Global Knowledge Japan

グローバルナレッジ PM道場
ホーム > グローバルナレッジ PM道場 > PMP®試験問題に挑戦! > 【PMP®試験問題に挑戦!】問題107:品質コントロールとスコープ妥当性確認

グローバルナレッジ PM道場コラム
【PMP®試験問題に挑戦!】問題107:品質コントロールとスコープ妥当性確認
執筆:中村 正明

exercise-pmp.pngのサムネール画像
【問題】
品質コントロールプロセスとスコープ妥当性確認プロセスとの違いについての説明で、正しいものを、1つ選びなさい。

A. 品質コントロールはプロジェクトが要求事項を満足させるために必要なすべてのプロセスを確実に用いているか否かに関心があり、スコープ妥当性確認は成果物が公式に受け入れ可能であるかどうかに関心がある

B. 品質コントロールは成果物に規定されている品質要求事項を満たしているかに関心があり、スコープ妥当性確認は成果物が公式に受け入れ可能であるかどうかに関心がある

C. 品質コントロールはどの品質規格がそのプロジェクトに関連するかを特定し、どのような計画でそれを満足させるかに関心があり、スコープ妥当性確認は成果物が公式に受け入れ可能であるかどうかに関心がある

D. 品質コントロールは成果物に規定されている品質要求事項を満たしているかに関心があり、スコープ妥当性確認はプロジェクト・スコープの変更をもたらす要因に働きかけること、変更からの影響をコントロールすることに関心がある



正解 B


(解説)
スコープ妥当性確認と品質コントロールの違いに関する設問です。 品質コントロールプロセスでは、プロセスやプロダクトの品質不良の原因を特定し、それらを除去する処置を推奨し、実行します。最終的な目標は、成果物の正確さを決定することです。結果として得られるものは、検証済み成果物です。この検証済み成果物は、公式な受入れのためにスコープ妥当性確認プロセスのインプットとなります。

スコープ妥当性確認プロセスには、顧客やスポンサーとともに成果物をレビューし、それが満足のいくような形で完成したことを確認し、顧客やスポンサーから成果物の公式な受入れを得ることが含まれます。

「プロジェクトが要求事項を満足させるために必要なすべてのプロセスを確実に用いているか否かに関心があり...」とは、品質保証プロセスの説明です。 「どの品質規格がそのプロジェクトに関連するかを特定し、どのような計画でそれを満足させるかに関心があり...」とは、品質計画プロセスの説明です。

「プロジェクト・スコープの変更をもたらす要因に働きかけること、変更からの影響をコントロールすること」とは、スコープコントロールの説明です。
< PMBOK®Guide第5版 5.5、8.3 参照>


(宣伝)

「ソフトウェア品質管理 ~品質向上のための基礎知識~(SWC0009G)」は、品質管理とはどのようなことをするのかを説明できることを目指したコースです。PMBOK(R)Guide第5版に出てくるQC7つ道具の実際的な使用方法などを学ぶことができます。

[PMP®試験問題に挑戦!][2017年8月14日配信]


ここでは、[ASP]PMP(R)試験対策問題集から毎回1問をご紹介します。

PMP®とは、PMI®(Project Management Institute)が認定するプロジェクト・マネジャーの世界標準資格、PMP®(Project Management Professional)のことです。

[ASP]PMP(R)試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第5版・新試験対応 (スマホ対応版)は、PMP®資格試験にチャレンジする方を対象に、効率的に試験準備を行うための自主学習教材です。選び抜かれた500問が入っています。解説付きですので、受験対策にぜひご活用ください。

※本ブログの「PMP®試験問題に挑戦!」は、過去20回の掲載分を公開しています。ご購入は上記のリンク先からどうぞ。




公式Facebookで新着記事をすぐにお届け!



※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはグローバルナレッジネットワーク株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Global Knowledge Network Japan, Ltd. 2008-2016, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER