Global Knowledge Japan

グローバルナレッジ PM道場
ホーム > グローバルナレッジ PM道場 > PMP®試験問題に挑戦! > 【PMP®試験問題に挑戦!】問題106:品質マネジメント

グローバルナレッジ PM道場コラム
【PMP®試験問題に挑戦!】問題106:品質マネジメント
執筆:中村 正明

exercise-pmp.png
【問題】
あなたの所属する組織では、様々なプロジェクトを実施しています。それぞれのプロジェクトで品質マネジメントに取組んでいるのですが、多くのプロジェクトで十分な品質が実現できていません。
次の活動は、既に実行しています。
1. 品質を向上させるためのメンバーのスキルアップを図るトレーニングを実施する
2. 品質確保のために必要な作業時間を確保する
3. 作業手順の計画や設計などの上流の工程にコストや時間を割く

しかし、プロジェクト・マネジャーとプロジェクト・スポンサー、プロジェクト・メンバー、作業委託先などとの間で、試験項目数や不具合の発生数の評価を巡って論争が起きており、結果として品質が不十分な事態となっています。
品質マネジメントのどんな点が不足しているのでしょうか。最適なものを1つ選びなさい。

A. 品質マネジメント責任者の選定と合意
B. 検査より予防という品質マネジメントの基本理念の周知徹底
C. QC七つ道具の活用
D. 品質基準の策定と合意



正解 D


(解説)
「試験項目数や不具合の発生数の評価を巡って論争が起きている」ということは、「品質基準の策定と合意」ができていないということを意味します。プロジェクトでどんな品質を目指すのかを内容とする「品質基準」あるいは品質目標が不明確なままでは、どんな取組みをしても、十分な成果を得ることは期待できません。
また、問題文中の1~3も品質マネジメントにとっての重要事項です。合わせて覚えておくとPMP®受験対策として有効です。
< PMBOK®Guide第5版第8章参照>

(宣伝)
「ケーススタディで学ぶプロジェクトマネジメント・実践(品質マネジメント) 」では、プロジェクトの実行中に発生した品質問題にいかに取組むかを検討する、討論を主体としたコースです。
この記事で取り上げた品質基準を明確にすることで解決できる問題もあることが体験できます。

[PMP®試験問題に挑戦!][2017年8月 2日配信]


ここでは、[ASP]PMP(R)試験対策問題集から毎回1問をご紹介します。

PMP®とは、PMI®(Project Management Institute)が認定するプロジェクト・マネジャーの世界標準資格、PMP®(Project Management Professional)のことです。

[ASP]PMP(R)試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第5版・新試験対応 (スマホ対応版)は、PMP®資格試験にチャレンジする方を対象に、効率的に試験準備を行うための自主学習教材です。選び抜かれた500問が入っています。解説付きですので、受験対策にぜひご活用ください。

※本ブログの「PMP®試験問題に挑戦!」は、過去20回の掲載分を公開しています。ご購入は上記のリンク先からどうぞ。




公式Facebookで新着記事をすぐにお届け!



※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはグローバルナレッジネットワーク株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Global Knowledge Network Japan, Ltd. 2008-2016, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER