Trainocate Japan, Ltd.

トレノケート PM道場
ホーム > トレノケート PM道場 > PMBOK®ガイド 第6版 > 【PMBOK®ガイド第6版】第3回:アジャイル

トレノケート PM道場コラム
【PMBOK®ガイド第6版】第3回:アジャイル
執筆:中村 正明

本コラムでは、2017年9月にリリースされたPMBOK®ガイド第6版と第5版との主な変更点を数回にわたり紹介していきます。

PMBOK®ガイド第6版では、アジャイルについて取り上げられるという話をお聞きになっていた方が多いのではないかと思います。確かにかなりの記述がアジャイルの話に割かれてはいるのですが、アジャイルについて一章が設けられているというわけではありません。

プロジェクト・ライフサイクルの型のひとつに適応型があり、それがアジャイルであるとされ、若干の説明があります。

第4章以降の知識エリアを取り上げた章の最初に「アジャイル型環境や適応型環境への考慮事項」というタイトルの下に、その知識エリアでのアジャイルの場合の注意が書かれています。また、スケジュール作成プロセスのツールと技法に「アジャイルのリリース計画」が突然出てきたりします。

こうしたわけですので、アジャイルについての体系的知識がPMBOK®ガイド第6版で学べるというわけではありません。スプリントやレトロスペクティブといったアジャイルの用語が突然出てきたりするわけですが、その定義が書かれているわけではありません。したがって、あらかじめアジャイルの基礎的用語を知っていないとPMBOK®ガイドを理解できないことになります。既存のPMBOK®ガイドを前提にアジャイルでは何が変わるかを記述したという印象です。

しかし、各知識エリアの「アジャイル型環境や適応型環境への考慮事項」をまとめてみると、アジャイルの場合はチームの自律性を高める必要があり、ステークホルダー・エンゲージメントの重要性が高くなるといった全体像は見えてきます。アジャイルの具体的内容について記述したAgile Practice Guideという文書がPMBOK®ガイド 第6版と同時に出版されています。英語版のPMBOK®ガイド第6版をダウンロードすると一緒についてきます。具体論はこちらという役割分担のようです。


PMBOK®ガイド第6版に関して詳しく学ばれたい方には、次の研修コースをおすすめします。
PMBOK(R)Guide第6版概要 (PMC0135G)

PMBOK®ガイド第5版との差分を学ばれたい方には次の研修コースをおすすめします。
PMBOK®Guide第6版改定内容速習(PMC0134G)

第6版のリリースにより、2018年3月26日よりPMP® 試験が改訂されます。
PMP®試験の第5版対応での受験をお考えなら、今がチャンスです。
PMP®試験対応コースを受講で、PMP試験対策問題集を進呈、さらに、PMP®試験対策コースを何回でも「再受講」できます。

main_bannar_PMP2017CP_500px.png


[PMBOK®ガイド 第6版][2017年9月26日配信]


ここでは、[ASP]PMP(R)試験対策問題集から毎回1問をご紹介します。

PMP®とは、PMI®(Project Management Institute)が認定するプロジェクト・マネジャーの世界標準資格、PMP®(Project Management Professional)のことです。

[ASP]PMP(R)試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第5版・新試験対応 (スマホ対応版)は、PMP®資格試験にチャレンジする方を対象に、効率的に試験準備を行うための自主学習教材です。選び抜かれた500問が入っています。解説付きですので、受験対策にぜひご活用ください。

※本ブログの「PMP®試験問題に挑戦!」は、過去20回の掲載分を公開しています。ご購入は上記のリンク先からどうぞ。




公式Facebookで新着記事をすぐにお届け!



※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER