Trainocate Japan, Ltd.

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<良いお年を!> WebページビューTOP10で振り返る2014年<2015年もお待ちしてます!>
執筆:PR担当(MM)

こんにちは、グローバルナレッジPR担当です。

いよいよ2014年内の最終営業日となりました。
本年も格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

年末年始は下記日程で全社休業となります。

■ 休業期間: 2014年12月27日(土) ~ 2015年1月4日(日)

休業期間中もWebサイトよりコースのお申し込み手続き、お問い合わせは可能ですが、受付は年始の営業開始後順次の対応となりますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。


さて、年内最後の投稿となりますので、グローバルナレッジのWebサイトで皆様に多くご覧いただいているページ*を追いながら、2014年を振り返ってみます。
*会社案内やカートなどのページは除きます。

2014_no_10.png
さすがは今年のスマッシュヒットコースです。コース単独のページでは、唯一のTOP10入りを果たしました。新宿・大阪会場に加え、札幌・仙台・名古屋・福岡会場などでも開講。

2014_no_9.png
PMP(R)資格の更新要件となっている60PDUを3年間で取得するために、みなさん苦心しておいでです。2014年は、受講者に3PDU申請可能な無料セミナーを受講者向けに提供するキャンペーンも実施しました。

2014_no_8.png
クラウドサービスの注目度はますます上がり、ネットワークの知識が多くのエンジニアに必要になったことが要因と考えられます。

2014_no_7.png
「米国で保有者の平均年収が高い資格は?」という副題の効果でしょうか?記事ページとしては最も多くの方にご覧いただいています。まだ見ていないよ、という方はぜひ^^

2014_no_6.png
入門コースが単体で10位入りを果たしておりましたAWSですが、認定トレーニング全体のご紹介でもランクインです。2014年12月から、Virtual Classroom(インターネット経由のオンラインライブトレーニング)でもコースの提供が可能となりました!

2014_no_5.png
PMP(R)の資格関連コースも変わらぬ人気ですが、ここ数年、現場で実践できるスキルやノウハウを体験できるコースの需要がうなぎのぼりです。中堅クラスのPMの皆様が、お互いにナレッジを共有できる場としてご活用ください。

2014_no_4.png
CCNA v1.0関連試験が終了する2013年9月30日前にUPしたページですが、検索経由で非常にたくさんの訪問があります。改定後の受検がいかに難しいかを表しているのかも......?CCNPの現行試験も2015年1月末で終了しますのでお早目に!

2014_no_3.png
2014年は無料セミナーを多数開催し、多くのお客様にご参加いただきました!ありがとうございました!2015年も引き続き、旬の知識を仕入れるとともにグローバルナレッジを評価する機会としてご活用ください。

2014_no_2.png
「月間TOP10人気コースにランクインしなくなった」と某社員が呟いておりましたが(^^;、マイクロソフト研修には今年も多くの方に関心を寄せていただいております。2015年7月のWindows Server 2003サポート終了には今一度対応のご検討を。

2014_no_1.png
資料ダウンロードページが(個人的には)まさかの1位!ゲフンゲフン
毎日最新情報が更新されるコース日程表データファイル(Excel/PDF)や、総合カタログDigestのデジタルカタログ、PDFダウンロードなど、役立つ資料が満載です。ぜひご利用ください。












以上です。
それでは、皆様、良いお年を!

[News][2014年12月26日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【AWS re:Invent 2014 参加レポートその4】<受験してみた>AWS Certified DevOps Engineer - Professionalベータ版試験
執筆:PR担当(Koyan)

グローバルナレッジのAWS担当講師による「AWS re:Invent 2014」参加レポート。
最後に、re:Invent会場で開催されたAWS Certified DevOps Engineer - Professionalベータ版試験についてお伝えします。



ベータ版試験を受けてみた

re:Invent直前に、DevOps認定(AWS Certified DevOps Engineer - Professional)を開始することが発表されました。
re:Invent会場でベータ版試験を開催する、とも。

この分野についてはまるで勉強不足なので受験するつもりはなかったのですが、
日本の上司から「ぜひ受けてみるように!」という指示があり、
11月14日金曜日の午前に3時間、ホテルの一室で受験しました。
本来300ドルのところ、ベータ版ということで150ドルの受験料でした。


問題数と回答形式について

受験者に課された義務により、試験内容を紹介することはできませんが、内容に触れないと思われる範囲で書いてみます。

ベータ試験は英語のみでの実施でした。
これまでの他の試験の経緯を見る限り、日本で正式に開始となる時には、日本語で受験できるはずです。

問題数は、百三十問あまりです。
一緒の時間に受けた方の問題数と、私の問題数が少し違っていたので、受験者ごとに若干の増減があるのでしょう。

問題形式は、3、4センテンスで状況を述べ、4つ前後の選択肢から正解を選ぶ形式でした。
コマンドやオプションの文字列を入力する問題は無かったように思います。


3時間ぎりぎりまで粘って終了。難易度は高い印象

まだ問題作成中であるようで、似た問題・似た選択肢が見受けられ、
かなり理解度が高くないと、違い(正誤)を指摘するのは難しいと思いました。
同室で、同じ時間からテストを開始した人が、早々に(疲れた顔で)離席していくので、難易度は高いのではないかと思いました。
余裕で回答できて、さっさと終えられたのかもしれませんが......。

私は連日のイベントの疲労と英語力の低さのせいでだいぶ苦戦し、3時間ぎりぎりまでかかってようやく全ての問題に回答しました。
未熟な私にはかなり難しく、合格は無理だと思うのですが、とても良い試験であったと思います。

DevOpsは、今後AWSクラウドを活用していく過程で重要な概念、技術です。
その基礎知識とスキルを確認して、再度受験してみたいと思います。


▼グローバルナレッジが開催するAWS認定トレーニング情報はこちらから▼

★「AWS資格取得応援キャンペーン」実施中★
対象のAWS認定資格対応コースをご受講の方に【Amazonギフト券】プレゼント!
▼詳しくはこちらから▼

[AWSトレーニング情報][2014年12月25日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【AWS re:Invent 2014 参加レポートその3】re:Invent本番! 新サービス発表に会場が沸いた
執筆:PR担当(Koyan)

グローバルナレッジのAWS担当講師による「AWS re:Invent 2014」参加レポート。
今回は数々の新サービス発表に沸いた、re:Invent本番の様子についてお伝えします。


re:Invent本番!続々と新サービス発表

11月12日(水)、13日(木)が、いよいよre:Invent本番、という雰囲気でした。
両日の基調講演では、新しいサービスがいくつも発表されました。

新データベースのAurora、
開発・デプロイ支援サービスCodeDeploy、CodePipeline、CodeCommit、
暗号化鍵管理サービスKMS、
構成管理のAWS Config、新たなプログラム動作モデルを提供するLamdaなど、
枚挙にいとまがありません。

その後の、各サービスを説明するセッションには、参加者が長蛇の列を作り、興奮が会場全体を包んでいました。
写真ではガラガラに見えますが、とても広い会場の、隅に座ったせいで、実際はとんでもない人数が入っています。

blog1_会場.jpg


先進的な取り組みとして日本企業の事例紹介

もう一つ、特に日本からの参加者を興奮させたことがありました。
13日の基調講演の冒頭、あきんどスシロー様の事例が紹介されたのです。
回転すしの皿に付けられたタグのデータがAWSクラウドで分析されるまでの流れが、先進的な取り組みとして紹介されたのです。大いにやる気を刺激されました。

日本のAWSユーザーは世界でも先進的な取り組みをしており、ユーザーコミュニティは非常によく組織されていると言います。
Amazonの側でも日本のユーザーを重視しているということで、"Japan Night"というパーティがありました。
また、イベント中も"Japan Session"としてセミナールームを一部屋確保し、注目のセッションについて同時通訳付きで開催していました。
その日の最後には、ADSJのソリューションアーキテクトによるまとめのセミナーがあって、簡潔に新サービス・新機能の説明を受けることもできました。
写真はJapan Nightの様子です。

blog2_japannight.JPG


今後もトレーニングや認定制度を成熟させていく

13日の夕方のJapan Sessionでは、Andy Jassy氏を招いてQ&Aが行われました。
AWSのサービスの特性、コスト構造、開発のスピード等の優位性をお話いただいた後、日本の参加者からの質問に対し、回答をいただきました。

私も質問に立ちました。
研修サービスがAWSのエコシステムの一部であること、トレーニングや認定制度も、今後成熟させていくことをお答えいただきました。

ところで、個々の新サービス・新機能については、
既にクラスメソッド様(http://dev.classmethod.jp/series/aws-reinvent-2014/)や、
ADSJ様のブログ、Webサイト(http://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/reinvent_report_2014_pt1/)による分かりやすい解説が多数発表されていますので、そちらをご覧ください。

リアルタイムでセッションの解説をしていた皆さんの姿は、鬼気迫るものがありました。
ここで特筆しておきたいのは、AWSが多くの新サービスをすぐに利用できるタイミングで発表するため、すぐに試してみることができるということです。
会場のそこかしこで熱心にPCに向かう参加者がいましたが、ブログを書いたり、検証をしたりしていたのでしょうね。
エンジニアの熱気あふれるイベントでした。



▼グローバルナレッジが開催するAWS認定トレーニング情報はこちらから▼

★「AWS資格取得応援キャンペーン」実施中★
対象のAWS認定資格対応コースをご受講の方に【Amazonギフト券】プレゼント!
▼詳しくはこちらから▼

[AWSトレーニング情報][2014年12月22日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<放課後GK> フットサル大会「日本の人事部杯」で予選リーグ突破!
執筆:PR担当(MM)


こんにちは、グローバルナレッジPR担当です。

少し前の話題になってしまいますが、去る11月30日、日本の人事部様主催「HRリーグ 日本の人事部杯 フットサル大会」にグローバルナレッジネットワークとグループ会社グローバルナレッジマネジメントセンターの有志7名により結成されたフットサルチームが参加。

予選リーグを勝ち抜き、来年1月18日に開催される決勝リーグへの進出が決まりました!


予選リーグ出場メンバー
HR_League_GKJxGKMC_Members.jpg
(「HRリーグ」公式サイトより転載)


「HRリーグ」について、初めてお聞きになるという方も多いと思いますので以下に大会の概要を引用します。

「HRリーグ 日本の人事部杯 フットサル大会」は、フットサルを通じて、HR業界の交流を目的にした、業界初の試みとなります。
HR業界で著名な企業をはじめ、全44社が11のブロックに分かれてリーグ戦を行います。予選リーグを勝ち抜いた11チームに加え、11ブロックの中で最も成績のよかった2位のチーム、合計12チームが2つのリーグに分かれて決勝リーグを行います。両リーグで1位になったチームが決勝戦を行い、優勝を決定します。
(出典:株式会社アイ・キュー 「ニュース」より)

▼HRリーグの詳細はこちら
md2-2_img05.jpg


44社も参加したのですね!素晴らしい!!

そんな中グローバルナレッジチームは、予選では3チームと対戦し、3-0、4-0、1-1の2勝1分、得失点差によりBグループ決勝進出を勝ち取りました。


<予選Bグループ 対戦結果>

チーム

ツナグ
ソリューションズ様

リブセンス様

アドバンテッジリスクマネジメント様

グローバルナレッジネットワーク

勝ち点

得失点差

ツナグ

ソリューションズ様

21

02

03

3

-4

リブセンス様

12

12

04

0

-6

アドバンテッジリスク

マネジメント様

20

21

11

7

+3

グローバルナレッジ

ネットワーク

30

40

11

7

+7

 


取締役がゴールを決めたほか、エースが6得点の活躍を見せ、GKは神セーブ連発だったとか......
ぜひ決勝リーグは観戦しにいきたいものです。


さて、決勝リーグは年明け2015年1月18日(日)に東雲にて開催されます。

対戦相手の企業の皆様、どうぞよろしくお願いします。

選手の皆様のご健闘、また、お怪我など無く無事に大会が終了できる事をお祈りいたします。






[社員の活動][2014年12月22日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【AWS re:Invent 2014 参加レポートその2】参加者へのサービスが充実!イベント会場・ハンズオンラボの様子
執筆:PR担当(Koyan)

グローバルナレッジのAWS担当講師による「AWS re:Invent 2014」参加レポート。
今回は、イベント会場やハンズオンラボの様子をご紹介します。

▼その他の参加レポートはこちらから▼


いよいよre:Invent会場へ

Amazon本社訪問の後、ラスベガスのベネチアンホテルに移動しました。
ホテルがre:Invent会場で、ツアーの参加者は同ホテルに宿泊したのです。

翌日、11月11日火曜日は、パートナー向けのイベント(APN Summit)の他、様々なハッカソンイベントが開かれました。
APNの基調講演では、パートナープログラムの拡大について発表がありました。
同時に、日本から4社がプレミアムパートナーに選ばれたことも発表されました。

blog1_パートナー向けイベント.jpg


ハンズオンラボ会場の様子

基調講演の後、私はハンズオンラボ会場で長い時間を過ごしました。
ハンズオンラボは、日本で開催されるイベント(AWS Summit等)でも設置されるので、ご存知の方もあるかもしれません。
QwikLabというサービスを使って、AWSのアカウントを借り、教材・演習環境を用いてAWSを学習できる機会です。

会場入り口でQwikLabを利用するためのクーポンが印字されたカードをもらいます。
後はPCを前にして、QwikLabにログインし、自分のペースで学習を進めます。
もともとQwikLabは公開されているサービスで、有料で利用する学習用ラボの他、無料のラボもあり、手軽にAWSの学習ができます。
グローバルナレッジのAWS研修でもQeikLabを利用しており、皆さんに利用をお勧めしたいサービスです。

こちらハンズオンラボには、日本人スタッフの方もいました。
Amazon Data Services Japanのトレーニング部門に所属する、トレーナーの皆さんです。
仕事柄、トレーニングを受ける機会が多い私にとって、実は顔見知りの皆さんです。
セルフペースラボでつまづいた受講者の質問に、親切に答えていらっしゃいました。

blog2_ハンズオンラボ.jpg


参加者向けのサービスが充実!

会場の様子、イベントの様子も書いておきましょう。
参加者向けのサービスが充実しているのが印象的でした。
入場登録すると、まずフリースが1着もらえます。また、参加者は朝食・昼食が無料です。
会場のそこかしこにはコーヒーなど飲み物のブースが設けられていて、これも無料です。

参加者全員が対象ではないのですが、認定技術者向けのラウンジもありました。
受付で認定されていることを知らせると、Certifiedロゴ入りセーターや、グッズをプレゼントされます。
写真に写っているサングラスは、LEDが仕込んであって、スイッチを入れると光ります!いわゆるジョークグッズですね。

blog3_4_ラウンジとサングラス.jpg

このラウンジでは、無料でスナックや飲み物のサービスが得られます。
こちらは、アメリカのグローバルナレッジがスポンサーになっており、アメリカで見慣れたロゴを見付けてうれしくなりました。

re:Invent会場となっているホテルは広いのですが、座ってPCで仕事をする場所となるとあまりありません。
廊下に座り、ノートパソコンを膝に乗せてタイプする人をたくさん見かけます。
Certifiedラウンジはそうした仕事をするのにうってつけの環境でした。
来年、re:Inventに参加しようという方は、事前に認定を受けておくことをお勧めします。



▼グローバルナレッジが開催するAWS認定トレーニング情報はこちらから▼

★「AWS資格取得応援キャンペーン」実施中★
対象のAWS認定資格対応コースをご受講の方に【Amazonギフト券】プレゼント!
▼詳しくはこちらから▼

[AWSトレーニング情報][2014年12月19日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【AWS re:Invent 2014 参加レポートその1】シアトル本社で聞いた、エンジニア4名のセッション
執筆:PR担当(Koyan)

先日、グローバルナレッジのAWS担当講師が、米国ラスベガスでのカンファレンス「AWS re:Invent 2014」に参加しました。

講師が参加したのは、AWS re:Invent 2014の前にシアトル本社に立ち寄り、エンジニアによる特別セッションが聞けるという盛りだくさんコース。
今回は、そのシアトル本社でのセッションの様子をご紹介します。


シアトル本社での特別セッション

AWS re:Inventツアーに参加しました。
私が参加したコースでは、re:Inventの前に、まずシアトルでAmazon本社を訪問し、AWSの各サービスの開発・運用にあたるエンジニアの話を聞きました。
雨が多いというシアトルですが、本社を訪問した月曜日は晴れて、ツアーは幸先のよいスタートとなりました。

blog用1_CIMG2691.JPG

訪問した本社では、パスポートを提示し、本人確認した上で、セキュリティカードを受け取りました。
さすがに厳しい入館管理です。

その後、会議室にて、開発・運用にあたるエンジニアの方のセッションを4つ聞きました。

blog用2_IMG_20141110_084834.jpg


世界中のサポート拠点が連携し、24時間体制で対応

1人目は、カスタマーサポートにあたる方。
日本で採用された日本の方ですが、異動してシアトルで働いているとのこと。
グローバルにサービス提供をするAWSのサポート体制を聞きました。
世界中のサポート拠点が連携しながら、24時間体制でトラブルへの対応をしているそうです。
「Amazonには小売りのDNAがある。顧客を大切にしている」というお話が印象的でした。
話の合間にシアトルの土地柄のお話を織り交ぜてくださって、楽しいセッションでした。


メンバーの成長を担うマネージャーの苦心

2人目は、Kinesisの開発チームを率いる日本人マネージャーでした。
Kinesisの機能やユースケースの説明の後、AmazonのLeadership Principlesを紹介していただきました。
これらの"原則"に従いながら、時に"原則"同士が対立する局面がある中で、サービスを迅速にリリースし、継続してチームを成長させていく。
マネージャーの仕事の苦心をうかがいました。


気になるDBエンジンの動向は?

3人目は、RDBをクラウド上で実行する、DSを開発するエンジニアの方。
この方のセッションの最後に、受講者から、
「PostgreSQLの後、新しいDBエンジンの採用は無いが、
今後、リリースされる製品はあるか?」という質問が出ました。
「検討している」ということで、濁したような回答でした。
やはり言えないことが多いのかな、と思いましたが、re:Invent本番の基調講演で、新しいDBサービスであるAuroraが発表され、予想を大きく上回る回答を得たかたちになりました。


やはりAmazonには優秀な方が多い

4人目は、DynamoDBの開発チームの方です。
DynamoDBのJSON機能をご紹介いただきました。
ギリシャ出身ということでしたが、日本語で、「ドラえもんがどら焼きを食べる」というサンプルコードを説明しはじめたのでびっくりしました。
独学で日本語を学んだということだったのですが、とても流暢で、Amazonには優秀な方が多いのだなあと感心してしまいました。
その彼が「まわりの人が優秀な人ばかりで、本当にやっていけるのかなあと、毎日のように思う」と言っていたのには特に驚かされました......。


「顧客重視(Customer Obsession)」の姿勢

4つのセッションを聞いて印象に残ったことは、
どなたもAmazonの「顧客重視(Customer Obsession)」の考え方に深く共感しながら、仕事に当たっているということです。
顧客重視はいまやどんな企業もいうことですが、一段高いレベルでそれを目指していると感じました。
また、チームのメンバーの成長を常に考えてマネジメントしている、ということも。

次々と新しい機能・サービスがリリースされている理由を垣間見た気がします。
リーダーシップ、マネジメントということについて、大いに考えさせられました。

本社訪問の後、近くのレストランで昼食を取り、ラスベガスに移動しました。
いよいよre:Inventです。


[AWSトレーニング情報][2014年12月18日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<人気コース増設> NetApp 2コースの日程を追加しました
執筆:PR担当(MM)

パーツ_増設.gif
NetAppパートナー企業の皆様より大変ご好評いただいております、
NetApp認定トレーニング2コースのコース日程を追加いたしました。

「満席で申し込みができなかった」
「日程が合わずに諦めた」

という皆様、ぜひ、追加の日程で再度ご検討ください。


◆ Basic NetApp Configuration and Administration (BNCA)

NetApp Data ONTAP オペレーティングシステム (Data ONTAP 7-modeおよびclustered Data ONTAP) の基本的な操作を学習します。講義と演習を通じて、アグリゲート、SVM (storage virtual machine)、 VIF (virtual interface)、FlexVol、qtree、Snapshotの構成方法を学習します。

【近日開催日程】 ※会場はいずれも新宿LCです
2015/1/8(木)~9(金) 残席わずか! ★タブレットプレゼントキャンペーン対象日程★
2015/2/26(木)~27(金) New!
2015/3/30(月)~31(火) New!


◆ Clustered Data ONTAP Administration

clustered Data ONTAPの、プロトコルやSystem Manager 2.0などの新しい機能を使用し、アーキテクチャー、拡張性および効率性について議論します。Data ONTAPクラスタのインストール、構成、管理やトラブルシュートの方法を学習します。

【近日開催日程】 ※会場はいずれも新宿LCです
2015/01/19(月)~23(金) New!
2015/2/16(月)~20(金)
2015/3/16(月)~20(金)



[NetAppトレーニング情報News][2014年12月 8日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<19th Anniversary>グローバルナレッジは明日12月6日で設立19周年!
執筆:PR担当(MM)

19th_Anniversary_flower.jpg
グローバルナレッジネットワーク株式会社は、明日で19周年を迎えます。
ひとえにお客様のご支援ご指導の賜物です。厚く御礼申し上げます。

来年の設立日には20周年の節目を迎えます。
日々、新たなチャレンジに取り組みながら、社員一同邁進して参ります。


[News][2014年12月 5日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【11月の月間人気コースTOP10】AWS実践入門、PMP(R)BOOT CAMP、Microsoft Dynamics CRM 2013関連コース 他
執筆:PR担当(Koyan)

あっという間に2014年もあと1ヶ月を切りましたね。
街はすっかりクリスマスモード。グローバルナレッジの受付も、ツリーがきらきら頑張っています。

treev1141202mini.jpg
さて、毎月恒例、
先月11月の人気コースTOP10をグローバルナレッジのWEBサイトに掲載いたしました。

TOP10.jpg
※TOP10はWebサイトのこちら↑↑をチェック!

今回はAWS認定資格『ソリューションアーキテクト-アソシエイトレベル』対応の「Architecting on AWS」や、
NetApp認定トレーニングの「Basic NetApp Configuration and Administration (BNCA)」がランクインしました。

タイトルをクリックするとコース詳細をご覧いただけます。ぜひぜひ、ご参照ください。

▼2014年11月・人気コースTOP10!▼
1位: Amazon Web Services 実践入門1 ~一日で学ぶ、AWSクラウド活用~
2位: Amazon Web Services 実践入門2 ~AWSクラウドのサービス実践編~
3位: PMP(R) BOOT CAMP(前編) ~PMBOK(R)Guide第5版 知識習得~
4位: Architecting on AWS
5位: ITシステム基盤オーバービュー ~サーバー基盤とネットワーク基盤の全体像~
6位: 【PDU対象】プロジェクトを成功に導く外注管理
7位: ITインフラ構築実践1 ~要素技術を横断的に捉え、ITインフラを構築する~
8位: Basic NetApp Configuration and Administration (BNCA)
9位: Microsoft Dynamics CRM 2013 のカスタマイズと構成 (#80616)
10位: 【PDU対象】【現場体験型】ステークホルダーを動かすあの手この手 ~プロジェクト成功の鍵~

[News][2014年12月 2日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<プレスリリース>AWS認定トレーニングをオンライン提供開始 ~全国どこからでもAWS認定トレーニングが受講可能に~
執筆:PR担当(MM)

banner_vc_aws.png
本日、以下の内容でプレスリリースを発表しましたのでお知らせします。

【タイトル】
グローバルナレッジ、AWS認定トレーニングをオンライン提供開始 
~全国どこからでもAWS認定トレーニングが受講可能に~

【要旨】
グローバルナレッジは、2014 年 12 月より、リアルタイムオンライントレーニングサービス"Virtual Classroom"で、アマゾン ウェブ サービス(以下 AWS)のトレーニングを提供開始します。

グローバルナレッジは、2013 年 10 月より AWS 認定トレーニングパートナーとして AWS の「AWS Partner Network」に加入し、集合研修形態の AWS 認定トレーニングを提供しています。AWS 認定トレーニングは、東京・大阪・札幌・仙台・名古屋・福岡の 6 会場で開講し、約 1 年間で累計 1,000 人を超えるお客様にご受講いただきました。

新たに Virtual Classroom サービスでも AWS 認定トレーニングを開講することで、研修会場への移動が不要となり、全国の AWS 技術者の皆様にとって、移動時間や費用を削減できる効果があります。

グローバルナレッジは、多様な研修形態で AWS 認定トレーニングを提供し、全国の AWS 技術者の育成を支援します。

▼プレスリリースの全文はこちらから(PDF)▼

▼AWS認定トレーニング on Virtual Classroomの詳細はこちらから▼





[AWSトレーニング情報News][2014年11月12日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
HTML5がやってきた!
執筆:PR担当(MM)

here_comes_html5.png

| HTML5 がやってきた!

2014年10月28日、HTMLの新しいバージョンであるHTML5がW3Cによって勧告されました

その前のバージョンであるHTML4.01の勧告は1999年12月24日ですから、15年の歳月を経てついに勧告です。
(HTML4.01勧告の日に生まれた赤ちゃんが、もう少しで中学校を卒業してしまうところです!)

HTML5では何ができるのか、Web開発関連コースの担当講師に聞いてみました。



| HTML5 で何ができるの?

「すでに多くのブラウザーがHTML5をサポートしておりますが、HTML5を使うと、たとえばこんなことができるようになります。

 ・ウェブ上で利用されるビデオや音声情報をプラグイン不要で再生
今までは、プラグインと呼ばれる追加のアプリケーションを必要としていたのですが、ブラウザーのみで再生できます。

 ・入力テキスト欄にメールアドレス用、日付用などの条件を追加
例えばメールアドレス用ならば「@」が入っていないとエラーとなってデータ送信ができないなどの入力チェックが行われます。これまではJavaScriptを使ってカスタマイズしていた部分が自動的に行えるようになり非常に便利です。

HTML5対応ページは、スマートフォンやタブレットでは操作性がより向上され、さらなる普及が見込まれます。」

ということです。

HTML5の導入で、Webの開発も利用もますます便利に、楽しくなりますね!



| 年末年始、スケジュールが空いたら受講しませんか?


HTML5のコースはすでに多数のお客様に受講していただいています。

年末年始でプロジェクトが一段落、という方、ぜひこのタイミングでご受講ください。
クリスマスに残業したくない!という方におすすめの日程もございます(笑)
また、新入社員向けのパッケージもご用意していていますので、ぜひご検討ください。


▼「HTML5 で出来ること」の全体像を1日で速習!

 【新宿】 2014/12/19(金)


▼プログラミングが初めての方にも最適の基礎コース

 【新宿】 2014/11/25(火)~27日(木)、12/24(水)~26(金)、2015/1/27(火)~29(木)
 【大阪】 2015/1/21(水)~23(金)


▼新入社員向けパッケージ (複数社合同新入社員研修)

 【新宿】 全14日間 (2015/4/6~4/23) ※開催日程は予定です。






[Tips][2014年11月11日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【アジア初】グローバルナレッジアジア、シスコシステムズ社認定ラーニングパートナーとして4つのSpecialization全てを取得

spcialization.jpg

グローバルナレッジアジア(本社:シンガポール)は、APJCリージョンのシスコシステムズ社認定ラーニングパートナーとして初めて、4つのSpecializationを全て取得しました。 

シスコラーニングパートナースペシャライズドは、下記4項目のうち1つを満たすことで認定されますが、グローバルナレッジアジアは、4項目全てにおいて認定を取得致しました。 

•Collaboration Specialization 
•Borderless Networks Specialization 
•Data Center Specialization 
•IP Next-Generation Network Specialization 

これは、グローバルナレッジアジアのすぐれたトレーニング提供能力、サービス品質、顧客満足度など、シスコの厳格な基準を満たし、さらにシスコソリューション構築を担う次世代IT技術者の育成のための投資が評価されたものと認識しています。 

グローバルナレッジジャパンは、シスコ技術教育のリーディングカンパニーであるグローバルナレッジアジアの一員として、今回の認定を弾みに、今後も技術者育成の側面から、企業の競争力強化を支援してまいります。 


▼Global Knowledge achieves four Cisco Architecture Specializations
(グローバルナレッジアジアサイト) 


シスコラーニングパートナースぺシャライゼーションの詳細について
(シスコシステムズ社USサイト) 



  ~ グローバルナレッジジャパンからのご案内 ~ 

▼シスコシステムズ認定トレーニング一覧▼ http://www.globalknowledge.co.jp/reference/cisco/index.html 
※ 入門レベルから最上位資格に対応するハイエンドなスキルまで、ルーティング&スイッチング、デザイン、セキュリティ、データセンター、ワイヤレス、ボイスなどのシスコ技術を幅広く修得することができます。 

▼【キャンペーン実施中】CCNP資格取得応援キャンペーン ▼ http://www.globalknowledge.co.jp/topics/campaign/ccnp_support.html 
※ 対象コースをご受講の皆様全員に、 もれなく「スマホ対応版CCNPv1.0対策問題集」をプレゼント! 

▼【関連サービス】ワールドワイド トレーニングサービス ▼ http://www.globalknowledge.co.jp/info/service/wwts.html 
※ 海外の最新コースを、海外の講師を招いていち早く実施など、グローバルナレッジのワールドワイドネットワークを活用したトレーニングを展開致します。

[Cisco技術情報Newsグローバルナレッジからのお知らせ][2014年11月 5日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【発表!10月の月間人気コースTOP10】AWS認定資格対応「Architecting on AWS」、NetApp認定トレーニング「Clustered Data ONTAP Administration」がランクイン
執筆:PR担当(Koyan)

東京は今日もすっきりした青空が広がっています。
3連休明けでちょっとしょんぼりしていた心にさわやかな風が舞い込んできますね。
こんなに天気が良いと草原にでも出かけたくな・・・もとい、仕事がもりもりはかどるというものです。

blog141104.jpg

それはさておき、今回も毎月恒例、先月10月の人気コースTOP10をグローバルナレッジのWEBサイトに掲載いたしました。

TOP10.jpg
※TOP10はWebサイトのこちら↑↑をチェック!

今回も「AWS実践入門」がTOP2を占めています(ちなみに、この「AWS実践入門1」「AWS実践入門2」は大好評につき、開催日程を増設しました!)。その他AWS認定資格『ソリューションアーキテクト-アソシエイトレベル』に対応している「Architecting on AWS」や、NetApp認定トレーニングの「Clustered Data ONTAP Administration」がランクインしました。

タイトルをクリックするとコース詳細をご覧いただけます。ぜひぜひ、ご参照ください。

▼2014年10月・人気コースTOP10!▼
1位: Amazon Web Services 実践入門1 ~一日で学ぶ、AWSクラウド活用~
2位: Amazon Web Services 実践入門2 ~AWSクラウドのサービス実践編~
3位: Implementing Cisco Routing (ROUTE) v1.0 ~CCNP BOOT CAMP ルーティング編~[試験あり]
4位: Architecting on AWS
5位: ネットワーク設計の基礎 ~構成図とLAN・WAN・インターネット接続設計~
6位: PMP(R) BOOT CAMP(前編) ~PMBOK(R)Guide第5版 知識習得~
7位: 【PDU対象】ITコンサルタントの養成(基礎)~IT化の課題を解決する4つの力を身につけ、ITコンサルティングサービスを提供できる人材になる~
8位: CCNA BOOT CAMP前編 ~ICND1v2.0 CCENT対応~[試験あり]
9位: 【PDU対象】ソフトウェア品質管理 ~品質向上のための基礎知識~
10位: Clustered Data ONTAP Administration

[News][2014年11月 4日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<新入社員研修>カスタマイズできる!研修運営に独自の工夫ができる!【NEW TRAIN®】
執筆:PR担当(MM)

おはようございます、PR担当(MM)です。

昨日は少数採用企業の方向けに展開している、複数社合同の新入社員研修MIX TRAINをご紹介しました。MIX TRAINでは、トラック(分野)別に最適化されたパッケージカリキュラムで提供します。

 「独自のカリキュラムで実施したい」
 「研修の運用方法を工夫したい」

というお客様には、カスタマイズ可能な新入社員研修【NEW TRAIN®】をご利用いただいています。

ある企業様向けのNEW TRAIN®では、新入社員研修について「受け身の姿勢ではなく、自分から積極的に学んで欲しい」とのご要望を受け、お客様と研修内容を検討した結果、「教えない研修」を実施致しました。


 事例紹介:「自ら学ぶ姿勢」の育成を目指した【教えない研修】

「チーム(5~6名)で、お客様が要望している社員情報管理システムを構築してください。納期は14日後です。」


講師から新入社員に対する指示はこれだけ。

当然、新入社員たちは、

「どのように作業を進めれば良いのか?」
「スケジュール管理はどうすればいいのか?」

といった様々な問題に直面します。

講師はアドバイザーに徹し、その後も具体的な指示は出しません。

また、新入社員の相談役として配属後OJT担当者となる先輩社員が各チームをサポートします。


プロジェクト・ベース・ラーニングスタイルの研修が注目されていますが、講師の経験と、十分な準備をなくして「教えない研修」を成功させることは大変困難です。

カスタマイズ研修の一例として、一部抜粋してご紹介しましたが、上記のような研修をご検討中の研修ご担当者の方は、ぜひお早目にお問い合わせ・ご相談ください。


「教えない研修」で講師はどのような役割を果たすのか?
「教えない研修」で新入社員はどのように成長するのか?
事例の詳細は以下のリンクから!


 NEW TRAIN® とは......

NEW TRAIN®はグローバルナレッジの一社向け新入社員研修サービスです。
計画段階から、準備・実施・評価・フィードバック・OJTにいたる全てのフェーズにおいてお客様を強力にサポートします。

 ▼NEW TRAIN®の4大特徴!
  Point1. アレンジ自在
  Point2. 強力な運営支援体制
  Point3. 自律支援
  Point4. 大規模研修にも対応



 11月14日、まずは無料セミナーへどうぞ!

【セミナー概要】
ここ数年、お客様から「従来の研修期間よりも早く現場に送り出したい」という研修短期化のご要望を頂くことが増えてきました。

また一方で「配属後、自ら動き、適切に行動できる新入社員を育成したい」とのご要望も多く頂きます。そのためグローバルナレッジでは、新入社員研修期間で最大の効果を出すための各種施策に取り組んでおります。本セミナーでは、弊社の施策のいくつかをご紹介いたします。

また、現代の若者向けの新しい学びの形態として、ここ数年で大変注目されているスマートフォンを活用した学習についてキャスタリア株式会社 取締役の前川様をお迎えし、最新動向や新入社員研修への活用方法についてお話していただきます。


【日時】 2014年11月14日(金)  14:00~17:00
【会場】 グローバルナレッジ新宿ラーニングセンター






[Tips研修現場から][2014年10月30日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<新入社員研修>1名様から参加できる!他社社員と切磋琢磨できる!【MIX TRAIN】
執筆:PR担当(MM)

こんにちは、PR担当(MM)です。

日中の日差しの強さにもかかわらず、朝晩は冷え込みが感じられるようになってきましたね。
いよいよ、10月も終わりが見えてきました。

そしてこの時期、新入社員研修のご相談が増えてまいります。
近年多いのは、特に、「少数精鋭」新入社員の育成に関するご相談です。


新入社員研修でよくあるお悩み・ご相談

 「新入社員の育成に費用があまりかけられない......」
  「研修に助成金を使いたいが申請の仕方がわからない......」

  「現場で必要な技術が増え、OJTだけでは指導しきれない......」
  「採用を増やしたが、育成方法が確立されていない......」
  
  「内容や運営サポートの質が低いのではないかと心配......」
  「テーマごとに講師が変わると引継ぎや情報共有が不安......」

 「社会人の基礎的なビジネス力をしっかり身につけさせたい......」
  「新入社員の自律性やモチベーションを高めたい......」
  

そのお悩み、グローバルナレッジの【MIX TRAIN】で、解消しませんか?




MIX TRAIN とは......

MIX TRAINは、複数社の新入社員が切磋琢磨する、ITエンジニア育成のための新入社員研修です。 機材や環境を用意するのが難しい少人数の新入社員研修におすすめです。業種・職種に合わせて4つのカリキュラムから選択できます。

 ▼選べる4つのカリキュラム!
  ネットワーク・インフラ技術者育成【Network/Infraトラック】
  アプリケーション開発者育成【Javaトラック】
  アプリケーション開発者育成【C#トラック】
  Web開発者育成【マルチデバイス対応Webサイト作成トラック】



11月14日、まずは無料セミナーへどうぞ!

【セミナー概要】
ここ数年、お客様から「従来の研修期間よりも早く現場に送り出したい」という研修短期化のご要望を頂くことが増えてきました。

また一方で「配属後、自ら動き、適切に行動できる新入社員を育成したい」とのご要望も多く頂きます。そのためグローバルナレッジでは、新入社員研修期間で最大の効果を出すための各種施策に取り組んでおります。本セミナーでは、弊社の施策のいくつかをご紹介いたします。

また、現代の若者向けの新しい学びの形態として、ここ数年で大変注目されているスマートフォンを活用した学習についてキャスタリア株式会社 取締役の前川様をお迎えし、最新動向や新入社員研修への活用方法についてお話していただきます。


【日時】 2014年11月14日(金)  14:00~17:00
【会場】 グローバルナレッジ新宿ラーニングセンター







[セミナー情報][2014年10月29日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
来週は「テレワーク推奨強化週間 2014」です!
執筆:PR担当(MM)

telework.jpg

進んでますか?テレワーク

昨年6月に閣議決定された「世界最先端 IT 国家創造宣言(※首相官邸サイトのPDFファイルへリンク)」では、「雇用形態の多様化とワーク・ライフ・バランス(「仕事と生活の調和」)の実現」において、テレワークの推進、ワークスタイルの変革などが提唱されており、以下のような目標を設定しています。

 ▼2016年までに......
  本格的なテレワーク推奨モデルの構築・普及を図る

 ▼2020年までに......
 テレワーク導入企業数を3倍(2012年度比)にする
 テレワーカー(*)数を全労働者数の10%にする
  *週1日以上終日在宅で就業する雇用型在宅型テレワーカー




ご存知ですか?「テレワーク推奨強化週間 2014」

microsoft_telework_week_2014.png
日本マイクロソフト社はこの日本政府の方針にも沿った形で、来週2014/10/27(月)~10/31(金)の5日間、「テレワーク推奨強化週間 2014」を実施します。

グローバルナレッジは、この日本マイクロソフト社の活動の趣旨に賛同し、「対象バーチャルトレーニングコース受講料の割引による在宅勤務者の学習支援」を行います。

テレワーク推進に、ぜひご活用ください。




グローバルナレッジのテレワーク支援活動の概要


 その① Virtual Classroom全コースを20%割引にて提供

 インターネット経由で受講ができるVirtual Classroomサービスを活用すれば、在宅学習を実現できます。
 テレワークの普及が進む米国では受講者数が急拡大しており、Microsoftトレーニングなどでは教室での集合研修の受講者を超えています。

 

 その② Microsoft Lync Server 2013 トレーニングコースパッケージを20%割引にて提供

 快適なテレワーク環境を提供する Microsoft Lync の専門知識を持った技術者を育成!
 Microsoft Lync ソリューションの修得に最適なトレーニングパッケージをご用意しました。
 Office 365など、社内システムとの連携にも最適です。



多くの企業様のテレワーク推進に、ご活用いただければ幸甚に存じます。







[Microsoft技術情報Newsキャンペーン情報][2014年10月24日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<台風19号接近に伴う対応について>10/14(火)、グローバルナレッジ主催コースは通常通り開講予定です。
執筆:PR担当

大型で非常に強い台風19号が、13日(月・祝)には西日本にかなり接近し、 14日(火)にかけては本州を縦断するおそれがあると報道されております。

現時点で、グローバルナレッジ主催コースは通常通り開講する予定です。
交通機関が乱れることが予想されますので、遅刻される方が多い場合には、開始時間を遅らせる場合もありますので予めご了承ください。

また、台風の影響でご参加が困難な方につきましては、同コースの別日程に振り替えることも可能です。

ご無理をなさらず、どうぞご相談ください。 研修にご参加の皆様、十分お気をつけてご来場ください。

[Newsグローバルナレッジからのお知らせ][2014年10月10日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<放課後GK> 社員の親睦にはやっぱりBBQ!
執筆:PR担当(MM)

こんにちは、グローバルナレッジPR担当です。
台風が去ってからは文字通りの台風一過で、秋らしい晴天が続いていますね。
とはいえ、台風19号がまたすぐ到来するとか......つかの間の好天を楽しみましょう!


さて今日は、とあるオフの日のグローバルナレッジ社員の様子をご紹介いたします。

グローバルナレッジには旧来、有志社員による『BBQ企画室』なる地下組織があり、
この企画室を中心に年に2回ほど、BBQを企画・実施し、社員の親睦を深めています。

ここ数年は、悪天候などにより中止が続いていたのですが、先日、久しぶりのBBQが開催されました。

▽ グローバルナレッジBBQ名物『絵に描いたようなBBQ串』 ▽
10665798_10204896251265592_8198913232645834402_n.jpg

私共、研修の企業でございますので、日々、何事も学びの姿勢で取り組んでおります。
BBQといえども例外ではございません。
企画室よりアナウンスされた、今回のBBQ開催概要学習要綱は次の通りです。


■タイトル  
 B-Tech 2014 OCT4 ~ BBQ&秋の食材育成のトレンド ~ 

■ワンポイントアドバイス  
 BBQ&秋の食材のトレンドを基調公園+27セッションで一挙に味わいます。
 爽やかな秋の一日を、おいしいお肉に舌鼓を打ちながらのんびりまったり過ごしたい方にお奨めです。
 今回は、ソフトクリームをみんなで作ります:-)

■形式  
 演習  

■学習目標  
 ●爽やかな秋の一日を、おいしいお肉に舌鼓を打ちながらのんびりまったり過ごすことができる  
 ●同僚の意外な一面を発見できる
 ●同僚のお子さんの成長に目を細めることができる
 ●同僚のペットをお世話できる

■対象者  
 爽やかな秋の一日を、おいしいお肉に舌鼓を打ちながらのんびりまったり過ごしたい方  

■コース概要  
 炭火をおこしたり、BBQ 串に食材を挿して準備したり、焼いたり、おしゃべりしたり、後片付けをしたりします。 
 今回はソフトクリームを作ります。

■学習内容  

1. 火概要  
- 人は何故 BBQ をするか?
- 着火剤?それは必要ですか?
- 効果的着火とサスティナブルな熾火の管理

2. 食材の下ごしらえ
- 包丁は「猫の手」で!
- 上ごしらえでもなく、急ごしらえでもなくただ凛として粛々と
- やはりグローバルの包丁は「いいね!」

3. 焼く
- フル ステンレス製のダッチオーブンの実力は?
- ブラック ポットと化したダッチオーブンの魅力
- 火の爆ぜる音と1/fゆらぎ
- オリーブ オイル、それは焦がさないためのエッセンス

4. 実食  
- そこに BBQ がある風景
- なんだか、美味しい。それが BBQ
- 「関東の一つのこし」へのアサーティブな対応と葛藤の処理

5. ソフトクリーム
- ボールに氷を入れて塩をふりかける
- 別のボールに生地をいれて冷やしながらひたすらかき混ぜる
- クリームをしぼるやつでコーンにちゅるちゅる

6. 後片付け 
- 前片付けでもなく、中片付けでもなくただ凛として粛々と
- BBQ の向こう側
- 立つ鳥跡を濁さず


詳しい演習内容は......いわゆる一つの『飯テロ』ですので、続きのページにて掲載いたします。
よかったらご覧くださいね!








▽ ▽ ▽ 以下、続きです ▽ ▽ ▽

■実習/演習内容詳細  

・演習内容
演習 1. ウェルカム ウィンナー
IMG_1618.JPG
(まずはこちらをつまみながら!)

演習 2. A5 ランク?A5 サイズ? の何か
IMG_1610.JPG
(子供たちもお手伝いに積極参加)

10712865_10204896253025636_9062338347430670357_n.jpg
(美味しそう!!)

演習 3. ローストビーフ
DSC05660M.jpg
(食べ損ねた!!by PR担当)

演習 4. 豚のスペアリブ
10361980_10204896251425596_5418228037782708526_n.jpg 
(仕込んできた肉をダッチオーブンへ)

10704080_10204896258345769_8954502432667336570_n.jpg
(じゅうじゅう!!)

演習 5. ローストチキン
10659366_10204896256985735_2516899892640640172_n.jpg
(炭を置いて待つ......出来上がりは撮り損ねました)

演習 6. さんまご飯(※洗米を焼いたさんまと一緒に土鍋で炊きあげます)
1796605_10204896257745754_998556781794706765_n.jpg
(このままでも美味しそうですが......)

10352929_10204896258985785_5795191152767439679_n.jpg
(土鍋で炊き込み、ほぐしていただきます!)

演習 7. 焼きそば
10687039_10204896436030211_8809353655908199128_n.jpg
(BBQのテッパン料理!)

演習 8. ソフトクリーム
10653593_10204896254545674_7628059443154095996_n.jpg
(塩を振った氷を敷きつめたボウルに材料を入れ、ひたすら混ぜます...)

10653592_10204896255985710_959503476638192507_n.jpg
(固くなったらできあがり!絞り袋でコーンに絞っていただきます。子供たちに大人気♪)

・使用するソフトウェア/ハードウェア
 - 肉、魚、野菜、炭、調味料、エクストラ バージン オリーブ オイル、グレープシード オイル
 - 木炭、シェールガス、メタンハイドレート
 - バーベキューコンロ 匠
 - ダッチオーブン ブラック ポット
 - ダッチオーブン フルステンレス



以上です、美味しそうでしょう?
企画室長、そして室長代理、いつもBBQプロジェクトの企画推進ありがとうございます!
とこの場を借りて......

IMG_1613.jpg
(BBQ企画室長の羽部です)




▽本記事の関連記事はこちら▽




[社員の活動][2014年10月 8日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
シスコサポートコミュニティにて、弊社講師による無料オンラインセミナーを開催:<11/5(水) 開催>
執筆:PR担当

シスコシステムズ社のサポートコミュニティにて、弊社講師による無料オンラインセミナーを開催します。
シスコサポートコミュニティにご登録いただければ、WebCast(Web動画配信サービス)でどなたでも無料でご受講いただけます。ふるってご参加ください。

 ◇セミナー概要
suzukiT.jpg【タイトル】
【グローバルナレッジネットワーク共催】
 実装から学ぶIPv6技術


【日時】 
20014/11/5(水) 午前10時~11時半

【講師】 
鈴木 剛 Cisco 認定インストラクター CCIE#40170

【内容】

本セミナーでは、今後利用が広がっていくことが想定されるIPv6技術について、実際にネットワークを構築する観点からご紹介いたします。
また、Cisco認定資格であるCCNA、CCNP、CCIEでもIPv6に関する出題は増加傾向にあるため、試験対策の一環としても効果的です。

セミナーは約60分、その後は参加者の皆様からの質問に答える Q&A の時間を約20分ほど設けています。

▼お申し込みはこちらから(シスコシステムズ社サイト)
【無料】実装から学ぶIPv6技術 オンラインセミナーのお申込み

▼シスコサポートコミュニティ オンラインセミナー(Webcast)のご案内はこちら https://supportforums.cisco.com/ja/community/5356/webcast

▼グローバルナレッジのシスコ認定トレーニングコースご案内はこちら

http://www.globalknowledge.co.jp/reference/cisco/index.html


今回で4回目となるシスコシステムズ社との共催セミナーですが、次回以降の予定は下記の通りです。

●12/17(水) Cisco UCSについて
(グローバルナレッジ新宿会場+Webcast 講師:シスコシステムズ社TACエンジニア)


詳細確定次第、追ってご案内させていただきます。乞うご期待ください!

[Cisco技術情報][2014年10月 7日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<台風18号> 6日お昼の新宿の様子
執筆:PR担当(MM)

20141006新宿の空.JPG
大型で強い台風18号の影響で、都内でも一部の地域で避難勧告が出ておりました。
まだまだ強い風が吹いておりますが、新宿近郊では雨が降りやんだようです。
新宿ラーニングセンターのあるここ住友不動産新宿オークタワーからは、
今は富士山も見えています(写真)

台風はこのまま北進を続け、今日の夜までは各地に風雨をもたらす見込みです。
暴風域にお住まい、お勤めの皆様、どうぞご注意ください。




さて......


このような、台風大雪など各地の交通アクセスに大きな影響を及ぼす自然災害
ゲリラ豪雨猛暑花粉......

「こんな日に研修会場に出かけて行くの、
 ちょっとなぁ......↓↓」

と思ったことはありませんか?

そんな方々にぜひおすすめしたいのが、
グローバルナレッジのオンラインライブトレーニングサービス
Virtual Classroom」です!

Virtual Classroomなら、会場まで移動せずご自宅から研修をご受講になれます。

banner_vc_title.png

台風の状況を鑑みず、空気を読まずにPRしてみました......失礼いたしました。
皆様、引き続き、台風にお気を付けてお過ごしください。







[グローバルナレッジからのお知らせ][2014年10月 6日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<台風にご注意ください>明日10/6(月)、グローバルナレッジ主催コースは通常通り開講予定です
執筆:PR担当(MM)

大型で強い台風18号が、明日6日(月)朝から昼前にかけて、近畿地方・東海地方・
関東甲信地方に最も接近し、上陸するおそれがあるとされております。

現時点で、グローバルナレッジ主催コースは通常通り開講する予定です。
交通機関が乱れることが予想されますので、遅刻される方が多い場合には、
開始時間を遅らせる場合もありますので予めご了承ください。

また、台風の影響でご参加が困難な方につきましては、同コースの別日程に
振り替えることも可能です。ご無理をなさらず、どうぞご相談ください。

研修にご参加の皆様、十分お気をつけてご来場ください。

[グローバルナレッジからのお知らせ][2014年10月 5日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【発表!9月の月間人気コースTOP10】ネットワーク基礎、プロジェクトマネジメント関連トレーニングがランクイン
執筆:PR担当(Koyan)

清々しい青空が広がっています。
いや~、今日は絶好の行楽日和ですね!

blog_top1009.jpg
・・・さて、仕事仕事っ。


今回も毎月恒例、先月9月の人気コースTOP10をグローバルナレッジのWEBサイトに掲載いたしました。

TOP10.jpg
※TOP10はWebサイトのこちら↑↑をチェック!

今回もAWS実践入門がTOP2を占めています。その他ネットワーク設計の基礎や、プロジェクトマネジメント関連コースがランクインしました。

タイトルをクリックするとコース詳細をご覧いただけます。ぜひぜひ、ご参照ください。

▼2014年9月・人気コースTOP10!▼
1位: Amazon Web Services 実践入門1 ~一日で学ぶ、AWSクラウド活用~
2位: Amazon Web Services 実践入門2 ~AWSクラウドのサービス実践編~
3位: ネットワーク設計の基礎 ~構成図とLAN・WAN・インターネット接続設計~
4位: PMP(R) BOOT CAMP(前編) ~PMBOK(R)Guide第5版 知識習得~
5位: PMP(R) BOOT CAMP(後編) <前編テキストなし> ~PMBOK(R)Guide第5版 練習問題&模擬試験~
6位: ITインフラ構築実践1 ~要素技術を横断的に捉え、ITインフラを構築する~
7位: CCNA BOOT CAMP後編 ~ICND2v2.0対応~[ICND2(200-101)試験あり]
8位: 【PDU対象】ITサービスマネジメント・エッセンシャルズ ~ITサービスマネジメントの本質と要点~
9位: 【PDU対象】プロジェクトマネジメント(前編) ~しっかりした計画作り・PMBOK(R)Guide第5版対応~
10位: 【PDU対象】中堅社員のためのチームワークとリーダーシップ ~チームの関係強化とパフォーマンス向上~

[News][2014年10月 3日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【開催まであと1週間】ここが見どころG-techセッション紹介 vol.9:サービス化の流れは止まらない!ITIL(R)を活用したサービス事業のマネジメント基盤
執筆:PR担当(Koyan)

新宿と大阪にて、基調講演+合計27セッションでIT&ビジネス人材育成のトレンドをご紹介する無料セミナー「G-tech」
ついに開催まであと1週間となりました!
シリーズ【ここが見どころG-tech】では、当日予定しているセッション内容を少しずつご紹介していきます。

オンラインセッションもございますので、興味のあるセッションがあればぜひご参加ください。


◆セッション紹介 vol.9:サービス化の流れは止まらない!ITIL(R)を活用したサービス事業のマネジメント基盤◆

blog141003.jpg
●概要
システムを開発し、そのモノを販売する時代から、クラウドに代表されるようなサービスの提供による価値の提供、つまりサービス化が加速しています。従来のビジネスモデルからどのように価値を創出して、サービス品質をマネジメントするかを、ITIL(R) 2011 Editionのベストプラクティスから紐解いていきます。

●セッション日時
東京:10/10(金) 13:00~14:00

●対象者
サービスの価値創出を考えている方。サービスレベル品質を管理している方。サービスプロバイダーとしてサービス提案からサービス提供までのライフサイクルに関わる方。

●講演者プロフィール
鈴木 寿夫 (すずき としお) 氏
DIG2ソリューションズ株式会社
代表取締役

ITIL(R)のExpert認定トレーナーとして、教育研修やコンサルティングなどを通じ、サービスマネジメントについて普及活動をしている

▼G-techの詳細・お申込みはこちらから
banner_g-tech2014mini.png

[イベント情報][2014年10月 3日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
総合カタログDigestを見やすいデジタルカタログで!<キャンペーン実施中>
執筆:PR担当(MM)

banner_digitaldigest_campaign.png

| 研修総合カタログをより便利に、より手軽に

img_digitaldigest.png
グローバルナレッジの総合カタログ"Education Guide Digest"をより便利にお使いいただけるよう、デジタル版カタログ"Digital Digest"を刊行いたしました。

デジタルカタログなら、PDFファイルより起動が速く動作も軽快です。さらに、全文検索機能やコース名からお申し込みページへのリンクもスムーズ。

スマートフォンやタブレットの専用アプリを使用すれば、Wifi環境でカタログをダウンロードしておき、オフライン環境や3G/4G回線の環境でもデータ容量を気にせずゆっくり閲覧できます。皆様、どうぞご活用ください!





| "Digital Digest"キャンペーン実施中

Digital Digestの新規刊行を記念し、キャンペーンを実施します!

img_digest_campaign1.png

★その1★ 
Digital Digest
アンケートキャンペーン
igital Digestをご覧いただき、デジタルカタログご利用についての簡単なアンケートにお答えください。
ご回答者様の中から、抽選で5名様にオリジナルポロシャツをプレゼント!

img_digest_campaign2.png
★その2★ 
Digital Digest
ご利用キャンペーン
さらに、Digital Digest経由でコースにお申し込みくださった方には、先着30名様にもれなく、モバイルバッテリチャージャーをプレゼント!





皆様、どうぞ"Digital Digest"ご活用ください。よろしくお願いします!






[グローバルナレッジからのお知らせ][2014年10月 1日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【開催まであと10日!】ここが見どころG-techセッション紹介 vol.8:Microsoft Azureで負荷分散された仮想マシンを作ってみよう ~Amazon Web Servicesと比べながら~
執筆:PR担当(Koyan)

新宿と大阪にて、基調講演+合計27セッションでIT&ビジネス人材育成のトレンドをご紹介する無料セミナー「G-tech」。ついに開催まであと10日です!
シリーズ【ここが見どころG-tech】では、当日予定しているセッション内容を少しずつご紹介していきます。
オンラインセッションもございますので、興味のあるセッションがあればぜひご参加ください。


◆セッション紹介 vol.8:Microsoft Azureで負荷分散された仮想マシンを作ってみよう ~Amazon Web Servicesと比べながら~◆

Gtechblog140930.png
●概要
クラウドサービスの普及により、単にサーバーを立てるだけなら特別な知識は必要なくなりました。本セッションでは、Microsoft Azureを使って負荷分散されたサーバーを構築するための基礎知識を、Amazon Web Services EC2と比較しながら紹介します。参加者は、Microsoft Azureを使った仮想マシンと仮想ネットワーク構築の基礎を理解できます。

●アジェンダ
1. Microsoft Azure概要
2. ストレージ
3. ネットワーク
4. サーバー
5. 高可用性サーバー
6. ハイブリッドクラウドへの展開

●ここが見どころ!講演者よりひとこと

クラウドコンピューティング御三家と言えば、Amazon Web Services(AWS)、Google、Microsoft Azureです(アルファベット順)。

この中で、仮想マシンを直接提供するIaaSを最初に提供したのはAWSですが、ここ1年でMicrosoft Azureが急激に追い上げてきました。現在では、AWSもAzureもほぼ同じ機能を提供しています。


このセッションでは、Microsoft Azureを使って負荷分散された仮想マシンを作成する時の考え方や手順を紹介します。このとき、AWSに似たような機能がある場合はその都度紹介していきます。

なお、時間の都合で、AWSについては詳細な構成手順は紹介せず、単に対応する機能を列挙するに留めますのでご了承ください。


本セッションは、クラウドを使って仮想マシンを展開したいと考えている方、社内のサーバーをクラウドの移行したいと考えている方、スケーラビリティの高いサーバーを手軽に作りたいと考えている方などに最適です。

主な内容は以下の5ステップです。

  1. 仮想マシンの作成
  2. 仮想マシンのカスタマイズイメージの作成
  3. 負荷分散機能の実装
  4. 負荷分散された仮想マシンの展開
  5. 負荷に応じた自動スケーリングの構成

リアルタイムにデモをしていきます。時間内に終われるか不安ですが、きっとできるはず。ご期待ください。


●セッション日時
東京:10/10(金) 14:30~15:30※オンライン視聴も可能です。

●対象者
IT基盤を担当するエンジニア、システム管理者、ビジネスマネージャ

●講演者プロフィール
横山 哲也 (よこやま てつや)
グローバルナレッジネットワーク株式会社

Windows Serverを中心にIT技術者向け教育や、クラウドコンピューティングの入門者向け教育を担当。マイクロソフト認定ソリューションエキスパート(Private Cloud)、マイクロソフトMVP(Directory Services)。


▼G-techの詳細・お申込みはこちらから
banner_g-tech2014mini.png

[イベント情報][2014年9月30日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<プレスリリース/キャンペーン>グローバルナレッジ、Google社公式Google Cloud Platform認定トレーニング販売開始 ~Google Cloud Platformトレーニングパートナー 株式会社トップゲートと業務提携~
執筆:PR担当

blog140930image.jpg
本日、以下の内容でプレスリリースを発表しましたのでお知らせします。

【タイトル】
グローバルナレッジ、Google社公式Google Cloud Platform
認定トレーニング販売開始
~Google Cloud Platformトレーニングパートナー 株式会社トップゲートと
業務提携~

【要旨】
グローバルナレッジは、Google Cloud Platformトレーニングパートナーである株式会社トップゲートと業務提携し、Google Cloud Platform認定トレーニングの販売を2014年10月より開始致します。

Google Cloud Platform (以下、GCP) とは、Googleが提供するPaaS及びIaaS形式のサービスです。
GCPでは、高いスケーラビリティと信頼性を誇るGoogleのコンピューティング、ストレージ、アプリケーション等のインフラを利用することができます。

Google Cloud Platform認定トレーニング&認定試験は、Google社が開発者向けに提供しているGCPのトレーニング制度と資格試験です。
株式会社トップゲートは、Googleの技術に特化した専門技術者集団であり、トレーニングに関しても高い評価を得ています。

グローバルナレッジはこれまでも代表的なパブリッククラウドベンダーのトレーニングを提供して参りました。
この度のGoogle Cloud Platform認定トレーニングの販売開始により、より一層、お客様のクラウドサービスの導入・活用を担う人材の育成をサポートいたします。


▼プレスリリースの全文はこちらから(PDF)▼

▼Google Cloud Platform認定トレーニングについてはこちらから▼
GCP_titlev2mini.jpg

[News][2014年9月30日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
2015年6月までのトレーニングコース日程を掲載!
執筆:PR担当(MM)

calendar2.jpg

2015年6月までのトレーニングコース日程表が、ダウンロードできるようになりました。
来期の研修計画策定に是非、お役立てください。
※ExcelおよびPDFの日程表には、2015年6月分は2014/10/1以降掲載されます。

また、開催場所や日程等についてのご要望がございましたら、お気軽にお問合せください。






[グローバルナレッジからのお知らせ][2014年9月26日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【開催まであと15日!】ここが見どころG-techセッション紹介 vol.7:Facebookを用いた採用活動におけるコミュニケーション
執筆:PR担当(Koyan)

新宿と大阪にて、基調講演+合計27セッションでIT&ビジネス人材育成のトレンドをご紹介する無料セミナー「G-tech」
ついに開催まであと15日です!
シリーズ【ここが見どころG-tech】では、当日予定しているセッション内容を少しずつご紹介していきます。

オンラインセッションもございますので、興味のあるセッションがあればぜひご参加ください。


◆セッション紹介 vol.7:Facebookを用いた採用活動におけるコミュニケーション◆

Gtechblog140925v2.jpg
●概要
就職活動にFacebookを使う学生が非常に多くなっています。その中で、Facebookで実現できる内定者のコミュニケーションや内定辞退防止策、入社までの教育、次年度の採用に向けた情報発信、会社へのロイヤリティ育成・・・など、今、採用担当者が行うべきソーシャル戦略についてご紹介します。

●セッション日時
東京:10/10(金) 13:00~14:00

●対象者
人事担当者

●講演者プロフィール
金城 弘二郎 (きんじょう こうじろう)
株式会社クリスク
コンサルタント

クリスクにてソーシャル事業を担当。
日本及びアジアでのソーシャルマーケティングを担当。
大手日系企業をはじめとしたソーシャル活用、運用セミナーの講演など。

▼G-techの詳細・お申込みはこちらから
banner_g-tech2014mini.png

[イベント情報][2014年9月25日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【お知らせ】AWS開発者向けトレーニングの10月開催日決定!<10/29(水)~31(金)>
執筆:PR担当(MM)

AWS 上でアプリケーション開発を行う開発者の方
AWS認定試験『AWS認定デベロッパー-アソシエイトレベル』をご受験の方

大変お待たせいたしました!

AWS開発者向けトレーニング『Developing on AWS』の
10月・12月開催コースのお申し込み受付を開始しました。


お席に限りがございますので、お申し込みはお急ぎください。ご受講をお待ちしております!

▽コースの詳細・お申し込みはこちら▽




▽関連キャンペーン▽
awstitle_v2mini.jpg
















[AWSトレーニング情報][2014年9月22日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【ここが見どころG-tech】セッション紹介 vol.6:AWSの使い方・学び方
執筆:PR担当(Koyan)

新宿と大阪にて、基調講演+合計27セッションでIT&ビジネス人材育成のトレンドをご紹介する無料セミナー「G-tech」
ついに開催まで一か月を切りました
シリーズ【ここが見どころG-tech】では、当日予定しているセッション内容を少しずつご紹介していきます。

オンラインセッションもございますので、興味のあるセッションがあればぜひご参加ください。


◆セッション紹介 vol.6:AWSの使い方・学び方◆

P8_クラウド.png
●概要
Amazon Web Services (AWS)はパブリッククラウド市場の圧倒的なマーケットリーダーであり、日本でも急速に導入が進んでいます。
このセッションでは、AWS実践入門1・2で扱うサービスを、デモンストレーションを交えて紹介します。AWSの主要サービスを理解し、今後の利用方法や技術者の育成について検討するための基礎知識をつけることができます。

●ここが見どころ!講演者よりひとこと
グローバルナレッジが提供しているAWSトレーニング「Amazon Web Services実践入門1」「Amazon Web Services実践入門2」の2コースは、それぞれ1日ずつで受講しやすいせいか、様々な職種の方に受講していただいています。

「これからはクラウドだ、という話だから、よく分からないけど研修を受けてみた」とおっしゃっていたマネージャーの方が、
「AWSのすごさがよく分かった。自社のサービス、プロダクトにどう取り入れるか、よく考えてみるよ」と言ってお帰りになっています。
また、「基本の使い方や注意点を学べてよかった。会社にもどって、あれこれ試してみます」とおっしゃるエンジニアの方もたくさんいらっしゃいます。

私の担当するセッション「AWSの使い方・学び方」では、合計2日間の実践入門1・2のエッセンスを抜き出して、1時間で簡潔に、デモを交えながら示します。
 マネージャーの方には、「AWSをビジネスでどう使うか」を考えていただくきっかけに。エンジニアの方には、「AWSをどう学べばよいか」を知るきっかけになればと思います。

また、AWSの良さに、「初期費用無し」「アカウントを作成したらすぐに始められる」「無料で使える試用枠がある」というのがあります。
受講された方に「よし、ひとつAWSを試してみるか」と思っていただけるような、意義あるセッションにしようと考えています。

●セッション日時
東京:10/10(金) 16:00~17:00

●対象者
これからAWSを使い始める方・AWSの導入を検討している方

●講演者プロフィール
井澤 哲也 (いざわ てつや)
グローバルナレッジネットワーク株式会社
AWS認定トレーナー

AWS認定ソリューションアーキテクト/デベロッパー/SysOpsアドミニストレーター - アソシエイト
プログラミングおよび要件定義などの上流工程から、AWSまで幅広く担当している。


▼G-techの詳細・お申込みはこちらから
banner_g-tech2014mini.png

[イベント情報][2014年9月18日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【ここが見どころG-tech】セッション紹介 vol.5:Google Cloud Platform - Googleスケールのサービスを支えるインフラを利用する
執筆:PR担当(Koyan)

新宿と大阪にて、基調講演+合計27セッションでIT&ビジネス人材育成のトレンドをご紹介する無料セミナー「G-tech」
ついに開催まで一か月を切りました
シリーズ【ここが見どころG-tech】では、当日予定しているセッション内容を少しずつご紹介していきます。

オンラインセッションもございますので、興味のあるセッションがあればぜひご参加ください。


◆セッション紹介 vol.5:Google Cloud Platform - Googleスケールのサービスを支えるインフラを利用する◆

Gtechblog140917.png
<概要>
Google Cloud Platformを利用すると、Google検索やGmail、Youtubeといった大規模サービスを支えるインフラの上であなたのアプリケーションを動かすことが可能です。本セッションではGoogle Cloud Platformの概要、特徴を説明し、これからのエンジニアが持つべきスキルについて考えるきっかけになればと思っております。

<セッション日時>
大阪:10/17(金) 13:00~14:00

<対象者>
IaaS/PaaSに興味のある全ての技術者

<講演者プロフィール>
福田 潔 (ふくだ きよし)氏
グーグル株式会社
エンタープライズ部門
セールスエンジニア

Google Cloud Platform専任のセールスエンジニア。プリセールス活動全般を担い、Googleサービスの普及活動を行っている。

▼G-techの詳細・お申込みはこちらから
banner_g-tech2014mini.png

[イベント情報][2014年9月16日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【ここが見どころG-tech】セッション紹介 vol.4:Google Cloud Platformでインフラエンジニアの仕事が変わる ~製品特徴からSIerの本音まで~
執筆:PR担当(Koyan)

新宿と大阪にて、基調講演+合計27セッションでIT&ビジネス人材育成のトレンドをご紹介する無料セミナー「G-tech」
ついに開催まで一か月を切りました
シリーズ【ここが見どころG-tech】では、当日予定しているセッション内容を少しずつご紹介していきます。

オンラインセッションもございますので、興味のあるセッションがあればぜひご参加ください。


◆セッション紹介 vol.4:Google Cloud Platformでインフラエンジニアの仕事が変わる ~製品特徴からSIerの本音まで~◆

blog140911.png
<概要>
Google自身が使用しているインフラをクラウド製品として利用することが可能になっています。Google認定教育パートナーであるトップゲート社から見たリアルな使用感と特徴を実績を踏まえてご紹介します。
また、エンジニアの担当領域別に今後求められるスキルをご説明します。


<セッション日時>
東京:10/10(金) 16:00~17:00  ※オンライン視聴も可能です。

<対象者>
PaaS/IaaSに興味がある全ての方、保守業務/開発業務の壁を感じている方

<講演者プロフィール>
満岡 秀一 (みつおか しゅういち) 氏
株式会社トップゲート
取締役

某組込Linuxベンダ経験からOSSに魅せられ、技術者に光を当てたい想いから、世界初のAndroid技術者認定試験を立ちあげる。現在は、教育・開発の両事業を担当。

▼G-techの詳細・お申込みはこちらから
banner_g-tech2014mini.png

[イベント情報][2014年9月11日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【ここが見どころG-tech】セッション紹介 vol.3:クラウド時代に勝ち残るための人材育成
執筆:PR担当(Koyan)

IT&ビジネス人材育成のトレンドを一挙ご紹介する大型無料セミナー「G-tech」
そろそろ開催まであと一か月を切ろうとしています。
シリーズ【ここが見どころG-tech】では、当日予定しているセッション内容を少しずつご紹介していきます。
 
オンラインセッションもございますので、興味のあるセッションがあればぜひご参加ください。


◆セッション紹介vol.3:クラウド時代に勝ち残るための人材育成◆

Gtechblog140909v2.jpg
<概要>本格化したクラウドサービスは、IT業界のビジネスモデルそのものを変えるインパクトがあります。IT企業は、このクラウドが引き起こす変化の中で勝ち残りつづける、強くしなやか組織を作ることが求められています。本セッションでは、前述の課題に対して取り組まれたSCSK様の事例を通じて、クラウド時代を勝ち残るための人材育成をご紹介します。

<アジェンダ>
1.研修企画の背景
2.研修企画概要
3.研修ベンダ選定のポイント
4.教材開発への想い、体制
5.研修実施後の変化
6.受講者以外からの評価・評判
7.今後の展開
8.まとめ

<セッション日時>
東京:10/10(金) 16:00~17:00  ※オンライン視聴も可能です。

<対象者>
IT企業の育成担当の方、事業会社のIT部門の育成担当の方


<講演者プロフィール>
倉石 宗一 (くらいし むねかず) 氏
SCSK株式会社
人事グループ 人材開発部 
専門能力開発課
課長

1990年、住商情報システム入社
主に金融系のシステムエンジニアとして従事。
2004年、専門性評価制度の策定メンバーとして人事系組織へ異動。
住商情報システムとCSKの合併を経て2012年より現職。

▼G-techの詳細・お申込みはこちらから
banner_g-tech2014mini.png

[イベント情報][2014年9月 8日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【ここが見どころG-tech】セッション紹介 vol.2:シスコのSDN最新動向とITインフラエンジニアに求められるスキル
執筆:PR担当(Koyan)

IT&ビジネス人材育成のトレンドを一挙ご紹介する大型無料セミナー「G-tech」
いよいよ、開催が来月に迫りました。
シリーズ【ここが見どころG-tech】では、当日予定しているセッション内容を少しずつご紹介していきます。
 
オンラインセッションもございますので、興味のあるセッションがあればぜひご参加ください。


◆セッション紹介vol.2:シスコのSDN最新動向とITインフラエンジニアに求められるスキル◆

Gtechblog140904.jpg
<概要>シスコは、様々なお客様のニーズに対応できる、多くのSDN対応製品やソリューションを提供しています。
また、今後とも様々な形態でSDN技術が普及していくと考えられます。SDNの技術動向を通じて、今後ITインフラエンジニアとして必要になると思われる考え方やスキルについて解説します。

<アジェンダ>
1. SDN技術動向とシスコのSDNの取り組み
2. シスコのSDN技術のデモンストレーション
3. 今後、求められるスキルとは?

<セッション日時>
東京:10/10(金) 13:00~14:00  ※オンライン視聴も可能です。
大阪:10/17(金) 13:00~14:00 

<対象者>
ITネットワークインフラに関連するすべての技術者

<講演者プロフィール>
早川 浩平 (はやかわ こうへい) 氏
シスコシステムズ合同会社
システムズエンジニアリング
SDN応用技術室 エバンジェリスト

SDN技術およびシスコのSDNソリューションを担当するエバンジェリストとして、イベントやセミナー、ブログなどを通じて、真にお客様にとって価値のあるSDN技術や製品について普及活動をしている。

▼G-techの詳細・お申込みはこちらから
banner_g-tech2014mini.png

[イベント情報][2014年9月 3日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【ここが見どころDigest】 カタログの顔といえば......表紙!
執筆:PR担当(MM)

img_omote1.png

皆さんこんにちは、PR担当(MM)です。
夏が去るのは早いもので、気づけば9月を迎えています。
今月で期末、あるいは半期の終了となる企業の方も多いことと思います。

来期、あるいは下期の人材育成計画に、総合カタログ「Education Guide Digest」最新号をぜひお役立てください。

▽カタログのご紹介ページができました!資料請求・PDFダウンロードもこちらから▽



いつもカタログを作る際、各号の内容に合わせて表紙のイメージやコンセプトを制作会社へお伝えし、デザイン案を3~4パターンご提示いただいています。そして、

GKJ総選挙 ※GKJ = Global Knowledge (Network) Japan の略

と題し、全社投票にかけてセレクションを行ってデザインを決定しています。
今回は「デジタルイノベーション」「グローバル」「アジリティ(スピード感)」「クラウド」をコンセプトにデザインしていただきました。


「スピード感がある!」
「『イノベーション』のイメージがわく」
「珍しい色」
「インパクトがあっていい」
「この案はありきたりな感じ」


社内の意見は様々です。
個人的に(これは......?)と思うデザインも、ふたを開けてみれば票を集めていたり、多方面から意見を募ることの重要性を、選挙のたび毎度思い知ります。

そんなこんなで得票数1位のデザインが、今回の表紙です。
多くの方にコンセプト伝わりやすく、受け入れていただける表紙になったのではないかと思います。

ぜひ、お手に取ってご覧ください。資料請求お待ちしております!




[News][2014年9月 3日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【ここが見どころG-tech】セッション紹介 vol.1:マイクロソフト技術と共に目指すフルスタックエンジニアへの道
執筆:PR担当(Koyan)

IT&ビジネス人材育成のトレンドを一挙ご紹介する大型無料セミナー「G-tech」
いよいよ、開催が来月に迫りました。
シリーズ【ここが見どころG-tech】では、当日予定しているセッション内容を少しずつご紹介していきます。
 
オンラインセッションもございますので、興味のあるセッションがあればぜひご参加ください。


◆セッション紹介 vol.1:マイクロソフト技術と共に目指すフルスタックエンジニアへの道◆

Gtechblog140902.jpg
<概要>フルスタックエンジニアを目指す近道は、フルスタックを提供する会社の近くにいることです。本セッションはフルスタック企業の渦中にいて様々な要件に素早く反応し続けているエバンジェリストが、マイクロソフトの技術やサービスの具体例を通じて、幅広い視野の持ち方や情報収集の仕方、情報の捨て方などについて紹介します。
また、本セッションに参加することで、マイクロソフトの製品戦略と、そこに対応するエンジニアの方向性を理解できます。

<アジェンダ>
1. 世の中にあふれるキーワードとマイクロソフトの製品ブランドの関係
2. クラウドファーストがエンジニアを楽にする
3. 技術の深さよりも重要なスピード感
4. ソーシャルから学ぶ緩やかなチームモデル
5. まとめ(あなたにもできる)

<セッション日時>
東京:10/10(金) 13:00~14:00  ※オンライン視聴も可能です。
大阪:10/17(金) 16:00~17:00 

<対象者>
新しい技術への対応力を強化したいと思っているエンジニアや、そのようなエンジニアを増やしたいと考えている企業の担当者の方。

<講演者プロフィール>
高添 修 (たかぞえ おさむ) 氏
日本マイクロソフト株式会社
エバンジェリスト

インフラ系テクノロジーを担当するエバンジェリストとして、次々に登場する様々な技術やサービスと向き合いながら、イベントやセミナー、記事の執筆などを通じて普及活動をしている。


▼G-techの詳細・お申込みはこちらから
banner_g-tech2014mini.png

[イベント情報][2014年9月 2日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【発表!8月の月間人気コースTOP10】CCNP対策コース、AWS認定試験対策コースが上位にランクイン
執筆:PR担当(Koyan)

48959_1 - コピー.jpg
9月が始まりました。
このところ、ちょっと涼しくなりましたね。
過ごしやすくて頭もスッキリ。仕事もはかどるというものです。もりもり。

さてさて毎月恒例、先月8月の人気コースTOP10をグローバルナレッジのWEBサイトに掲載いたしました。
TOP10.jpg
※TOP10はWebサイトのこちら↑↑をチェック!

今回はCCNP対応の試験対策コース「CCNP BOOT CAMP~スイッチング編~」や、
AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイトレベル試験に対応した「Architecting on AWS」が1位・3位にランクイン。
また、前回10位だった「セキュリティ技術概要」も6位に上がってきています。

タイトルをクリックするとコース詳細をご覧いただけます。ぜひぜひ、ご参照ください。

▼2014年8月・人気コースTOP10!▼
1位: Implementing Cisco IP Switched Networks (SWITCH) v1.0 ~CCNP BOOT CAMP スイッチング編~[試験あり]
2位: Amazon Web Services 実践入門1 ~一日で学ぶ、AWSクラウド活用~
3位: Architecting on AWS
4位: ITシステム基盤オーバービュー ~サーバー基盤とネットワーク基盤の全体像~
5位: Amazon Web Services 実践入門2 ~AWSクラウドのサービス実践編~
6位: セキュリティ技術概要 ~情報セキュリティ導入のための必須知識~
7位: コンピュータネットワーク入門 ~ネットワークの全体像と構成要素~
8位: 【PDU対象】サービス改善 ~SLAをベースとした測定と改善~
9位: CCNA BOOT CAMP後編 ~ICND2v2.0対応~[CCNA(200-120)試験あり]
10位: ネットワーク設計の基礎 ~構成図とLAN・WAN・インターネット接続設計~

[News][2014年9月 2日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【2014年上半期人気コースTOP10!】AWSの入門コースやCCNA・CCNP・PMP(R)試験対策コースが人気
執筆:PR担当(Koyan)

blog_rankimage140826.jpg
グローバルナレッジでは毎月、前月の人気コースをWebページにてお知らせしていますが、今回は2014年がもう半分を過ぎたということで、今年上半期(1月~6月)の人気コースをまとめて公開します!

2014年上半期、最も人気だったのは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)関連コース
1日で学ぶ入門コースが1位・2位を占めました。
またCisco認定資格のCCNA・CCNPや、プロジェクトマネジメントの国際資格PMP(R)等の試験対策コースも人気でした。

それでは、上半期人気コースの結果をご覧ください!

-----
▼2014年上半期人気コースTOP10▼※タイトルをクリックするとコース詳細をご覧いただけます。
1位: Amazon Web Services 実践入門1 ~一日で学ぶ、AWSクラウド活用~
2位: Amazon Web Services 実践入門2 ~AWSクラウドのサービス実践編~
3位: CCNA BOOT CAMP後編 ~ICND2v2.0対応~[CCNA(200-120)試験あり]
4位: PMP(R) BOOT CAMP(前編) ~PMBOK(R)Guide第5版 知識習得~
5位: PMP(R) BOOT CAMP(後編) ~PMBOK(R)Guide第5版 練習問題&模擬試験~
6位: 【PDU対象】ITIL(R) Foundation BOOT CAMP (試験あり)
7位: Implementing Cisco IP Switched Networks (SWITCH) v1.0 ~CCNP BOOT CAMP スイッチング編~[試験あり]
8位: Implementing Cisco Routing (ROUTE) v1.0 ~CCNP BOOT CAMP ルーティング編~[試験あり]
9位: 【PDU対象】ITコンサルタントの養成(基礎)~IT化の課題を解決する4つの力を身につけ、ITコンサルティングサービスを提供できる人材になる~
10位: 【PDU対象】効果的コミュニケーション・スキル ~より良い対人関係を構築するための聴き方、話し方~
-----

いかがでしたか。2014年後半戦~来期に向けての研修計画のご参考になれば幸いです。

この上半期人気コースTOP10は、Webサイトの【集合研修 分野別一覧】ページにも掲載しています。今後も是非ご活用くださいませ。
blog_bunyalist140826.jpg

※ちなみに、【集合研修 分野別一覧】ページは弊社Webページ上部の「研修コース・教材検索」メニューよりアクセスできます。(↓こちらの赤枠の部分です。)
blog_menu140826.jpg


[News][2014年8月26日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
情報漏洩事故を防ぐために必要なセキュリティ知識とは?~情報セキュリティ関連トレーニングのご紹介~
執筆:PR担当(Koyan)

blog_sequritymini.jpg
昨今、さまざまな情報漏洩の事件が話題になっています。

組織の情報漏洩は一度発生しただけで、大きな損害を被ります。
特に個人情報の漏洩は、賠償総額が億を超えることもあり、組織の存続にも関わります

情報漏洩やその他の脅威に対して情報セキュリティを維持、確保するためには、
技術的な対策のみならず、全社員が一丸となって情報セキュリティの重要性や知識を身につける必要があります

グローバルナレッジでは、情報セキュリティ担当者、エンジニア、一般社員といった、対象者ごとに必要な知識を体系的に学習できるコースを用意しています。

自身の業務にあったセキュリティ知識を強化・増強していきましょう。

▼グローバルナレッジの情報セキュリティ関連トレーニング 詳細はこちらから▼
secrity_titlev3mini.jpg

[News][2014年8月22日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
期間延長!【AWS資格取得応援キャンペーン】対象コース受講者様全員に、もれなくAmazonギフト券2000円分をプレゼント!
執筆:PR担当(Koyan)

awstitle_v2mini.jpg
まだまだ暑い日が続いていますね。
暑さのせいか先日、わが家の観葉植物に熱帯性のきのこが生えました。衝撃でした。

それはさておき、お知らせです。
7月から実施している【AWS資格取得応援キャンペーン】ですが、
おかげさまでキャンペーン対象コースが年内は満席となりました為、
終了を2015年度3月末まで延長致します!

AWSの資格取得を目指す方、AWSに関する知識やスキルを磨きたい方、
この機会にぜひ、ご受講ください。

★AWS資格取得応援キャンペーン★
対象のAWS認定資格対応コースをご受講の方に【Amazonギフト券】プレゼント!

▼詳しくはこちらをクリック▼
banner_awscp_v1.jpg


[AWSトレーニング情報News][2014年8月22日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<総合カタログ> Education Guide Digest 最新号制作中!
執筆:PR担当(MM)

皆様こんにちは、PR担当(MM)です。
ただいま半期に一度発行のグローバルナレッジ総合カタログを制作中です。

今回のメインテーマは「デジタル・イノベーション」。

クラウドファーストやSDxなど、従来のITシステム構築・運用における「常識」が変わっていく中で、IT人材がどのようにスキルを修得していくべきかを特集しています。どうぞご期待ください!

研修会場やセミナーなどでは、来週から最新号を配布する予定です。
冊子の送付をご希望のお客様におかれましては、資料請求ページからご請求ください。
(これから資料をご請求の皆様には、最新号をお届けします。)




▼今回の表紙はこちら!
digest2014aw.png


▼巻頭特集ページをチラ見せ!
digest2014aw_p4.png

カタログ送付のご希望は資料請求ページから!>>>





[News][2014年8月20日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【発表!7月の人気コース月間ランキングTOP10】AWS実践入門、情報セキュリティ関連コースがランクイン
執筆:PR担当(Koyan)

top10_1407.jpg
夏、真っ盛り。 
暑いですね。暑いですね。あまりに暑いので、涼しげな写真を載せてみました。
「どこでもドア」的なサムシングで一瞬でもこの写真の世界に行ってみたいものです。

それはさておき、8月に入りましたので、
グローバルナレッジのWebサイトトップページに前月7月分の人気コースTOP10を掲載いたしました。

TOP10.jpg
※TOP10はWebサイトのこちら↑↑に掲載しています。


今月もアマゾン ウェブ サービス(AWS)関連コースが絶好調です。
その他、最近注目が高まっている情報セキュリティ関連コースもランクインしています。

せっかくなので、
気になるTOP10の結果をこちらでもご紹介させていただきます。
タイトルをクリックするとコース詳細をご覧いただけます。ぜひぜひ、ご参照ください。

▼2014年7月・人気コースTOP10!▼


[News][2014年8月 7日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【オンライン無料授業】本日18:30~ Microsoft Azure IaaS講座「5分で作れるサーバーシステム」
執筆:PR担当(MM)

banner_schoo_pc.png

インターネット生放送無料授業の「schoo WEB-campus」にて、横山哲也の「Microsoft Azure講座」が絶賛開講中です。本日夜は2コマ目(/全3コマ)、「落ちない仮想マシンを作ってみよう」です。

 5分で作れるサーバーシステム......5分で......5分で??本当に作れる??

かどうか、授業内容はもとより、負荷分散された仮想マシンを作るデモも見どころです。
(どうやら今夜のデモは難しそうです!)

schooへの登録は無料です。
メールアドレスでの登録のほか、Facebookアカウントをお持ちの方なら3分程度で登録できます。
どなたさまもふるってご受講ください。

↓ ↓ ↓ 授業のシラバス、受講方法はこちらから ↓ ↓ ↓ 

banner_schoo_for_smartphone.png
【講座名】 「Microsoft Azure IaaS講座: 5分で作れるサーバーシステム」(全3回)
【講師】 横山 哲也
【日時】 第2回:8月6日(水) 18:00〜19:00
【内容】
 1限(終了) 「とにかく仮想マシンを作ってみよう」
 2限(本日) 「落ちない仮想マシンを作ってみよう」
 3限(来週) 「仮想マシンが欲しいのじゃない、Webサイトが欲しいんです」




■Microsoft Azure 1日コースも提供開始
グローバルナレッジではMicrosoft Azure関連の次の研修コースを提供します。

【コード】 MSC0517V  
【期間】 1日間
【時間】 9:30~16:30
【価格(税抜)】 55,000円(税抜)

無料授業をご受講になって、「もっと詳しく学びたい」、と思った方に、ぜひおすすめです!





[Microsoft技術情報セミナー情報][2014年8月 6日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
定期開催コース 価格改定のお知らせ
執筆:PR担当

日頃は弊社の研修サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

弊社ではこのたび、サービス提供に伴う原価の値上げに伴い、2014年10月1日(水)以降のお申し込み分について、一部の定期開催コースの価格を改定させていただきます。
大変ご迷惑をおかけいたしますがご理解の程、宜しくお願いいたします。

※ 10月1日(水)以降開催のトレーニングでも、9月30日(火)までのお申し込みには現行価格が適用されます。

弊社では、ご利用の皆様により一層のご満足をいただけるよう努めてまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申しあげます。

▼定期開催コース 価格改定のお知らせ▼

▼価格変更対象コース一覧はこちら▼

[グローバルナレッジからのお知らせ][2014年8月 1日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【AWS認定試験合格への道】AWS認定試験はどのカテゴリを受験すべき?お勧めの受験順序は?全てのAWS認定アソシエイトレベル試験に合格した講師からのアドバイス
執筆:PR担当(Koyan)

awsblog_3.jpg

これまで3回にわたり、弊社のAWS担当講師によるAWS認定試験合格体験記をご紹介してきました。
今回はこれから受験を考えている方へ、全てのAWS認定アソシエイトレベルを受けたうえでの、講師からのアドバイスをご紹介します。

▼3つの合格体験記はこちらから▼

-----------------

これまでAWS認定の、3つのアソシエイトレベル試験の体験記を掲載してきました。
最後に、ソリューションアーキテクト、SysOpsアドミニストレーター、デベロッパーの各試験について、
どのカテゴリーを受験しようか、どの順番で受験しようか検討中の方に向けて、私の考えを述べます。

まず、上位の試験(※2014年7月から、プロフェッショナルレベルの試験が始まります)に向かう前に、アソシエイトレベルはすべて受験することをお勧めします

実際のプロジェクトでは、複数のメンバーが役割分担をしながら、仕事を進めていくことになるでしょう。
しかし、全メンバーが広く一定以上の知識・技能を持つことで、AWSの特長である「速さ」を、「ビジネススピードの速さ」につなげていくことができます。

次に、お勧めの受験の順序です。
本ブログでの掲載順序とは異なり、私は「ソリューションアーキテクトアソシエイトレベル」を一番最初に受験しました(次にSysOpsアドミニストレーター、最後にデベロッパー)。
結果として、それはとてもよかったと思います。

ソリューションアーキテクトは、AWSを用いたシステムの全体の構成を考える役割です。
その際には「AWSらしい・クラウドらしい」「AWSの良さ・クラウドの良さを生かした」設計をしなければなりません。

本試験を準備することで、「AWSらしさ」の基礎を身に付けることができました。
そしてそれは、他のカテゴリーの技能のための基礎にもなるものでした。

受験を考えている皆様にも、最初の一歩として、ソリューションアーキテクトをお勧めしたいと思います。

多くのことを学ばなければなりませんし、費用も必要になりますが、認定試験を通じて得られる知識・考え方は、AWSをビジネスに活かすために、大いに役立つものです。

グローバルナレッジネットワークが提供する研修などを利用しながら、ぜひチャレンジしていただきたいと思います。

▼グローバルナレッジが開催するAWS認定トレーニング情報はこちらから▼

★「AWS資格取得応援キャンペーン」実施中★
対象のAWS認定資格対応コースをご受講の方に【Amazonギフト券】プレゼント!
▼詳しくはこちらから▼

[AWSトレーニング情報][2014年7月31日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
CCNP改訂発表 CCNPv1.0からCCNP Routing and Switching v2.0へ
執筆:PR担当

2014年7月29日(火)、シスコ社はCCNP試験カリキュラムを改訂し、バージョンが1.0から2.0になることを発表しました。

認定名称は正式に"CCNP Routing and Switching"となります。


グローバルナレッジでは今後シスコ社から発表があり次第、日本語版試験情報や試験対策コース情報をWebページやメールマガジンを通じてご案内いたします。


また、9月3日(水)にはVirtual ClassroomにてCCNP改訂のポイントをご紹介する無料セミナーを開催致します。こちらも是非ご参加ください。

 

▼CCNP改訂のご案内▼

http://www.globalknowledge.co.jp/reference/cisco/ciscotopics/ccnpv2.html

 

▼無料セミナー「新CCNP試験 ~ 新バージョンはここがポイント~ 」▼

https://globalknowledge.smktg.jp/public/seminar/view/38

 

※ Virtual Classroomは、インターネット経由で講師によるリアルタイムの講義を双方向で受講できる新しいサービスです。どこからでもご受講可能です。

 

▼ Virtual Classroomのご案内 ▼

http://www.globalknowledge.co.jp/virtualclassroom/index.html


[Cisco技術情報][2014年7月30日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
◆お申込み受付開始◆IT&ビジネス人材育成のトレンドを一挙紹介!無料イベント「G-Tech 2014」
執筆:PR担当(Koyan)

G-Tech 2014~ビジネスを加速させるフルスタック、マルチスキルエンジニア~


お待たせしました。
参加無料の特別イベント「G-Tech 2014」、ついにお申込み受付開始です!

今年のテーマは、
「ビジネスを加速させるフルスタック、マルチスキルエンジニア 」

ITとビジネスを牽引する世界有数のベンダー各社の最新情報、人材育成事例、
グローバルIT人材、最新技術動向などのIT&ビジネス人材育成のトレンドを、
新宿と大阪で一日程ずつ、基調講演+合計27セッションにてご紹介いたします。

----------
【講演&セッションテーマ例】※セッションタイトル・講演者は変更になる場合がございます。

●人材育成・採用トラック
・クラウド時代に勝ち残るための人材育成
・Facebook を用いた採用活動におけるコミュニケーション 

●PM・ITSM トラック
・プロジェクトマトリクス組織で成果を出すコミュニケーション
・サービス化の流れは止まらない!
 ITIL(R)を活用したサービス事業のマネジメント基盤 

●現場エンジニアトラック
・汎用プラクティスとしてのアジャイル開発
・可用性・拡張性を考慮したIT インフラの構築
・Microsoft Azure で負荷分散された仮想マシンを作ってみよう 

●ベンダー最新動向トラック
・AWS「クラウドファースト」は自社にも有効か?事例にみるクラウド導入の潮流
・マイクロソフト技術と共に目指すフルスタックエンジニアへの道
・Google Cloud Platform - Google スケールのサービスを支えるインフラを利用する
・シスコのSDN 最新動向とIT インフラエンジニアに求められるスキル
・Red Hat の描くクラウドとLinux の今後 ~10 年効くインフラエンジニアのスキル~ 
----------

ご参加はWeb申込による事前抽選制とさせていただいておりますので、
ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひお早目にお申込みください。

多くの人材育成担当者とエンジニアの方のご参加をお待ちしています!

▼イベントの詳細はこちらをクリック▼
G-Tech 2014イベント詳細

[イベント情報][2014年7月25日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
個人情報漏えい、原因の9割は人為的ミス!?高まる情報セキュリティ教育の重要性
執筆:PR担当(Koyan)

blog140723.jpg
クラウドサービスの浸透、ビックデータ活用、スマートデバイスの普及等々、
ITサービスが豊かになる一方で、益々の対策が求められるのが個人情報漏えい問題。
弊社宛にも情報セキュリティに関する人材育成のご相談・お問い合わせが増えています。

なぜ、企業からの情報漏えいは起こってしまうのでしょうか。
ある調査によると、情報漏えいの原因のトップ3はこのような結果となっています。

・管理ミス(59.0%)
・誤操作(20.1%)
・紛失・置き忘れ(8.0%)

このように人的ミスが、実に全体の約9割を占めています 。 
 ※(引用)JNSA2012年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書
情報セキュリティ対策の一つとして、情報を扱う社員へのセキュリティ教育は必須と言えるでしょう。


グローバルナレッジでは、新入社員やその他の一般社員向けの基礎的な研修から、
システム開発・運用部門、情報セキュリティ担当者向けの研修まで、
情報セキュリティ関連の研修を多数ご用意しています。是非、お気軽にご相談ください。

-----
▼新入社員、一般社員の方向け研修
 セキュリティの必要性、モラル、対応策などを、事例や実習を通して学習します。

▼システム開発・運用部門、情報セキュリティ担当者向け研修
 情報セキュリティ事故への対応を体系的に学ぶとともに、実際に情報セキュリティ事故が発生した環境の中で模擬訓練を行います。

 ICT 活用におけるリスクマネジメントの基盤である情報セキュリティについて、基礎と考え方を学びます。

※その他の研修はこちらから
-----

個人情報漏えい事故の代償は、企業にとって決して軽いものではありません。
社会的信用の低下や業務停止、賠償等々、重大な、場合によっては致命的な打撃を受けることになります。

社員のセキュリティ知識やモラルを高め、防げる事故は未然に防いでいきましょう。


[Tips][2014年7月23日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
「PMシンポジウム2014」弊社講師 ワークショップ担当
執筆:PR担当

「PMシンポジウム2014 」が、9月4日(木)・5日(金)で開催されます。
   https://pmaj.jp/

 

開催2日目の5日(金)に、弊社講師 田中淳子がワークショップを担当します。
田中は、2007年から8年連続でセッションを担当しており、
お話させていただくのも今年で9回目となります。

 

今年は、「経験学習」をプロジェクトの現場に取り入れ、
イマドキの若手育成を考えるワークを行います。

 

<田中 淳子のワークショップ概要>

 開催日   :   9月5日(金)13:45〜
 トラック:【B-4】ワークショップ
 内  容    :   イマドキの若手育成を考える
             〜「経験学習」をプロジェクトの現場に取り入れる〜
 申込URL :https://pmaj.jp/#schedule

 

 【早割でお得!】
      7月28日までにお申し込みいただくと、早期割引価格で参加可能です。

 

皆様と会場でお会いできることを、楽しみにしております。

[イベント情報][2014年7月18日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<社員執筆記事 雑誌掲載のお知らせ>「日経コンピュータ」 2014年7月10日号
執筆:PR担当

日経BP社発行の雑誌「日経コンピュータ」2014年7月10日号に、弊社社員田中淳子の執筆記事が掲載されました。

  140710nc_cover.jpg

◆掲載雑誌
 「日経コンピュータ」 2014年7月10日号

 

◆掲載内容
 若手を伸ばす五つの技
 上司・先輩が抑えておきたいヒューマンスキルの極意

 

◆詳細・ご購入
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/NCD/pc/ 

   (日経コンピュータのサイトへ)

 

◆ OJT担当者・上司向けトレーニング
  https://www.globalknowledge.co.jp/newtrain/ojt.html

 

[社員の活動][2014年7月17日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
新連載スタート!「上司はツラいよ」
執筆:PR担当

弊社講師 田中淳子が、誠Biz.IDで新連載を開始いたしました。

 

30~40代のリーダー、プレ管理職、管理職の方が、現場で直面する問題について取り上げ、解決策を読者の皆さんと一緒に考えていきます。

 

http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1407/10/news015.html

 

◆ 関連コースのご紹介 ◆

 

・効果的なリーダーシップを発揮する(リーダーシップ、コーチング)
    http://www.globalknowledge.co.jp/reference/hs/hslistcourse.html#index4

 

・後輩指導
    https://www.globalknowledge.co.jp/newtrain/ojt.html

 

▽ 弊社講師 岩淺こまき「そのひとことを言う前に」も好評連載中! ▽
       http://bizmakoto.jp/makoto/kw/sonohitokoto.html

[社員の活動][2014年7月17日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
AWS Summit Tokyo 2014開催!AWSの体験利用ができる「セルフペースラボ」に行ってきました。
執筆:PR担当(Koyan)

AWSサミット


AWSクラウドに関する国内最大規模のカンファレンス【AWS Summit Tokyo 2014】
ついに本日開催となりました。
今回は実に1万件を超える事前登録があったとのこと。大盛況ですね。

グローバルナレッジは当イベントにロゴスポンサーとして協賛しています。
(オープニングのスライド等でご紹介いただけました!)

logokeisai.jpg


さて、このイベントではAWSの体験利用ができるセルフペースラボが用意されています。

本日、このコーナーに弊社AWS担当講師が参加しました。
今回は気になるセルフペースラボの様子を簡単にご紹介しますね。

-----

こちらが会場の様子です。
広めの室内にPCがずらり。

AWS製品を実際に使いながら新しいスキルを習得できるセルフペースラボ。
それが今回は特別に無料で試せるとのことで、やはり人気コーナーのようですね。

labo2.jpg


大きなディスプレイで、快適に操作できます。

SH350005.jpg


「全く初めて」という方でも、きちんとサポートがあります。
手順に従って実際に操作すると、話を聞いてぴんとこなかったものが分かる場合がありますので、おすすめです。

明日7月18日の回への参加を予定されている方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

なお午前中は基調講演に行く方も多く、ゆったりした感じでしたが、
昼過ぎから盛況となり、上記の写真のように空いている席が無くなりました。
興味のある方は午前中が狙い目ですね!


▼グローバルナレッジが開催するAWS認定トレーニング情報はこちらから▼

[AWSトレーニング情報イベントレポート][2014年7月17日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【AWS認定試験合格への道】AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイトレベル合格体験記
執筆:PR担当(Koyan)

blog140717.jpg

グローバルナレッジのAWS担当講師が、AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイトレベルに合格しました。
試験を受けてみての感想、合格のために必要な準備などをご紹介します。

AWS認定資格を目指す方、ぜひ参考にしていただければと思います。

▼その他の合格体験記はこちらから▼

---

まず、本試験では、各サービス、特にアプリケーションレベルの各サービス(SQS、DynamoDB、ElastiCache、SimpleDBなど)の詳細はあまり問われません。
例外はEC2やS3、その関係サービス(VPC、EBSなど)です。

これは、「ソリューションアーキテクト」という役割の特性を表しているといえそうです。
試験の要覧によれば、ソリューションアーキテクトは、プロジェクトにおいて次のような役割を果たす能力が必要である、とされています。

■要件を理解し、AWSアーキテクチャーのベストプラクティスを用いて構築するソリューションを定義することができる。
■アーキテクチャーのベストプラクティスを、開発者およびシステム管理者に対してプロジェクトのライフサイクルを通じて助言できる。

サービスの開発はデベロッパーが、開発後の運用はアドミニストレーターが担当する、
という役割分担がある中で、ソリューションアーキテクトは全体を見渡し、AWSの各サービスをどのように組み合わせたらよいか定義し、助言することが求められているわけです。

したがって、基本となるサービスのEC2、S3についてきちんと理解した上で、
様々なサービスについては基礎を理解し、どう組み合わせたら、より「AWSらしい」「AWSの良さを生かす」設計になるといえるか。
これを判断できることが、ソリューションアーキテクトとして、試験対策の上でも重要といえそうです。

勉強方法としては、第一に『Amazon Web Services 実践入門1』『実践入門2』の受講を強くお勧めします。
2コースを通じて、 AWS のグローバルインフラや、概念を学び、基本操作に無理なく慣れることができます。

続いて、『Architecting on AWS』で、AWSのサービスを組み合わせてアプリケーションを開発する場合の、設計上の留意点を学ぶとよいでしょう。
開発経験豊富な講師のもと、議論・検討を行うことで、柔軟かつ耐障害性のある設計を知ることができます。

本試験は、AWSの利用、他の試験カテゴリーの学習の基礎になる知識を得る良い機会になります。
AWSを利用する多くの方に受験をお勧めします。

-----
★「AWS資格取得応援キャンペーン」実施中★
対象のAWS認定資格対応コースをご受講の方に【Amazonギフト券】プレゼント!

▼詳しくはこちらから▼

[AWSトレーニング情報][2014年7月17日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
IT&ビジネス人材育成のトレンドをご紹介する無料イベント「G-Tech 2014」開催します!
執筆:PR担当(Koyan)

G-Tech 2014~ビジネスを加速させるフルスタック、マルチスキルエンジニア~

来る10月、IT&ビジネス人材育成のトレンドをご紹介する無料イベント
「G-Tech 2014~ビジネスを加速させるフルスタック、マルチスキルエンジニア ~」を開催いたします。

G-Techはグローバルナレッジが推進する人材育成の最新情報をお客様にお届けする目的で、2007年よりほぼ毎年開催しております。
昨年は2日間で延べ240名を超えるお客様にご参加いただき、盛況のなか開催することができました。

今年は新宿と大阪にてそれぞれ1日程、合計27セッションをご用意しています。
オンライン受講可能なセッションもございます。

【講演&セッションテーマ例】
●基調講演:個人と企業のための「武器としてのフルスタックエンジニア」論
●ITIL(R)を活用したサービス事業のマネジメント基盤
●汎用プラクティスとしてのアジャイル開発~エンタープライズ適用の新常識~
●10年効くインフラエンジニアのスキル~Red Hatの描くクラウドとLinuxの今後~
●facebookを用いた採用活動におけるコミュニケーション
●AWSの使い方・学び方

などなど、他にもベンダー各社最新情報、人材育成事例、グローバルIT人材、最新技術動向など、IT&ビジネス人材育成のトレンドを一挙紹介します。
※セッションタイトル・講演者は変更になる場合がございます。

なお、ご参加はWeb申込による事前抽選制とさせていただいております。

お申し込み受付開始は2014年7月25日(金)を予定しております。
どうぞお見逃しなく!

▼イベントの詳細はこちらから▼
G-Tech 2014イベント詳細

[イベント情報][2014年7月11日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
CCNP対応試験対策コース 価格改定のお知らせ
執筆:PR担当

2014年8月1日(金)以降のお申し込み分について、CCNP対応試験対策コース(ROUTE、SWITCH、TSHOOT)の価格改定を致します。

<2014年7月31日まで>
現価格(税抜):250,000円(試験/バウチャーあり)、226,000円(試験なし)

<2014年8月1日以降>
新価格(税抜):280,000円(試験/バウチャーあり)、255,000円(試験なし)

※8月1日以降開催のトレーニングでも、7月31日までのお申し込みには現行価格が適用されます。

2014年度下期にCCNP対応試験対策コースご受講を検討中のお客様は、どうぞお早目にお申し込みください。


[グローバルナレッジからのお知らせ][2014年7月 9日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<イベント情報> NetApp Partner Summit 2014 に出展
執筆:PR担当(mm)

1404777685526.jpg

NetApp Partner Summit 2014 いよいよ開催

昨日の東京開催を皮切りに、NetAppのパートナー企業向けイベント「NetApp Partner Summit 2014」が全国4か所で開催されます。
明日7/10(木)が名古屋、さらに、15(火)福岡、23(水)大阪と続きます。

 ▼NetApp Partner Summit 2014の詳細はこちら



 グローバルナレッジは東京・名古屋・福岡・大阪、全会場で出展!

昨年より認定ラーニングパートナーとなりましたグローバルナレッジは、各会場にてスペースをお借りしブースを出展しています。ブースでは、「総額100万円相当」の研修コース無料受講券が当たる抽選会を実施。ご来場の皆様、ぜひお立ち寄りください!

▼夏のマストアイテム、うちわをもれなくおくばりしています
uchiwa.JPG






[NetAppトレーニング情報イベント情報][2014年7月 9日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【AWS認定試験合格への道】AWS認定デベロッパー-アソシエイトレベル・合格のポイントとは
執筆:PR担当(Koyan)

blog140707.jpg

先日、グローバルナレッジのAWS担当講師が、SysOpsアドミニストレーター-アソシエイトレベルに続き

今回もその合格体験記をご紹介いたします。
AWS認定資格を目指す皆様の参考になれば幸いです。

 
---

先日、AWS認定デベロッパーアソシエイト試験に合格しましたので、体験記を書いてみます。

この試験では、AWSを用いたプロジェクトにおいて、開発者として実装作業に携わるために必要な知識を問われます。
EC2やその関連サービス(EBS、ELB、VPCなど)、S3の理解は大前提として必要です。

しかし、それだけでは足りません。
アプリケーションサービス、開発・管理のためのサービスが出題範囲に含まれていることが、本試験の特徴です。

EC2などのインフラ系のサービスに比べてこれらのアプリケーション系のサービスは、
ドキュメントを読むだけでは十分に学べなかった、準備ができなかった、というのが私の感想です。

そこで、理想的な試験対策は次のようになると考えます。

<ステップ1>
まず『Amazon Web Services実践入門1』『実践入門2』を通じて、
AWSのグローバルインフラや、概念を学び、基本操作に慣れることから始めるとよいでしょう。

▼講座の詳細はこちらから

<ステップ2>
次に、『Developing on AWS』の受講をお勧めします。
DynamoDB、SQS、Beanstalkなどの、アプリケーションサービス、開発・管理のためのサービスの中心的な概念を、講師の支援のもとに実際に操作して学ぶことができます。

▼講座の詳細はこちらから

研修を受講できない場合、あるいは研修を受けた後でも、公開されているガイドにならって実際に操作してみると、知識を確実にすることができます。
たとえば、Elastic Beanstalkであれば、こちらにウォークスルーガイドがあります。

DynamoDBやSQSなどについても、同様のドキュメントが公開されています。
AWSの公式サイトから各サービスの「開発者リソース」または「ドキュメンテーション」のリンクをたどれば、ドキュメントを見つけることができます。日本語訳版も着実に増えています。

実際の操作をした上で各サービスの中心的な概念や特徴的な機能を学べば、合格を確実なものにできるでしょう。

-----
★「AWS資格取得応援キャンペーン」実施中★
対象のAWS認定資格対応コースをご受講の方に【Amazonギフト券】プレゼント!

▼詳しくはこちらから▼

[AWSトレーニング情報][2014年7月 8日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<イベント情報> 開催まであと2週間!AWS Summit Tokyo 2014
執筆:PR担当

160_600.gifAWS Summit Tokyo 2014 の開催まであと約2週間となりました。皆さま、お申し込みはお済みでしょうか?
さて、こちらのイベントでは、多様な情報収集に役立つセッションのほか、さまざまな催しが実施されますのでご紹介いたします。

AWS認定試験 特設受験会場
 AWS Summit会場で認定試験が受験できるのをご存知でしたか?Summit特設会場で合格すると、プレゼントが進呈されるそうですから、ぜひ挑戦を!(※試験は有償です。)
 また、新たに国内で提供されるプロフェッショナルレベルの一部試験も、AWS Summit Tokyo会場にて先行提供されます。ソリューションアーキテクト-アソシエイトレベルの資格をすでにお持ちの方は要チェックです。
 なお、先日お知らせしたとおり、グローバルナレッジの新宿・大阪会場でもAWS認定試験の受験が可能になりました。AWS Summit会場での受験が難しい方は、どうぞグローバルナレッジをご利用ください。

セルフペースラボ
 AWS製品を実際に使いながら新しいスキルを習得できるセルフペースラボが、特別に無料でお試しになれるチャンスです。
 グローバルナレッジの講師がサポートスタッフとしてお手伝いしています。チラシも設置していただいておりますのでぜひお立ち寄りください。

<< 詳しくは左のバナーリンクから!







[AWSトレーニング情報イベント情報][2014年7月 2日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<社員 電子書籍出版のお知らせ>「人間関係に訊く"サプリ"」
執筆:PR担当

弊社社員田中淳子が連載していた、ITmedia「誠Biz.ID」に連載の「人間関係に訊く"サプリ"-職場で役立つ30のコミュニケーション術-」の電子書籍が出版されましたのでお知らせいたします。

 

人間関係に効くサプリ_1000.png

◆書籍名
 田中淳子の人間関係に訊く"サプリ"
 職場で役立つ30のコミュニケーション術

 

◆著者
 田中淳子

 

◆定価
 324円(税込)

 

◆発売社
 アイティメディア株式会社

 

◆内容
職場ですぐ使えるコミュニケーション上のちょっとしたコツやスキルを紹介。
連載の中で人気があった30編を掲載しています

 

◆詳細・ご購入
http://www.itmedia.co.jp/info/ebook/business/#13(ITmediaのeBookサイトへ)

 

◆「コミュニケーション力を高める」研修一覧
http://www.globalknowledge.co.jp/reference/hs/hslistcource.html#index1

 

◆ ヒューマンスキル ブログ「わくわくヒューマンスキル
http://blog.globalknowledge.co.jp/wakuwaku/

 

[社員の活動][2014年7月 2日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<お知らせ> 2015年1月~3月分の定期開催コース日程を掲載
執筆:PR担当

calendar.jpg
2015年1月から3月分の、定期開催コース(グローバルナレッジ主催)日程を掲載いたしました。
人材育成計画策定や、助成金の訓練計画策定にお役立てください。

▼コース日程表はこちらからダウンロード▼

※上記リンク先ページに掲載のコース日程表データ(Excel/PDF)ファイルには、2014年7月1日以降に2015年3月分が表示されます。





[グローバルナレッジからのお知らせ][2014年6月26日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<研修コース紹介>速い流れの中だからこそ必要な「戦略的思考」
執筆:PR担当

football.jpg
ワールドカップ、楽しんでいらっしゃいますか?

サッカーは、次のような特徴を備えた、選手1人ひとりに高い適応力が求められるスポーツであるといえます。


・ 絶え間なく試合(状況)が動き続ける
・ チームのリソースを生かした明確な戦略がある
・ その戦略を実現する戦術がある
・ (敵のミスなど)機を逃さず自チームの流れに切り替えられる


ビジネスの現場で活躍する人材にこそ、このような速い流れを見極め行動するための戦略的思考が必要です。ビジネスのスピードに乗りながら最適な判断を下し実行できる人材は、これからの組織に必ず求められてきます。


▼ ▼ 戦略的プランニングの過程を理論と実践的ワークショップで学ぶ! ▼ ▼

次のコースは、戦略的プランニングの過程を理論と実践的ワークショップを交え、幅広い思考の中で新たなアイディアを取り入れながら学習します。


【コースコード】CNC0040R
【期間】2日間
【時間】9:00~17:00
【価格(税抜)】93,000円(税抜)
【主催】グローバル ナレッジ マネジメント センター株式会社
【日程】2014年7月16日(水)~7月17日(木)
【会場】GKMC東京(麻布台)
 
▼詳細・お申し込みはこちらから▼





[ビジネススキルトレーニング情報][2014年6月25日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
ビジネススキルカタログ『Glovalue』完成!
執筆:PR担当

ビジネススキルコンセプトカタログ Glovalue


世界をとらえる人、未来を変える人---
 ビジネススキル研修のコンセプトカタログができました

世界的な競争の中で、広い視野と柔軟な発想力を発揮し、新しい価値を創造できる人材......

 グローバル + バリュー = 「グローバリュー人材

に必要な7つのスキルについて、現場の実例を交えながらご紹介しています。
人事・人材育成ご担当者の皆様、ぜひお手に取ってご覧ください。

▼カタログの詳細・資料請求はこちらから▼





[ビジネススキルトレーニング情報][2014年6月19日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<プレスリリース/キャンペーン> Kryterionテストセンター開設 ~新宿と大阪で AWS 認定試験の受験が可能に~
執筆:PR担当

本日、以下の内容でプレスリリースを発表しましたのでお知らせします。

logo_kryterion.jpg

【タイトル】
Kryterion テストセンター開設 ~新宿と大阪で AWS 認定試験の受験が可能に~

【要旨】
グローバルナレッジは、新宿ラーニングセンターおよび大阪カスタマビジットセンターにおいて、Kryterionテストセンターの会場として、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)資格試験受験環境を提供開始します。 
Kryterionは、世界各国に750会場を有するオンラインテスト配信会社です。これまで国内では東京と福岡に4会場を展開し、AWS認定試験などの受験環境を提供しています。
グローバルナレッジは、新たに東京(新宿)、大阪(中之島)でKryterionテストセンターを開設し、AWS認定試験の受験会場を提供します。これにより、関西圏におけるAWS技術者の受験利便性が向上します。 グローバルナレッジは、AWS認定トレーニングの提供とともに、テストセンターとして、AWS認定技術者の育成を支援いたします。


▼プレスリリースの全文はこちらから(PDF)▼


★テストセンター開設を記念し、「AWS資格取得応援キャンペーン」実施★
対象のAWS認定資格対応コースをご受講の方に【Amazonギフト券】プレゼント!

▼詳しくはこちらから▼





[AWSトレーニング情報Newsキャンペーン情報][2014年6月17日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<キャンペーン> 助成金申請書類作成サポートキャンペーン (10社様限定)
執筆:PR担当


■10社様限定キャンペーン開始!

助成金は知っているけど、手続きが面倒で......」という研修担当者様をグローバルナレッジがサポートします。今から申請しても下期研修に十分間に合います。今年度の研修からキャリア形成促進助成金を活用しませんか?


▼詳しくはこちら▼
「キャリア形成促進助成金」申請書類作成サポートキャンペーン

▼社会保険労務士による無料セミナーご好評につき追加開催決定▼
 【セミナー名】 『拡充した「キャリア形成促進助成金」を活用して人材育成』 
 【日程】 6/13(金)、7/25(金)
 【会場】 新宿LC





[キャンペーン情報セミナー情報][2014年6月11日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<イベント参画報告>HR Summit 2014 で 田中淳子が講演
執筆:PR担当

2014年6月4日、「HR Summit 2014 -日本最大級の人事・経営者フォーラム-」にて、弊社講師田中淳子が講演いたしました。

経験学習」の考え方に基づく効果的なOJTの手法や事例について田中よりご紹介するとともに、アライアンスパートナーである、ビジネスコーチ株式会社の専務取締役 橋場 剛氏をお招きし、「経験学習」のプロセスで重視される内省支援持論化に、コーチングを活かす方法についてお話いただきました。

当日、多くのセッションの中から弊社セッションをお選びいただき、ご来場くださった皆様に心より御礼申し上げます。


田中淳子.jpg
【講演タイトル】
企業の持続的発展を促す「行動変容」と「定着」
 ~事例に学ぶ個人と組織の成長支援~

【講演概要】
企業の持続的発展のために、ビジネスパーソンは「行動変容」と「定着」が求められています。人は経験から多くを学び成長します。近年注目されている「経験学習」においては、経験をふりかえり(内省して)持論化するプロセスが重要です。内省支援や持論化には対話が有効であり、その時に役立つのがコーチングです。講演前半では、グローバルナレッジの企業事例を紹介し、後半では、エグゼクティブ・コーチングの第一人者であるマーシャル・ゴールドスミス氏と提携しエグゼクティブ・コーチングの手法を提供している、ビジネスコーチ社の橋場様に、現場で活かすビジネスコーチングとその効用について事例を交えてお話いただきました。


▼詳細は以下のページにてご覧になれます(HR Summit Online)▼


後日、HR Summitのサイトにて、セミナー開催レポートが公開される予定です。どうぞお楽しみに!






[イベントレポートビジネススキルトレーニング情報][2014年6月 9日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<無料セミナー>「実践ビジネスモデル・イノベーション・ワークショップ」体験
執筆:PR担当

writing.png
世界のエクセレントカンパニーや一流ビジネススクールで採用されている
「ビジネスモデル・キャンバス」

イノベーター人材に欠かせないスキル、ビジネスモデル・イノベ−ションの実践手法が修得できる「実践ビジネスモデル・イノベーション・ワークショップ」トレーニングコースの無料体験を開催します。

GE、SAP、インテル、ネスレなどの世界のエクセレントカンパニーや、スタンフォード大、ハーバード大など欧米超一流ビジネススクールで採用されている、ビジネスモデルをデザインするための画期的ツール「ビジネスモデル・キャンバス」を使い、ビジネスモデル・イノベーションの実現方法、「ビジネスモデル・キャンバス」の効果的な使い方と組織内での導入方法の概要を紹介いたします。

講師は、ビジネスモデル・キャンバスを開発し普及する世界組織Strategyzerが認定した世界でも数少ない、日本人では唯一人のオフィシャルトレーナーです。

この機会に、ぜひご参加いただき、内容をお確かめください。


■セミナー概要
【日時】2014年7月10日(木) 18:30~20:30  (※申込受付終了 2014年7月8日 17:00)
【会場】新宿LC
【費用】無料
【定員】20名
【対象】イノベーションの手法を習得したい経営者、経営企画、新事業担当者の方
【共催】ビジネスコーチ株式会社
【内容】1. ビジネスモデル・イノベーションとは何か
2. ビジネスモデル・キャンバス体験演習
3. 本講座内容のご紹介

▼お申し込みはこちら▼





[セミナー情報ビジネススキルトレーニング情報][2014年6月 9日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
Windows Server 2003 サポート終了まであと何日?
執筆:PR担当

ws2012.png
■Windows Server 2003を使い続けるデメリットは??

2015年7月にサポート終了を迎えるWindows Server 2003。
今でも多くの企業で現役のサーバーOSとして活躍しています。
サポート終了に伴う対応が迫られることはもちろん、使い続けることのデメリットも生じています。
たとえば......

ハードウェアの老朽化

パフォーマンスの制約

32bitの制約

そして何より...

セキュリティ リスクの増大

今こそ、Windows Server 2012 R2へのマイグレーションを検討しませんか?

▼Windows Server 2012 R2 のメリットはこちらから▼
 Windows Server 2003 サポート終了まであと何日??
 カウントダウンもぜひご確認ください!



■移行の準備はお早目に......まずは無料セミナーで情報収集を!
 Windows Server 2012 マイグレーションについてご紹介する無料セミナーには、非常に多くのお客様から関心を寄せていただいており、毎回お申し込みが殺到しています。

 【無料セミナー】守りのWindows Server 2003から、
  攻めのWindows Server 2012 R2への移行

  <会場>
   オンライン(Virtual Classroom)会場:6/13(金)
   日本マイクロソフト 関西支店会場:7/11(金)

 ▼お申し込みはこちらから▼





[Microsoft技術情報][2014年6月 6日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
グローバルナレッジの鈴木剛が INTEROP 2014 にて講演!
執筆:PR担当

6月12日のシスコシステムズ社セッションの1コマで、
弊社インストラクタの鈴木剛がシスコ技術者認定CCNP Securityについて、
一部お話しさせていただきます。 

INTEROPへのご参加を予定されている方は、
是非このセッションにもお立ち寄りください。

鈴木剛さん.jpg

◆日時: 2014612() 15:0015:40 [EC-12]
◆講演タイトル:
シスコ技術者認定 プロフェッショナル レベル CCNP Security
◆講演概要:
改訂されたCCNP Security。 そのセキュリティ技術の必要性をサポート エンジニアの立場から各試験に合わせてご説明し、 その勉強方法をご紹介します。

[社員の活動][2014年6月 5日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
今話題の【SDx】(Software-Defined Anything)とITインフラを解説
執筆:PR担当

datacenter.jpg
■クラウドがIT基盤の在り方を変えた
現在のデータセンターは社内の集中化したサーバーシステムの拠点であり、オンプレミスのシステムからクラウドコンピューティングへ変革を遂げつつあります。
クラウドコンピューティングの本質は、ビジネスロジックやコンピューティングリソースを動的に利用できることです。今までのIT基盤は、物理サーバーの調達を起点とし、ソフトウェアの導入、設定、運用管理などに多くの時間とコストがかかっていました。しかし、サーバーを仮想化することで、リソースの動的な追加や拡張が容易になりました。また、サーバーとストレージを分割管理することで、仮想化したサーバーを別の物理コンピューターに移動することが容易になりました。

■データセンターはSDDC (Software-Defined Data Center) へ
最近、SDx (Software-Defined Anything)という言葉を頻繁に耳にします。
SDxとは、ITインフラの物理資源(サーバー、ストレージ、ネットワーク等)をソフトウエアから制御する技術の総称です。現在、サーバー、ストレージ、ネットワークなど、あらゆるITコンポーネントが仮想化され、自動的に最適化される方向へ進んでいます。これからのデータセンターは、物理資源を仮想化・プールし、管理を自動化するとともに必要に応じて俊敏に変更できる SDDC (Software-Defined Data Center) が一般化するでしょう。

今後数年でIT基盤が大きく変化し、新しい技術が必要になることが予想されます。今から将来のIT基盤の変化に対応できるようなスキルを身につけていきましょう。

▼ブレードサーバー/統合ネットワーク/サーバー仮想化/統合管理etc...▼
▼   押さえておきたいデータセンター関連技術の概説は以下から  ▼





[Tips][2014年6月 4日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<イベント情報> AWS Summit Tokyo 2014 に ロゴスポンサーとして協賛しています
執筆:PR担当

336_280.gif

グローバルナレッジは昨年に引き続き、AWS Summit Tokyo 2014にロゴスポンサーとして協賛しています!

2013年のAWS Summitも大いに盛り上がっておりましたが、今年も活況が予想されます。人気のセッションはすでにお申し込みが締め切られているものも出ています。
お申し込みはお早目に!


▼グローバルナレッジが開催するAWS認定トレーニング情報はこちらから▼





[AWSトレーニング情報イベント情報][2014年6月 3日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<重要なお知らせ>「受講コース確認書」の送付を郵送からメールに変更しました
執筆:PR担当

■重要なお知らせ■ 
受講確認書郵送対応の変更に関するお知らせ【Web経由お申し込み】


お客様各位

日頃は弊社の研修サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

弊社ではこのたび、従来郵送にてお送りしていた受講コース確認書(以下受講確認書)送付サービスの見直しを行いました。
2014年6月1日以降のWeb経由のお申し込み分について、郵送に代わりメールにて受講確認書を送信させていただきます。
今後は、お申し込み時にご登録のメールアドレス宛に送信された受講確認書をご確認の上、ご受講日当日に印刷してご持参いただきますようよろしくお願いいたします。

このサービスの見直しは、インターネットの普及とその利用環境の進展等により、郵送に代わる環境が整ったこと、加えてメールによる受講受付完了通知の早期化、ご受講確認書の閲覧と保存の利便性向上、個人情報保護等のセキュリティ面への配慮など、ご利用者様へご提供するサービスの向上や紙資源の削減による環境保護への取組みを目的としたものです。

弊社では、今後、ますますWebサービスの拡充を図り、ご利用の皆様により一層のご満足をいただけるよう努めてまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申しあげます。

----------------
本件に関するお問合せ先
グローバルナレッジネットワーク株式会社
お客様受付窓口
電話番号:0120-009686 
受付時間9:00~17:30(土日祝休)
----------------








[グローバルナレッジからのお知らせ][2014年6月 1日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<調査>米国で保有者の平均年収が高い資格は!? 「15 Top-Paying Certifications for 2014」レビュー
執筆:PR担当

Global Knowledge US 調査レポート 「15 Top-Paying Certifications for 2014」から、IT/ビジネス資格の保有者について、米国での平均年収が高い資格のランキングをまとめました。




TOP3を情報セキュリティ関連資格が占める

上位には、情報セキュリティ関連資格が多くランクインしていますが、そのほか、PMP(R)、ITIL(R)などプロジェクト管理やITサービス管理など、管理系の資格がTOP10入りしています。TOP25までを見ると、仮想化やOS、サーバー、ネットワークなどのベンダー資格も入ってきます。


技術系資格+PMP(R)ならさらに高給??(グローバルナレッジUSのブログより)

同調査結果から、グローバルナレッジUSのブログではさらに、「The PMP(R) Bump」と題して技術系資格とPMP(R)の双方を保有しているとサラリーが跳ね上がるとの相関関係を記事にしています。

Technical Certification + PMP = Higher Salary



大変興味深いですね!すでに海外とのビジネスで活躍している方、海外勤務が視野に入っている方はもちろん、まだ遠い将来の話と考えている方も、今からグローバルで通用するキャリア形成を考えてみませんか?

[News][2014年5月28日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
AWS認定 SysOpsアドミニストレーター - アソシエイトレベル 合格のポイント
執筆:PR担当

グローバルナレッジのAWS担当講師が AWS認定 SysOps アドミニストレーター - アソシエイトレベルを受験し合格しました。その合格のポイントを簡単にご紹介いたします。

 

SysOps アドミニストレーター - アソシエイトレベルでは、AWSを用いたシステムを運用していくために必要な基礎知識(例えば、監視やアラートの方法)はもちろんのこと、発生する可能性がある問題状況について、基本的な調査方法、対処方法が問われます。

知識を問われる内容としては、EC2S3はもちろん、ELBRDSVPCなどがあります。また、セキュリティの観点からIAMも重要な学習項目になります。このような中心的なサービスに加えて、SQSRedshiftDynamoDBなどのマネージドサービスについても基礎知識が必要です。

初級レベルとされていますが、AWSの提供する各種サービスについて、広範な知識が求められます。

 

理想的な試験対策は次の通りです。

<ステップ1>

Amazon Web Services 実践入門1 ~一日で学ぶ、AWSクラウド活用~」

Amazon Web Services 実践入門2 AWSクラウドのサービス実践編~」

AWSのグローバルインフラや、概念を学び、基本操作に慣れることをおすすめいたします。

 

<ステップ2>

Systems Operations on AWS」(夏以降リリース予定)

システム運用の様々なポイントを知ります。VPCIAMについて安定的な運用のためのベストプラクティスを学ぶことができます。講師との議論や、実際にAWSを使って行う演習など、知識を深め、経験を積むことができます。

 

あるいは、

 

Architecting on AWS

一般的なアプリケーションをAWSのサービスを組み合わせて開発する場合の設計上の留意点を学ぶのも参考になります。開発経験豊富な講師のもと、議論・検討を行うことで、柔軟かつ耐障害性のある設計を学ぶことができ、システム運用に役立てることができます。





[AWSトレーニング情報][2014年5月21日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<受賞のお知らせ>グローバルナレッジアジアがシスコよりアワード受賞
執筆:PR担当

award.jpg
本日、以下の内容でプレスリリースを発表しましたのでお知らせします。


【タイトル】
 グローバルナレッジアジア、シスコよりアワードを受賞 
 ~「APJC Learning Partner of the Year」「Quality Instructor Award」に選出~

【要旨】
グローバルナレッジアジア(本社:シンガポール)は、2014年3月27日、「Cisco Partner Summit 2014」において、パートナーサミット地域別アワードの一つである、『APJC Learning Partner of the Year 』を受賞いたしました。また、当社講師の土門祐介と鈴木剛の両名が、同社より『Quality Instructor Award』を受賞しています。 グローバルナレッジ ジャパンは今後も、シスコ技術教育のリーディングカンパニーであるグローバルナレッジアジアの一員として、企業の競争力強化を技術者育成の面から支援してまいります。


▼プレスリリースの全文はこちらから(PDF)▼



◆受賞コメント

土門さん.jpg
▼ラーニングサービス本部 土門祐介 より
昨年に引き続き「Quality Instructor Award」を受賞することができました。受講に来ていただいた皆様やサポートしていただいた皆様に御礼申し上げます。
新しいことが分かる・できるというのは楽しい体験だと思います。今後も、皆様に楽しんで学習していただけるような研修がご提供できるように、努力していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


鈴木剛さん.jpg
ラーニングサービス本部 鈴木剛 より
この度は「Quality Instructor Award」を受賞することができまして、受講者の皆様やご支援いただいた方々には深く御礼申し上げます。
私は研修をご提供するにあたり、分かりやすく、前向きに参加できるインストラクションを常に心がけています。
今回の受賞は、それが受講者の皆様へ伝わった証だと認識し、今後も一層の努力や工夫を重ねていく所存でございます。
これからも、多くの方々とお会いできるのを楽しみにしております。


▼シスコ技術トレーニング▼
 
▼【キャンペーン実施中】CCENT/CCNA R&S 合格徹底応援キャンペーン ▼
 
▼【関連サービス】ワールドワイド トレーニングサービス ▼


------------------

今回の受賞を弾みに、シスコ技術教育のリーディングカンパニーであるグローバルナレッジアジアの一員として、今後も企業の競争力強化を技術者育成の面から支援してまいります。

どうぞご期待ください!





[Cisco技術情報News][2014年5月13日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
ゴールデンウィーク休業のお知らせ <2014年4月29日(火) ~ 5月6日(火)>
執筆:PR担当

平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
グローバルナレッジは、誠に勝手ながら下記の期間休業とさせて頂きます。

■ゴールデンウィーク休業日
 2014年4月29日(火) ~ 5月6日(火) 
 ※2014年5月7日(水)から通常通りの営業となります。

上記期間のコース・教材のお申し込み、メールによるお問い合わせにつきましては、
休業明けの7日(水)より順次対応いたします。

お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
今後とも変わらぬお引き立てを賜りますよう宜しくお願いいたします。




[グローバルナレッジからのお知らせ][2014年4月28日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<技術解説>3分でちょっとわかる「Heartbleed問題」と「SSL Heartbeat」
執筆:横山 哲也

まずは、事実から。
グローバルナレッジのWebサイトはOpenSSLのぜい弱性の影響を受けません。理由は単純で、OpenSSLを使っていないからです。

という前置きを踏まえ、ここでは、今世間を騒がせているHeartbleed問題について簡単に技術解説しておきます。
heartbleed.png

◆そもそもSSL Heartbeatとは何か?

今回のぜい弱性は、比較的新しい(2011年12月頃、OpenSSLに導入された拡張機能)規格である「Heartbeat」のバグによるものです。Heartbeat(心臓の鼓動)のバグなのでHeartbleed(心臓出血)と呼ばれたようです。
そもそも「SSL Heartbeatとは何か」ということはほとんど報道されていないようですが、どうやらkeep-alive、つまり、データの送受信がなくても定期的にデータを送ることで通信セッションを維持する機能のようです。


◆なぜこのバグは発生したのか?

TCP通信にはkeep-aliveが備わっており、SSL専用の機能を実装するのは無駄だ
誰も必要としていない、必要ないものは使われない
使われないものはバグが混入していても気付かれない
今回の騒動は当然の帰結である

と指摘する人もいるようです(日本語による解説は、ブログ「本の虫」の「なぜTheo de RaadtはIETFに激怒しているのか」に詳しく記載されています)。

バグ自体は非常に単純なもので、C言語にありがちなミスです。こちらも日本語のブログだと「THE FIRST CRY OF ATOM」の「Heart Bleedを読んだ」に詳しく記載されていました。
オープンソースソフトウェアの良いところは、「多くの目玉」つまり、テスターが世界中にたくさんいて、迅速なフィードバックが得られる点です。しかし、職業的なテスターではないため、自分が使う機能しか使って(テストして)くれないという欠点もあります。先のブログで「IETFに激怒」というのは、誰も使わない機能を標準にしてしまったことに対する怒りです。


◆なぜこのバグが深刻化しているのか?
ソフトウェアにバグはつきものですから、バグがあったこと自体は非難できません。もちろん、バグを最小限に抑える努力はすべきですが、一定以上の規模のソフトウェアでゼロバグは事実上不可能です。
それより、バグが出たときの対応体制や、継続的な検査態勢を重視すべきです。オープンソースにも、もちろんこうした体制はあるわけですが、やはり使われていない機能に対する対応は難しいようです。


◆「SSL Heartbleed」対応策
SSL Heartbleedの対応策は、以下の通りとされています。

●Webサイト側で、SSLのぜい弱性を修正
●Webサイト側で、新しい証明書を取得
●ユーザーがパスワード変更

Webサイトで対応する前にパスワード変更をしても無意味ですのでご注意ください。

また、「対応したのでパスワードを変更しろ」という偽メールが出回っているようです。偽サイトでパスワードを入力すると、新しいパスワードがそのまま盗まれてしまいます。こちらの方が被害を受ける可能性は高そうですので、メールで来たパスワード変更依頼には十分注意してください。少なくともSSLで暗号化されていないサイトに接続すべきではありません。


◆これを機に、セキュリティを学びませんか?
グローバルナレッジでは、「セキュアプログラミング」のような、セキュリティホールを作らないためのプログラミングコースは提供していませんが、エンドユーザーからシステム管理者までを対象としたセキュリティ関連コースを各種取りそろえていますので、この機会にぜひご受講ください。

▼グローバルナレッジのセキュリティ関連コースはこちらから▼






[Tips][2014年4月14日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<社員受賞のお知らせ>横山哲也がマイクロソフト社のMVP (Most Valuable Professional) アワード受賞
執筆:PR担当

MVP-DSC00189 (1024x576).jpg
このたび、マイクロソフト社のMVP (Most Valuable Professional) アワードプログラムにおいて、弊社社員横山哲也が「Microsoft MVP(Directory Services)」を受賞いたしましたのでお知らせいたします。
横山が同社のMVPアワードを受賞するのは、今回で12年連続となります。

【横山のコメント】
横山さん.jpg
 4月1日付で連続12年目の「Microsoft MVP(Directory Services)」を受賞しました。
 昨年は、書籍が2冊出たものの、その他の活動はあまり多くなかったのですが、無事受賞できほっとしています。
 MVPは「どれだけ多くの人に影響を与えたか」が重要なので、結局は私の書いたものを評価していただいた方のおかげということになります。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。


▼横山哲也の個人ブログはこちら▼

▼グローバルナレッジのマイクロソフト認定トレーニングはこちら▼


▼書籍「プロが教えるWindows Server 2012システム管理」(アスキー・メディアワークス)の詳細はこちら▼

▼書籍「グループポリシー逆引きリファレンス厳選92」(日経BP社)の詳細はこちら▼






[News社員の活動][2014年4月11日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<Topics> TVドラマ『MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~』の一部で、新宿ラーニングセンターが登場します!
執筆:PR担当

tvcamera.jpg

明日からスタートする西島秀俊さん主演のTBS×WOWOW共同制作ドラマ『MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~』の作品の一部で、ロケ地としてグローバルナレッジの新宿ラーニングセンターをご利用いただきました。

 

逢坂剛氏のシリーズ小説を原作とした、警察組織を描くハードボイルドドラマです。原作シリーズのファンでドラマの公開を心待ちにしていらっしゃる方もおいでではないでしょうか?また、主演の西島秀俊さんをはじめ、香川照之さん、真木よう子さんら、実力派の俳優陣にも注目が集まります。明日4/10(木)21時からの初回・2時間スペシャルが楽しみですね!

 

ドラマをご覧の際はぜひ、グローバルナレッジ新宿LCの登場シーンを見つけてください。

 

▼ドラマについての詳細はこちらからご覧ください!
=========================
TBSドラマ
『MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~』
 http://www.tbs.co.jp/mozu_tbs/
 放映日時:4/10(木) 21:00 第一話で新宿LCが登場! ※ その後も複数回登場予定です
=========================

▼グローバルナレッジの新宿LCはこんなところです ※新宿LCでは、通常、事件は発生しません。
http://www.globalknowledge.co.jp/guide/tokyo.html

 

 

 

 

 

[News][2014年4月 9日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
ようこそここへ!複数社合同新入社員研修@『MIX TRAIN』スタート
執筆:PR担当

newtrain_banner.jpg

すっかり春ですね。
今日からグローバルナレッジの新宿会場でも、複数の企業様から新入社員の方をお預かりし合同で新入社員研修を行う『MIX TRAIN』がスタートしています。

MIXTRAIN_door.jpg


今日はオリエンテーションと、『ビジネスに必要なマインド&スキル講座』トレーニング(1日目)を実施しています。学生から社会人への意識変革を行う大切な第一歩となるコースです。たくさんのことを学び、身につけて帰ってくださることと思います。

受講者の皆様にしっかり成長して現場へ旅立ってもらうべく、講師一同張り切って臨んでおります。今後も数回、研修の模様をこのPRブログでレポートして参ります。

sinjuku_central_park.jpg
(新宿会場20階ロビーから、新宿中央公園の桜を見下ろし......このあと急に天候が崩れてきました;;)


▼1名でも参加できる複数社合同新入社員研修(2014年度のお申し込みは締切済みです)

▼配属後研修や、レベル別のアラカルト研修は定期開催コースをご利用ください▼




[研修現場から][2014年4月 4日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
「受講スケジュールは変更したくない!」......ですよね? ますます充実!実施確定コースをご活用ください
執筆:PR担当

banner_GTR_690x240.png

定期開催コースの開催を保証する「実施確定コース」を大幅に増やしました。

研修のスケジュールが確定していると、資格取得やキャリアアッププランをより現実的なものにできます。早めに研修スケジュールを確定させたいお客様は、各コース詳細ページの日程一覧から、「実施状況」欄が「実施確定」となっている日程を選んでお申し込みください。

 ▼ほとんどの日程が『実施確定』になっている人気コースも!▼
GTR_sample.png
▼実施確定コースはこちらのページからご確認になれます▼





[News][2014年4月 3日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<プレスリリース>Webマーケティングソリューションの株式会社クリスクと資本提携
執筆:PR担当

本日、以下の内容でプレスリリースを発表しました。
logo_CLISK_RGB_small.png
【タイトル】
 グローバルナレッジネットワーク株式会社、株式会社クリスクとの業務・資本提携に合意

【要旨】
 グローバルIT 人材育成サービスを提供するグローバルナレッジネットワーク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小澤 隆、以下グローバルナレッジ)は、アジアでWEB マーケティングソリューションを提供する株式会社クリスク(本社:東京都品川区、代表取締役社長:杉島 泰斗、以下クリスク)と、現場で必要とされている研修の提供、および、日本を含むアジア圏でのマーケティングソリューションの提供を見据えた資本・業務提携に合意しました。
また、同時にグローバルナレッジは、クリスクが保有する自己株式の内、発行済株式総数の約51%
にあたる普通株式を取得することをクリスクと合意しました。


▼プレスリリースの全文はこちらから(PDF)▼

▼株式会社クリスクのホームページ▼



------------------


株式会社クリスクには、グローバルナレッジのアジア展開において、ビジネスパートナーとしてすでにさまざまな支援を仰いでおります。
このたびの資本提携により連携をさらに強固なものとし、グローバルナレッジはクリスクとともにますますアジアで、日本で飛躍して参ります。

どうぞご期待ください!




[News][2014年4月 2日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<予告>定期開催コース全国展開を開始(2014年9月~、札幌・仙台・名古屋・福岡から)
執筆:PR担当

banner_goanywhere.png
◆2014年9月より、札幌・仙台・名古屋・福岡の4都市で
  定期開催コースを提供開始します!

グローバルナレッジでは、従来から一社向け研修を全国の企業様向けに開催しておりましたが、2014年9月より、定期開催コースを全国各地で展開します。まず、札幌・仙台・名古屋・福岡 の4都市から提供を開始し、その他の地域はお客様からのご要望に応じて対応を検討いたします。


◆提供予定のコースラインナップ

以下の分野の人気コースの提供を予定しております。開催地および日程など詳細については、確定次第ご案内いたします。

 ・Amazon Web Services(AWS)
 ・Cisco
 ・Microsoft
 ・ITインフラ/ネットワーク
 ・ヒューマン・スキル/ビジネス・スキル
 ・プロジェクト・マネジメント(PMBOK®)
 ・ITサービスマネジメント(ITIL®)


▼最新情報と詳細はこちら▼




[News][2014年4月 2日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<キャンペーン>PMP(R)資格対策コースに『PMBOK(R)ガイド第5版 日本語版』などがついてくる!
執筆:PR担当


pmp_campaign.png

超人気コース『PMP BOOT CAMP(前編/後編)』に、
 今ならなんと、試験対策に役立つアレもコレもがついてくる!

PMP(R)資格取得を目指す方に、グローバルナレッジは、"合格への道" をサポートするキャンペーンを実施します。

◇キャンペーン概要
 期間中に対象コースをお申し込み・ご受講いただくと......

 ●PMP(R) BOOT CAMP(前編)⇒ご受講者の全員に「PMBOK(R)ガイド第5版 日本語版」 をプレゼント!
   「PMBOK(R)ガイド第5版 日本語版」は、PMP受験準備のための基本図書。
  ご受講に加えて、自己学習で読んでいただくことが合格への早道です。

 ●PMP(R) BOOT CAMP(後編)⇒ご受講者の全員に [ASP]「PMP(R)試験対策問題集」をプレゼント!
  PMP受験の練習問題を500問掲載。
  回答の他にグローバルナレッジ講師による詳細な解説がつき、大変好評です。 

◇キャンペーン期間
 ■ 2014年3月12日(水)~2014年12月末日 (受講完了分)
   ※ この期間中に新規でお申込みをされ、実施完了するコースが対象です。

▼お申し込み・詳細はこちら▼

banner_passpmp_campaign.png





[プロジェクトマネジメント関連情報][2014年3月31日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<社員執筆書籍刊行のお知らせ>完全合格 ORACLE MASTER Bronze 12c SQL基礎
執筆:PR担当

このたび、株式会社KADOKAWAより、弊社社員田中亮執筆(共著)の書籍「完全合格 ORACLE MASTER Bronze 12c SQL基礎」が発刊されましたのでお知らせいたします。

book_oracle_master.jpg

◆書籍名
 完全合格 ORACLE MASTER Bronze 12c SQL基礎
 テキスト+問題集で合格力が身につく

◆著者
 田中亮、津田竜賜、気賀沢裕美 (共著)

◆出版社
 株式会社KADOKAWA

◆定価
 2,800円(税別)

◆発売日
 2014年3月18日

◆ISBN
 978-4-04-891883-1

◆詳細・ご購入





[社員の活動][2014年3月20日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<社員監修記事雑誌掲載のお知らせ>PRESIDENT 20141 3.31号
執筆:PR担当

このたび、プレジデント社発行の雑誌『PRESIDENT 2014 3.31号』に、弊社社員田中淳子の監修記事が掲載されましたのでお知らせいたします。

PRESIDENT_0.png  PRESIDENT_1.png

◆掲載雑誌
 PRESIDENT (プレジデント) 2014 3.31号

◆特集タイトル
 プロが添削!全40通 相手・場面別「伝わるメールvsバカにされるメール」

◆掲載内容
 【1】対上司篇
  トラブルを報告する/さりげなくアピールする/飲みの誘いを断る/アドバイスを仰ぐ
 【2】対部下篇
  モチベーションを上げる/成果をほめる/ミスを注意する/頼みにくいことをお願いする
 【3】対顧客・取引先篇
  受注のお礼をする/納期遅れをお詫びする/クレームをつける/返事を催促する
 【4】プロジェクト篇
  進捗を報告する/打ち上げの案内文を書く/途中参加メンバーを鼓舞する/年上の社員を叱る
 【5】社交篇
  異動する同僚を激励する/転職の挨拶をする/うつ復職者を迎える/久しく会ってない人を誘う

◆詳細・ご購入
http://www.president.co.jp/pre/new/index/ (プレジデント社のサイトへ)





[社員の活動][2014年3月20日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
システムメンテナンスのため Webサービス一時停止のお知らせ
執筆:PR担当

平素よりお引き立て賜り、誠にありがとうございます。
このたび、以下の日時にてシステムメンテナンスを予定しております。
つきましてはこの間、誠に勝手ながら弊社Webサイトを停止させていただきます。

 ■ 停止日時     2014/3/21(金) 6:00~13:00 

お客様には大変ご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。
ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。







[グローバルナレッジからのお知らせ][2014年3月19日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【カタログ紹介】 Digest特集 Part.7「今後のグローバルリーダーに求められることと経験学習」
執筆:PR担当

digest2014ss_p18.png
◆ビジネス・スキル分野の概況
 2013年5月に開催された、ASTD(American Society for Training & Development=米国人材開発機構)のインターナショナル・カンファレンスにおいて、「今日のグローバル・リーダー」と題したパネルディスカッションが行われました。パネラーの一人として登壇したMarshall Goldsmith氏は、今後のリーダーに求められる5つのことを指摘しました。

 ・グローバルに考える
 ・異文化についての好意的な理解
 ・テクノロジーについての洞察力
 ・アライアンスやパートナーシップを築く
 ・"Chair Leadership" *1

 このMarshall Goldsmith氏の指摘は、リーダー育成についての私たちの今までの取り組みに何を追加すれば良いかを示しています。

*1 自分の周囲にいる人に尋ね、話を聞き、学び、行動計画を選択する手腕のこと


◆ビジネス・スキル分野の人材育成
 "Chair Leadership"は、まさに、経験学習サイクル(経験→省察→概念化→実践)*2 を適用することを指しています............>>>続きは【資料ダウンロード

-----------

グローバルナレッジの最新カタログ『Education Guide Digest 2014 Spring/Summer』特集記事の一部をご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?

今回は、巻頭特集「今後のグローバルリーダーに求められることと経験学習」からの抜粋です。
社会人が経験から学ぶことの重要性は言わずもがなですが、経験の偏りが新たな学習を阻害するケースもあります。「学び(learn)」、「棄却(unlearn)」、「学びなおし(relearn)」の機会として、研修サービスをご活用いただいてはいかがでしょうか?

続きは【資料ダウンロード】でご覧ください。冊子をご希望の方は、【資料請求】から承ります。





[Newsビジネススキルトレーニング情報][2014年3月18日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<新プロダクト>ここが肝心!「クラウドコンピューティングの要諦」(eラーニング)
執筆:PR担当

el_cloud_banner.png

◆「クラウドコンピューティング」とは何かを説明できますか?
クラウドコンピューティングの背景と今が分かるeラーニングが登場!
クラウドコンピューティングの要諦」は、グローバルナレッジの講師による詳細な解説(画面説明とナレーション)で、クラウドの背景、クラウド関連技術、ビジネスの変化など、説明できそうでできない基礎知識を短時間で効率的に理解できます。

el_cloud.png

学習項目を細分化し、知りたいポイントを短時間で効率的に学習できるコンテンツです。
スマートフォン対応にも対応しており、電車の中でも自宅でも、いつでもどこでも手軽に視聴OK!

 

【画面イメージ】

el_cloud_sample.png

 

学習内容

・ITシステムの課題とクラウド

・クラウドコンピューティングの定義

・クラウドコンピューティングの利用

・クラウドコンピューティングの技術

・パブリッククラウドの利用

・プライベートクラウドの利用

・クラウドによるビジネスと役割の変化

学習時間

3時間

受講期間

90

価格

(税抜)

7,000


 

▼お申し込み・詳細はこちら▼

http://www.globalknowledge.co.jp/elearning/elearning_details.aspx?code=NFX0008G

 

 

 

 

[News][2014年3月17日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【カタログ紹介】 Digest特集 Part.6「経営×ITを推進できる人材を育成する」
執筆:PR担当

digest2014ss_p16.png

◆ITビジネス分野の概況
 ここ数年、【経営】×【IT】を推進できる人材を求める声がおおくあがっています。
 クラウドやスマートデバイスの普及を受け、ITは生活・ビジネスの場でより私たちの身近な存在となり、経営戦略の場においても欠かすことはできません。そのため、経営や業務へのITの活用を検討し迅速に実行できる人材が求められています。
 従来のIT技術者は、システム開発の知識や経験が豊富な反面、経営の視点に欠け「システム開発には詳しいが経営のことはわからない」、「経営に必要なシステムがわからない」、「開発している情報システムが経営にどう役立つのかわからない」、など課題が多く挙がっています。
 一方で、ユーザ企業の情報システム部などでIT企画を担当する方には、経営に効果的なITの導入を必要とされているにもかかわらず、技術的な知識がないため、システム開発の中身は委託先へ任せてしまい、膨大なコストと時間を要してしまったり、経営戦略から出た本来の要望とは異なる仕様のシステムが完成してしまう、といったことが起きています。
 これらの課題は人材育成によって解決することができます。

◆ITビジネス分野人材の育成
 【経営】×【IT】を推進できるIT人材には、立場の異なる両社と議論をして、話をまとめ上げる力が必要です。
 そのため、............>>>続きは【資料ダウンロード


-----------

グローバルナレッジの最新カタログ『Education Guide Digest 2014 Spring/Summer』特集記事の一部をご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?

今回は、巻頭特集「経営×ITを推進できる人材を育成する」からの抜粋です。
ビジネスに活きるITシステムを開発・導入するためには、ユーザ側、開発側の双方が同じゴールを目指してシステム開発プロジェクトに取り組む必要があります。ITビジネスに携わるすべての人材が、共通言語をもって取り組むために、研修サービスをご活用いただいてはいかがでしょうか?

続きは【資料ダウンロード】でご覧ください。冊子をご希望の方は、【資料請求】から承ります。






[Newsプロジェクトマネジメント関連情報][2014年3月13日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
国内初 新CCNP Security資格対応トレーニングを提供開始 ~ いち早く、シスコの新資格取得需要に対応 ~
執筆:PR担当

昨日、以下の内容でプレスリリースを行いました。
8369354.jpg

【タイトル】

グローバルナレッジ、国内初 CCNP(R) Security資格対応トレーニング 提供開始

~ いち早く、シスコの新資格取得需要に対応 ~


【要旨】

グローバル ナレッジ ネットワーク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小澤 隆、以下グローバルナレッジ)は、先にシスコシステムズがCCNP(R) (Cisco Certified Network Professional) Security 認定プログラムの内容を一新したのに伴い、新CCNP(R) Security 資格取得を目指す方のためのトレーニングコースを、日本で初めて提供いたします(自社調べ、201436日現在)。



CCNP(R) Security 認定プログラムは、ファイアウォール、VPNIDS/IPSソリューションの選択、導入、サポート、トラブルシューティングを担当するシスコ ネットワーク セキュリティ エンジニアの職務内容に沿ったものであり、実務に即したスキルを身につけることができます。

これまでCCNP(R) Security資格取得に必要だった4つの試験(642-637 SECURE642-618 FIREWALL642-648 VPN642-627 IPS)は、いずれも2014421日に終了し、これらに代わって下記の4試験が登場します。

300-206 Implementing Cisco Edge Network Security Solutions SENSS

300-207 Implementing Cisco Threat Control Solutions SITCS

300-208 Implementing Cisco Secure Access Solutions SISAS

300-209 Implementing Cisco Secure Mobility Solutions SIMOS

 

グローバルナレッジは、CCNP(R) Security新試験に対応した5日間のトレーニングコースを開催します。

コースコード

コース名

初回日程

CSC0298V

Implementing Cisco Edge Network Security Solutions ≪SENSS≫ v1.0

201477-11

CSC0300V

Implementing Cisco Threat Control Solutions ≪SITCS≫ v1.0

201484-8

CSC0297V

Implementing Cisco Secure Access Solutions ≪SISAS≫ v1.0

201498-12

CSC0299V

Implementing Cisco Secure Mobility Solutions ≪SIMOS≫ v1.0

2014106-10

いずれのコースも、5日間 定価:366,000円(税抜き)です。

また今後、シスコのセキュリティ関連トレーニングコースとして大変ご好評をいただいている「ASA5500シリーズを使用したセキュアネットワークの構築実習」の上位コースとして、下記のトレーニングコースを予定しています。

    Implementing Core Cisco ASA Security <SASAC> 5日間)

    Implementing Advanced Cisco ASA Security <SASAA> 5日間)

 

コースの詳細・日程の最新情報につきましては、下記ページをご覧ください。

http://www.globalknowledge.co.jp/ccnpseck38

 

グローバルナレッジは、シスコ認定ラーニングパートナーとして、セキュリティを始めルータ/スイッチやデータセンター、ユニファイド・コミュニケーション、ワイヤレスなど幅広いシスコ製品分野のトレーニングプログラムを開催しています。

また、日本での定期開催が難しいトレーニングコースに関しては、日本のお客様先での特別開催や、海外で開催されるコースの受講予約代行等、ワールドワイドなネットワークを活かして柔軟に対応いたします。

 

 





[Cisco技術情報News][2014年3月11日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【カタログ紹介】 Digest特集 Part.5「ALMの導入と、言語及びフレームワークの最新機能活用によるリファクタリングが鍵」
執筆:PR担当

digest2014ss_p14.png

◇Microsoft Developer分野の概況
 スマートフォンやタブレットへの対応など、開発現場では新しい環境やテクノロジーへの対応工数が増加しています。ユーザーからの要求が拡大する反面、多くのプロジェクトで、要員や予算の削減、納期の短縮などが大きな課題になっています。この課題を克服するには、開発の全工程から無駄を排除する必要があります。
 たとえば開発プロジェクト全体の3割から4割を占めるといわれるテスト工程を効率化できれば、開発期間の短縮が可能です。そこで、MS TestやxUnitなどの単体テストフレームワークによるテストの自動化や、テスト駆動開発とリファクタリングの推進、手動テストケースの共有と自動化などの手法が取り入れられ始めています。
 また、開発工程では短期間の開発だけでなく、保守拡張性を向上し変化へ柔軟に対応することが求められています。そのためには開発工程やテスト工程だけでなく、要件定義や設計、運用などプロジェクトの全工程をチームメンバーが継続的に情報共有しレビューする、アプリケーションライフサイクル管理(ALM)の導入が必要とされています。

◇Microsoft Developer分野の人材育成
 C#やVisual Basicを使っていても、オブジェクト指向の利点を活かしきれていない、という方が多いようです。
 C#やVisual Basic .NETの登場からすでに10年以上経過し、ジェネリック、ラムダ、LINQなどの............>>>続きは【資料ダウンロード


-----------

グローバルナレッジの最新カタログ『Education Guide Digest 2014 Spring/Summer』特集記事の一部をご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?

今回は、巻頭特集「ALMの導入と、言語及びフレームワークの最新機能活用によるリファクタリングが鍵」からの抜粋です。
DevOpsの考え方を取り入れたいが何から始めれば......という方は多いのではないでしょうか?この記事ではテスト工程の効率化を皮切りに、DevOpsの考え方をサポートするアプリケーションライフサイクル管理(ALM)導入のヒントをご紹介しています。

続きは【資料ダウンロード】でご覧ください。冊子をご希望の方は、【資料請求】から承ります。




[Microsoft技術情報News][2014年3月10日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【カタログ紹介】 Digest特集 Part.4 「マイクロソフト技術を使ったITシステム基盤」
執筆:PR担当

digest2014ss_p12.png

◇Microsoft Platform分野の概況
 Windows Server 2012/2012 R2は、Windows Server 2008/2008 R2から大きく変化しています。特にHyper-Vの進化は著しく、競合しているVMware ESXiと比べても遜色ない製品になりました。従来Windows Serverは「GUIを持つ、お手軽なサーバー」として位置付けられてきましたが、近年は「エンタープライズサーバー」として基本的な機能と信頼性の向上に加え、以下の2点が強化されています。
 1つは、同じ処理を繰り返し実行できる「コマンド処理機能」の充実で、Windows Server 2003から継続的に強化されています。特に最近はPowerShellの拡張が目立ちます。GUIでは設定できず、PowerShellでのみ構成可能な機能もあります。
 もう1つはITIL®の導入です。ITIL®はIT運用管理のフレームワークで、近年はアプリケーションライフサイクル管理にも応用されています。マイクロソフトのシステム管理製品「System Center 2012」ではITIL®の考え方をサポートします。特にService ManagerはITIL®が定義する運用管理プロセスをベースに構築されており、ITインフラの運用を強力にサポートします。


◇Microsoft Platform分野の人材育成
 Windows Server 2003のサポート期限も来年に迫りました。Windows Serverのエンジニアがまずすべきことは「どうやってWindows Server 2003から最新版に移行するか」を検討することです。
 一昔前は、............>>>続きは【資料ダウンロード


-----------

グローバルナレッジの最新カタログ『Education Guide Digest 2014 Spring/Summer』特集記事の一部をご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?

今回は、巻頭特集「マイクロソフト技術を使ったITシステム基盤」からの抜粋です。
Windows系インフラエンジニアの方や、社内システム運用管理担当者の方、「Windows Server 2003のサポート期限切れ」に頭を悩ませていらっしゃいませんか?ぜひお読みいただきたい記事です。

続きは【資料ダウンロード】でご覧ください。冊子をご希望の方は、【資料請求】から承ります。





[News][2014年3月 7日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【カタログ紹介】 Digest特集 Part.3 「需要の高まるCisco UCSと求められるRouting & Switching技術」
執筆:PR担当

digest2014ss_p10.png


◇Cisco分野の概況
 Cisco Global Cloud Index (GCI)は、2012年から2017年の間にクラウドトラフィックが4倍以上増加し、2017年にはグローバルデータセンタートラフィックの3分の2以上を独占すると予測しています(2013年10月発表)。
 急速に広がるクラウドを支えるのがデータセンター技術です。データセンターを1つの統合されたシステムとして捉える「ユニファイドコンピューティング」という発想を基に設計されたのがCisco Unified Computing System (UCS)です。UCSは、サーバーとネットワークを論理的に1つのシステムに統合し、物理的な境界を感じさせない新しいアーキテクチャであり、現在、x86ブレードサーバーにおいてトップブランドとなっています。
 このように進化し続けるネットワークに携わるエンジニアが業務で即戦力となり、最新のソリューションを提供し続けていけるよう、シスコはトレーニングコースを刷新し続けています。データセンター関連では充実したコースが確立されています。またCCNA R&Sは昨年改訂され、今年はCCIE R&S、CCNP securityのカリキュラムの見直しが予定されています。


◇Cisco分野の人材育成
 クラウドの需要が高まる中、どのようにその技術を身につけていくのかがポイントです。
 シスコのラーニングプログラムには............>>>続きは【資料ダウンロード


-----------

グローバルナレッジの最新カタログ『Education Guide Digest 2014 Spring/Summer』特集記事の一部をご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?

今回は、巻頭特集「需要の高まるCisco UCSと求められるRouting & Switching技術」からの抜粋です。
クラウドを支えるCisco社のデータセンター技術Cisco Unified Computing System (UCS)では、サーバーとネットワークを論理的に1つのシステムに統合しています。このような技術統合は他のベンダーでも多く推進されており、たとえばネットワーク技術者はサーバー技術を、サーバー技術者はネットワーク技術を、といったように、技術者は複数の要素技術を学んでいく必要があることがわかります。

続きは【資料ダウンロード】でご覧ください。冊子をご希望の方は、【資料請求】から承ります。





[Cisco技術情報News][2014年3月 5日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
シスコサポートコミュニティにて、弊社講師による無料オンラインセミナーを開催:OSPF入門<3/4開催>
執筆:PR担当

シスコシステムズ社のサポートコミュニティにて、弊社講師による無料オンラインセミナーを開催します。シスコサポートコミュニティにご登録いただければ、WebCast(Web動画配信サービス)でどなたでも無料で受講ができます。ふるってご参加ください。

◇セミナー概要
IMG_0006_SuzukiT_20131015_ID.JPG
【日時】 20014/3/4(火) 午前10時~11時半

【タイトル】 Open Shortest Path First (OSPF) 入門

【講師】 Cisco 認定インストラクター 鈴木 剛

【内容】
CCNAの勉強をこれからする、またはすでに始めている方を対象に、OSPFプロトコルの基礎知識と理解すべきポイントを効果的にご説明します。






▼お申し込みはこちらから

▼シスコサポートコミュニティページはこちら







[Cisco技術情報社員の活動][2014年2月28日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【カタログ紹介】 Digest特集 Part.2 「クラウドに向けたスキルシフト」
執筆:PR担当

digest2014ss_p8.png
◇クラウド分野の概況
 大手企業がパブリッククラウドを採用する例が増えています。
 利用者がクラウドを望むケースも多いようです。従来のITベンダーは「データの完全性」「24時間連続稼働」「高いサービスレベル」を売り物にしてきました。これらはもちろんクラウドでも重要ですが、システムによっては「圧倒的に安いのであればサービスレベルが落ちても良い」と考えるユーザーも増えています。
 一般に、新しい技術は「無視」から「拒否」へ進み、その後、「受容」されます。クラウドの場合も、当初は「一部のユーザーが使う特殊な事例」とみなされていたのが、やがて「ビジネスで使うには問題が多い」という意見が増えました。そして現在は、その次のステップに進み本格的な利用が急増しています。クラウドには向かないとされていたERPシステムもクラウド上で稼働させる事例もあります。
 現在では、クラウドを使うか使わないかではなく、どこに使うべきかを考える時代に入ったといえます。

◇クラウド分野人材の育成
 クラウドを正しく理解し、適切な使い方を学んでください。
 クラウドサービスは、............>>>続きは【資料ダウンロード



-----------

グローバルナレッジの最新カタログ『Education Guide Digest 2014 Spring/Summer』特集記事の一部をご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?

今回は、巻頭特集「クラウドに向けたスキルシフト」からの抜粋です。
クラウドをどこに使うかを考える時代に入り、「クラウド人材」の育成がテーマとなってきています。運用担当エンジニアやIT基盤エンジニア、開発者のスキルシフトのヒントをお探しの方に、ぜひお読みいただきたい記事です。

続きは【資料ダウンロード】でご覧ください。冊子をご希望の方は、【資料請求】から承ります。


(追記)
本特集原稿執筆の横山が写真中で手にしているのは以下の書籍です。

『プロが教える Windows Server 2012システム管理』

 【著者】横山哲也、河野憲義、片岡正枝、伊藤将人、浅野ゆき子、神谷正、小鮒通成、国井傑 共著
 【監修】横山哲也
 【出版社】 アスキー・メディアワークス (2013/1/24)
 【定価】3,990円 (本体3,800円)
 【ISBN】978-4-04-886870-9







[News][2014年2月28日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【カタログ紹介】 Digest特集 Part.1 「新しい人材像 ~ビジネスを牽引するマルチスキルエンジニアの育成~」
執筆:PR担当

digest_dump_p4-5.png
◇クラウドがシステム開発を変える
 「新商品のキャンペーン用に、ブログサービスのインフラを構築する」という案件について考えてみてください。
 • 何人のエンジニアが関わる案件になると思いますか?
 • いくらくらいの規模になりますか?
 • どれくらいの期間でリリースできる案件でしょうか?
 一般に公開するサービスなら非機能要件についても熟慮が必要です。Webサーバーは多重化して負荷に備え、記事を記録するデータベースはレプリケーションして障害に備えなければなりません。構成が複雑になれば、機器やサービス稼働状況の監視も必要になります。
 クラウド以前のシステム開発であれば、各種機器の調達や設置だけをでも数週間かそれ以上の時間を要するのが当たり前とされたでしょう。しかし、IaaSのクラウドサービスを用いれば、機器の準備・設置の時間はほぼゼロです。ブログサービスのインフラ(負荷分散、耐障害性、監視サービス付き)を一日で構成することも可能です。
 このように、クラウドが普及すると、価格や納期が「桁違い」になる可能性があります。桁違いの価格や納期に対抗できるようなもの(品質、その企業にしかない技術や特許、ブランド力など)を誰もが持っているわけではありません。直接、クラウドが競合にならない場合でも、コストや納期は「クラウド時代」のやり方が比較対象になります。
 クラウドに対抗できるスキルを持つ人材を育成しなければなりません。

◇最先端を行く「フルスタックエンジニア」
 IaaS型のクラウドを利用すると、サーバーラックの準備や、電源の用意、ネットワークの接続等の物理的な作業が不要になります。OSやミドルウェアのインストールも、クラウドを管理するコンソールやAPIから操作すれば、いとも簡単に短時間で実現できます。
 逆に言えば、IaaS型のクラウドサービスを最も効率的に活用するには、システム開発の全てのスタックに関して一定以上の知識・技能を持つ「フルスタックな」エンジニアが必要です。
 フルスタックエンジニアは、............>>>続きは【資料ダウンロード


-----------

グローバルナレッジの最新カタログ『Education Guide Digest 2014 Spring/Summer』特集記事の一部をご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?

今回は、巻頭特集から「新しい人材像 ~ビジネスを牽引するマルチスキルエンジニアの育成~」からの抜粋です。
クラウドがシステム開発の在り方を変え、人材の在り方を変えました。「フルスタックエンジニアとは?」「マルチスタックエンジニアとは?」「クラウド時代の人材モデルは?」......IT人材のキャリア育成のヒントをお探しの方に、ぜひお読みいただきたい記事です。

続きは【資料ダウンロード】でご覧ください。冊子をご希望の方は、【資料請求】から承ります。






[News][2014年2月27日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
最新カタログ『Education Guide Digest 2014 Spring/Summer』発行
執筆:PR担当

digest_dump_h1-h4.pngのサムネール画像
グローバルナレッジが提供する研修コースと各種サービスの最新情報が満載のカタログ『Education Guide Digest 2014 Spring/Summer』を発行いたしました。
研修計画の策定にどうぞご活用ください。

PRブログでは、特集記事を抜粋してご紹介して参ります。お楽しみに!


▼資料ダウンロードページからPDFファイルでダウンロードできます。

▼冊子をご希望の方は、資料請求ページからご請求ください。


【お詫びと訂正】
次の各コースの掲載価格に誤りがありました。
詳細は、資料ダウンロードページに掲載の正誤表にてご確認ください。

P.22 『ASP.NET Web フォームプログラミング』 (誤)\330,000 (正)135,000
P.24 『Amazon Web Services 実践入門 2』  (誤)\330,000 (正)60,000
P.24 『Architecting on AWS』 (誤)\130,000 (正)180,000





[News][2014年2月26日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
グローバルナレッジは、JAWS DAYS 2014に協賛しています!
執筆:PR担当

JAWSDAYS_300x250.gif
2014年3月15日(土)、Amazon Web Services(以下AWS)のユーザーグループJAWS-UG(AWS User Group - Japan)の主催イベント「JAWS DAYS 2014」が新宿で開催されます。

グローバルナレッジはこのイベントの趣意に賛同し、「JAWS DAYS企業サポーター」として協賛しています。
また、グローバルナレッジでAWS関連コースの講師を務める、クラスメソッド株式会社の大瀧 隆太(おおたき りゅうた)氏もセッションスピーカーとして参画します。

参加費は、懇親会付で1,000円(税込)、会場は弊社新宿ラーニングセンター至近のベルサール新宿です。
皆様、ふるってご参加ください。

▼お申し込みページ !定員間近!

▼スポンサー紹介ページ

▼大瀧 隆太氏プロフィール

【セッションタイトル】 [ACEに聞け!] EC2 編
【所属】 クラスメソッド株式会社
【自己紹介】2013年4月からクラスメソッドにジョイン。AWS導入支援を行うエンジニア、AWS認定トレーニングの講師、AWS技術ネタを会社ブログに投下するブロガーの3足の草鞋を履き替える日々を送っています。







[AWSトレーニング情報イベント情報][2014年2月24日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
Global Knowledge Thailand/Vietnam 設立 と ワールドワイドトレーニングサービス のお知らせ
執筆:PR担当

wwts.jpg
本日、以下の内容でプレスリリースを行いました。

【タイトル】
Global Knowledge Thailand/Vietnam 設立 ~ アジア諸国で、グローバルIT人材を育成 ~
 
【要旨】
グローバル ナレッジ ネットワーク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小澤 隆、以下グローバルナレッジ)のグループ会社であるGlobal Knowledge Asia Pte. Ltd. (本社:シンガポール、以下GK ASIA)は、GK Thailand、GK Vietnamを設立いたしました。
GK ASIAグループは、日本/シンガポール/インド/インドネシア/マレーシア/タイ/ベトナムをはじめ、アジア諸国でグローバルIT人材育成を展開しています。
GK Thailand、GK Vietnamでは、ベンダー認定コースを中心に、世界共通のITスキルトレーニングを提供します。


グローバルナレッジは、GK ASIAグループの一員としてグループを主導し、海外展開をしているお客様のニーズに合わせて、アジアをはじめワールドワイドで、グローバルIT人材育成のトレーニングを提供しています。
海外で開催されている最新コースの受講や、海外の人気定期開催コース(集合研修/Virtual Classroom)の受講予約、また海外から講師を招いての1社様向け研修など、ワールドワイドなトレーニングが対応可能です。

【GK Thailand概要】
商号 : Global Knowledge (Thailand) Co., Ltd.
所 在 地 : 20th Floor, Q-House Sathorn Building 11 South Sathorn Road,Sathorn
設立年月日 : 2014年1月6日

【GK Vietnam概要】
商号 : GLOBAL KNOWLEDGE VIET NAM ONE MEMBER COMPANY LIMITED 
所 在 地 : No 2, lane 116, Doc Ngu Street, Vinh Phuc Ward, Ba Dinh District, Ha Noi City
設立年月日 : 2014年1月13日


▼ワールドワイドトレーニングサービスについてはこちら▼






[News][2014年2月20日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
<大雪にご注意ください>本日2/14(金)、新宿LC・大阪CVCにて開催の全定期コース終了時間を早めます
執筆:PR担当

本日グローバルナレッジの定期開催コースをご受講の皆様、関係者の皆様に
お知らせいたします。

悪天候による帰宅困難を見込み、本日2/14(金)は、 新宿LC・大阪CVCにて
開催されるすべての定期コースの終了時間を早める対応をいたします。

また、ご受講者様からのお申し出でコース途中での帰宅をご希望の場合は、
同一コースの別日程に振替受講を可能といたします。
(振替受講のお申し込み方法は、別途お知らせいたします。)

なお、終了時間前倒しに伴う講義時間は、各コース講師がお昼休みや
休憩時間で調整いたしますが、難しい場合もございますので、あらかじめ
ご了承ください。

本日開催のコースへご参加の皆様、お帰りの際は、くれぐれもお気をつけて
お帰りください。


▼本件に関するお問い合わせ・ご連絡はこちら▼
 【お問い合わせフォーム】 https://www.globalknowledge.co.jp/gkinfo/form-agreement.aspx
 【フリーダイヤル】 0120-009686





[グローバルナレッジからのお知らせ][2014年2月14日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
無料セミナー『Cisco TAC エンジニアが語るトラブルシューティングの定石 ~Routing 編~』
執筆:PR担当

シスコ社のTAC(テクニカルアシスタンスセンター)のエンジニアにお越しいただき、これまでの経験を踏まえ、トラブルシューティングの定石的アプローチを幾つかの障害例を交えてご紹介していただく無料セミナーを企画いたしました。

お申込みをお待ちしております。

日時:2月19日(水)10:00~12:00
会場:グローバルナレッジ 新宿
Cisco WebEx でオンラインでのご参加も可能です。

お申込みはこちら




[Cisco技術情報][2014年2月 4日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【キャンペーン】 人を育てる人になる!10%OFF&書籍プレゼントキャンペーン
執筆:PR担当

banner_grownup_campaign.png
年明けからあっという間に1月ももう半分が過ぎました。
昇格や昇進、新入社員の入社で、新たに部下や後輩を育てる立場になる方が最も増える、春の訪れも目の前です。

さて、実は現場で教わる機会が少ない(あるいはほとんどない)、『部下や後輩の育て方』、研修で体系的に学んでいただくのが効果的です。
今年は『人を育てる人になる!』を目指す方におすすめの3コースが、今なら

 1. 受講料10%OFF!
 2. 田中淳子執筆の『人を育てる』関連書籍をプレゼント!

の特典付キャンペーンでご受講になれます。

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る、と言われます。

春の訪れは待ったなし!
備えあれば憂いなし!

この機会をご利用になり、どうぞ、春に向けてご準備ください。
ご受講をお待ちしております。



▼キャンペーン詳細はこちらから▼



▼キャンペーン対象コース▼
いずれも毎月開催の人気コースです。

●初めて『先輩』になる方や、後輩に教えるスキルをブラッシュアップしたい方向け
【プレゼント対象書籍】はじめての後輩指導 -知っておきたい育て方30のルール」/田中 淳子 著(日本経団連出版)


 [コード] HS0073CG  
 [種別] 集合研修
 [形式] 講義+演習
 [期間] 1日間
 [時間] 9:30~17:00
 [価格] 36,000円(税抜)
 [日程] 2014/1/29(水)、2/26(水)、3/26(水)、4/21(月)、5/21(水)、6/18(水) @すべて新宿LC


●はじめてマネージャになる方や、マネージャとしてステップアップしたい方
 【プレゼント対象書籍】「ITマネージャのための現場で実践! 若手を育てる47のテクニック」/田中 淳子 著(日経BP社)


 [コード] ON026  
 [種別] 集合研修
 [形式] 講義+演習
 [期間] 2日間
 [時間] 9:30~17:00
 [価格] 98,000円(税抜)
 [日程] 2014/1/27(月)~28(火)、2/24(月)~25(火)、3/24(月)~25(火)、4/22(火)~23(水)、5/19(月)~20(火)、6/19(木)~20(金) @すべて新宿LC


 [コード[ HSC0047G  
 [種別] 集合研修
 [形式] 講義+演習
 [期間] 2日間
 [時間] 9:30~17:00
 [価格] 100,000円(税抜)
 [日程] 2014/2/3(月)~4(火)、3/6(木)~7(金)、3/31(月)~4/1(火)、5/8(木)~9(金)、6/2(月)~3(火) @すべて新宿LC



[キャンペーン情報ビジネススキルトレーニング情報][2014年1月15日配信]

Global Liner ~トレノケートPRブログ~コラム
【謹賀新年】 2014年はVirtual Classroom元年!
執筆:PR担当

2014newyear.png
2014年の初投稿です。

皆様、あけましておめでとうございます。
旧年中は、一方ならぬご愛顧を賜り誠にありがとうございました。


2013年、アベノミクスや東京オリンピック開催決定など、日本経済にもようやく明るい兆しが見え始めました。
ITを取り巻く環境は以前も増して早い速度で変化・拡大しています。
IT技術者にとってもお客様に求められるITスキルや身につけておくべきビジネススキルが変化するとともに、プロジェクトの短期化・小規模化に伴い、IT技術者の働き方が多様化しています。

こうしたワークスタイルの多様化に応え、グローバルナレッジは、2014年よりインターネットを利用した遠隔研修『Virtual Classroom』サービスを本格的に提供開始します。
1社向け研修ではすでにご利用いただいているサービスですが、2014年2月から、『Virtual Classroom』の定期開催コースも開催いたします。

Cisco認定トレーニング、Microsoft認定トレーニング、PMP(R)資格取得対策コースなど、続々とリリースを行っています。
どこからでもご受講いただけますので、最新の技術も移動することなく受講することが可能です。
「長期間現場を離れるのが難しい」方や「移動や宿泊のコストが大きい」方に最適です。
各種のキャンペーンも実施しておりますので、ぜひ一度、無料セミナーでご体験ください。


本年も、皆様の人材育成にお役立ていただけるよう、より一層の尽力して参ります。
引き続きお引き立てくださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。



◆Virtual Classroomお試しキャンペーン
 まずは体験してください! 無料セミナーでお試しの方に、
 「Virtual Classroom」コース10%OFFチケットプレゼント!

 ▼詳細・お申込みはこちら▼

◆Virtual Classroom「1か月で合格!CCNA/CCNP BOOT CAMP」
 1.飛び石日程で平日の短時間または土日に受講できる
 2.Virtual Classroomだから、移動が不要
 3.演習機材をふんだんに使用できる
 4.コース後6か月間、講義録画を視聴できる

 ▼詳細・お申込みはこちら▼

◆Virtual Classroom提供コース一覧






[Virtual Classroomサービス情報キャンペーン情報][2014年1月 9日配信]

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER