Trainocate Japan, Ltd.

トレノケート PM道場
ホーム > トレノケート PM道場 > PMBOKⓇガイド入門 > 【PMBOK®ガイド入門】第27回:要求事項収集プロセス

トレノケート PM道場コラム
【PMBOK®ガイド入門】第27回:要求事項収集プロセス
執筆:横山 昇

前回のコラムで「スコープ・マネジメント計画プロセス」の内容をお伝えしました。このプロセスで、「どのように要求事項を収集するのか?」を明確にしているはずですので、それに従って要求事項を収集するのが、今回ご紹介する「要求事項収集プロセス」です。

要求事項を収集する方法はいくつもあります。一般的な方法としては「インタビューをする」「アンケートを取る」といったものが挙げられます。
そうして収集した情報は、いつでも取り出したり、参照したりすることができるよう、整理しておく必要があります。整理するやり方の一つとして、このプロセスのアウトプットの一つである「要求事項トレーサビリティ・マトリックス」があります。トレーサビリティとは、トレースとアビリティが合わさった単語なので、言うなれば「要求事項を追跡することができるようにするための表」ということになります。

もう少し具体的に言うと、要求事項の起点から、要求事項を満たす成果物に至るまでを結び付ける表のことです。たとえば、WEBのショッピングサイトを構築するプロジェクトで、「24時間365日オープンとする」という要求事項があったとします。それが設計書やインフラ設備にそれがきちんと反映されているかを、要求事項トレーサビリティ・マトリックスを使って確認する、という使い方をします。

<推奨コース>
【PDU対象】要件定義のためのコミュニケーション術 ~要望・要件を引き出すヒアリングのポイント~
情報システム構築の要ともいえる要件定義においては、システム知識や業務知識そのものに加えて顧客や情報システム担当者との効果的なコミュニケーションを図ることが重要です。本コースでは、要件定義をスムーズに進めるために必要なスキルについて解説し、コミュニケーションにポイントを絞った演習を行います。

[PMBOKⓇガイド入門][2017年6月14日配信]


ここでは、[ASP]PMP(R)試験対策問題集から毎回1問をご紹介します。

PMP®とは、PMI®(Project Management Institute)が認定するプロジェクト・マネジャーの世界標準資格、PMP®(Project Management Professional)のことです。

[ASP]PMP(R)試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第5版・新試験対応 (スマホ対応版)は、PMP®資格試験にチャレンジする方を対象に、効率的に試験準備を行うための自主学習教材です。選び抜かれた500問が入っています。解説付きですので、受験対策にぜひご活用ください。

※本ブログの「PMP®試験問題に挑戦!」は、過去20回の掲載分を公開しています。ご購入は上記のリンク先からどうぞ。




公式Facebookで新着記事をすぐにお届け!



※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER