーク・インフラ関連が人気でした。また、Microsoft関連の研修も半分ほどはAzureと、クラウドにも注目が集まっていたようです。
ランキング上位3つまでのカテゴリが、距離の近い大阪ではなく、東京と同じなのも面白い結果となりました。

おおよそ人気の高いカテゴリーは共通でしたが、それぞれ特色のある各地域の研修模様。
2017年はどのように変化していくのでしょうか?
筆者個人的にはクラウドとセキュリティ押しですが、皆さまも予想してみてくださいね。


↓コースの一覧はこちら↓
◆Microsoft関連コース
◇Cisco関連コース
◆AWS関連コース
◇プロジェクトマネジメント関連コース
◆ヒューマンスキル関連コース
◇ITインフラ・基盤関連コース

[人気コース月間ランキング][2017年1月18日配信]

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~コラム
CSIRT(シーサート)は、いわば消防署のようなもの

firecar.jpg

サイバー攻撃に対応する手段として考えだされたのが、

CSIRT(シーサート)Computer Security Incident Response Team です。

CSIRTの主な仕事は、インシデントの事前・事後の対応とセキュリティ品質管理です。これを身近な消防署に例えると、次のようになります。


● インシデントの対応 → 消防署 消火活動

● インシデントの予防 → 消防署 防火活動

● インシデントの原因調査 → 消防署 火災の原因調査


*CSIRTが対応するインシデントには、標的型攻撃、Webサイト改ざん、Dos/DDos

などがあります。


また、スタッフの立場から見ると、専任のCSIRTは消防官で、兼任のCSIRTは消防団員ともいうことができます。

 

では、この消防署の役割を企業内では誰が担当しているのでしょうか?

日本シーサート協議会のアンケートによると、CSIRTの構築を主導した部門は、情報システム管理部門やセキュリティ対策部門が多く、配置される部門も同様の部門が多いという結果が出ています。

 

グローバルナレッジでは、CSIRT に興味のある方や、組織内に構築を検討されている方向けに、次のコースを開催しています。本コースは、CSIRT構築やインシデント対応のワークショップにより、体験による気づきを得ることができるようになっています。


情報セキュリティ対策 CSIRT編 ~サイバー攻撃への処方箋を学ぶ~

[Tips][2017年1月16日配信]

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~コラム
【人気コースランキング12月】AWS、 PMP、セキュリティ 他
執筆:PR担当

寒い日が続きますね!
ときどきフェイントのように暖かくなるので、逆に寒さが身に沁みます...


さて、それでは今月のグローバルナレッジネットワークのうちの子自慢 です!
毎月、弊社社員の自慢のペットをご紹介しています。

coco.jpg
マルチーズのココちゃんです!

飼い主の社員曰く、「自分を人間だと思い込んでる」そうです。
カワ(・∀・)イイ!!

名前:      ココ
年齢:      2才
好きな食べ物: 白米(ごはん)
好きな遊び:  ボール遊び



=======================================

2016年12月人気コースTOP10

それでは12月の人気コースTOP10を発表いたします。
タイトルをクリックするとコース詳細をご覧いただけます。

2016年8月・人気コースTOP10!▼

top10_01.png 1位:
Amazon Web Services 実践入門1 ~一日で学ぶ、AWSクラウド活用~

4位:
 PMP(R) BOOT CAMP(後編) ~PMBOK(R)第5版 練習問題&模擬試験~

5位:
 セキュリティ技術概要 ~情報セキュリティ導入のための必須知識~

6位:
 Troubleshooting and Maintaining Cisco IP Networks (TSHOOT) v2.0 ~CCNP BOOT CAMP トラブルシューティング編~

7位:
 インフラ構築実践1 ~要素技術を横断的に捉え、ITインフラを構築する~

8位:
 PMP(R) BOOT CAMP(前編) ~PMBOK(R)第5版 知識習得~

9位:
 【PDU対象】論理的コミュニケーション

10位:
 Microsoft AzureによるITインフラの拡張 ~Azure新ポータル対応~


今回はTOP3をAWSの研修が独占でした!
なお、実践入門1、2は3月までの実施となり、4月以降は AWS Technical Essentials というコースに置き換わります。

また、5位にはセキュリティのコースがランクイン。
こちらは後継コースの 「情報セキュリティ対策 技術概要編」 が2月から開始です。
初回の日程は受講料が半額になる「スゴ得!」対象です♪


[][2017年1月12日配信]

Global Liner ~グローバルナレッジPRブログ~コラム
<お知らせ> 2017年7月~9月分の定期開催コース日程を掲載
執筆:PR担当

calendar.jpg
2017年7月から9月分の、定期開催コース(グローバルナレッジ主催)日程を
掲載致しました。
人材育成計画策定や、助成金の訓練計画策定にお役立てください。

▼コース日程表はこちらからダウンロード▼

※各コースの詳細ご案内ページにも、6月の日程まで掲載しております。

◎7~9月のコースの見どころ◎
  • 資格対応コース
    - CCNAやPMP(R)、ITIL(R) など、人気資格の対応コースはもちろん開催です
  • セキュリティ
    - お申込みが2016年後半からぐぐっと伸びたセキュリティ関連のコースは、7月以降も増設予定
  • Linux
    - クラウドの成長で、実は注目が高まっているLinux。新規開設コースも増えています

その他新着コース
AWS Technical Essentials 1, 2
AWS実践入門に代わって開始されるコースです。実践入門を受けておきたい!と言う方は、3月までの開催となりますのでお早めに


[News][2017年1月 5日配信]

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはグローバルナレッジネットワーク株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Global Knowledge Network Japan, Ltd. 2008-2016, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER