Global Knowledge Japan

グローバルナレッジ PM道場
ホーム > グローバルナレッジ PM道場 > PMBOK®ガイド 第6版

【PMBOK®ガイド第6版】第2回:プロジェクト・マネジャーの役割

本コラムでは、2017年9月にリリースされたPMBOK®ガイド第6版と第5版との主な変更点を数回にわたり紹介していきます。


PMBOK®ガイド第6版では、第3章が「プロジェクト・マネジャーの役割」という章になりました。
プロジェクト・マネジャーの定義やその影響が及ぶ範囲を述べた後で、プロジェクト・マネジャーのコンピテンシーに10ページほどを費やしています。PDUの取得にも反映されているタレント・トライアングルを取り上げ、とりわけリーダーシップ・スキルについて詳しく記述しています。


「プロジェクト・マネジャーの役割の大部分は対人的なものである」「プロジェクト・マネジャーは、良きリーダーとなるよう努力する必要がある」とした上で、「明確なビジョンを持っていること」「楽観的でポジティブであること」「協調的であること」などを求めています。また、「研究によると、有能なプロジェクト・マネジャーは、プロジェクトでの時間のおよそ90%をコミュニケーションに費やしている」と研究事例を紹介して、「コミュニケーションに十分な時間を費やす」ことを求めています。

講師としてお客様の失敗プロジェクトの事例のお話をうかがうと、「コミュニケーションに問題あり」がほとんどです。私も、第一歩は「コミュニケーションに十分な時間を取ること」であると、事あるたびに受講者の方々にお伝えしています。この第3章に書かれていることと、ご自身の行動とを比較して考えていただくと後の方向が見えてくるのではないかと思います。

次に、「リーダーシップとマネジメントとは、最終的には物事を成し遂げることができることを言う」として、政治的に対応する能力を求め、影響、交渉、自律性、権威に言及しています。権威の行使も重要な要素です。権威の形態も列挙されています。自らを振り返るために、さらに今後の行動を考える良いリストではないかと思います。

リーダーシップとマネジメントの比較した表も掲載されています。その表の第一行には、マネジメントは「職権を利用して指示する」、一方、リーダーシップは「関係を利用してガイダンス、働きかけ、コラボレーションを行う」と書いてあります。成功するためには両方を用いる必要があると言っています。

このように、プロジェクト・マネジャーの行動についてさまざなに取り上げています。すべてを満たすことは不可能かもしれませんが、大いに参考になるのではないかと思います。

PMBOK®ガイド第6版に関して詳しく学ばれたい方には、次の研修コースをおすすめします。
PMBOK(R)Guide第6版概要 (PMC0135G)

PMBOK®ガイド第5版との差分を学ばれたい方には次の研修コースをおすすめします。
PMBOK®Guide第6版改定内容速習(PMC0134G)

第6版のリリースにより、2018年第1四半期にPMP® 試験が改訂されます。
PMP®試験の第5版対応での受験をお考えなら、今がチャンスです。
PMP®試験対応コースを受講で、PMP試験対策問題集を進呈、さらに、PMP®試験対策コースを何回でも「再受講」できます。

main_bannar_PMP2017CP_500px.png

第6版対応のPMP®試験対応コースの PMP® BOOT CAMPの前編・後編については、PMP®試験の第6版対応の1~2か月前からの提供を予定しています。

執筆:中村 正明 [PMBOK®ガイド 第6版][2017年9月21日配信]

【PMBOK®ガイド第6版】第1回:プロジェクトマネジメント・ビジネス文書

本コラムでは、2017年9月にリリースされたPMBOK®ガイド第6版と第5版との主な変更点を数回にわたり紹介していきます。

PMBOK®ガイド第6版では、プロジェクトマネジメント・ビジネス文書という第5版までにはなかった文書が登場しました。

プロジェクト・ビジネス文書は、ビジネス・ケースとプロジェクト・ベネフィット・マネジメント計画書から構成されています。

ビジネス・ケースは、第5版までにもありましたが、「プロジェクトの立上げの目標および理由」を記載したものです。組織の戦略や問題などを分析し、そこからビジネス・ニーズを引出し、プロジェクトの立上げにつながる文書です。

一方、プロジェクト・ベネフィット・マネジメント計画書は、プロジェクトのベネフィットがいつどのように実現するかを説明し、そしてこれらのベネフィットの測定を実現するためのメカニズムを説明する文書です。プロジェクトによって実現されるベネフィットの価値と比較したコストの見積りなども含まれます。ここから、プロジェクトからもたらされる事業価値の検証とロジェクト成功の妥当性確認ができます。

プロジェクトの実施を任されたので成功を目指すというだけでなく、事業価値の実現までプロジェクト・マネジャーに求めているということになります。ただし、プロジェクト・マネジャーの責任範囲については組織によって異なるとしています。

また、PMBOK®ガイド第6版には、「プロジェクト・マネジャーの役割」という章も新設されています。プロジェクト・ビジネス文書を受けて、そこではプロジェクト・ベネフィットに関するスキルも求めています。次のような内容です。
  • プロジェクトのビジネスの側面を他者に説明する
  • プロジェクトの戦略的側面を実現するために、スポンサー、チーム、専門家と協働する
  • プロジェクトの事業価値を最大化するように戦略を実現する
 
このようなことから、プロジェクト・マネジャーに求める見識の領域が広がってきているという印象を受けます。

PMBOK®ガイド第6版に関して詳しく学ばれたい方には、次の研修コースをおすすめします。
PMBOK(R)Guide第6版概要 (PMC0135G)

PMBOK®ガイド第5版との差分を学ばれたい方には次の研修コースをおすすめします。
PMBOK®Guide第6版改定内容速習(PMC0134G)

第6版のリリースにより、2018年第1四半期にPMP® 試験が改訂されます。

PMP®試験の第5版対応での受験をお考えなら、今がチャンスです。
PMP®試験対応コースを受講で、PMP試験対策問題集を進呈、さらに、PMP®試験対策コースを何回でも「再受講」できます。

main_bannar_PMP2017CP_500px.png

PMBOK®ガイド第6版対応のPMP®試験対応コースの PMP® BOOT CAMPの前編・後編については、PMP®試験の第6版対応の1~2か月前からの提供を予定しています。

執筆:中村 正明 [PMBOK®ガイド 第6版][2017年9月12日配信]

PMBOK®ガイド第6版 リリース

2017年9月6日、PMBOK®ガイド 第6版(A Guide to the Project Management Body of Knowledge,(PMBOK® Guide)-Sixth Edition, Project Management Institute, Inc., 2017)がリリースされました。

PMI®会員の方は、PMI®本部のウェブサイトから英語版および翻訳11か国語版のpdfをダウンロードできます。紙の印刷版は、英語版のみ9月6日に出版され、他の11か国語版は、10月の出版予定だとアナウンスされています。また、PMP®資格試験の第6版への対応は、近々のアナウンスとされています。

第5版から第6版への変更は多岐にわたりますが、大きな変更点は次の点です。

(1) プロジェクトマネジメント・ビジネス文書
プロジェクトから、いついかに利益が生み出されるか、および、その利益を測定するメカニズムを記述するプロジェクト・ベネフィット・マネジメント計画書などを取り上げています。

(2) プロジェクト・マネジャーの役割
PMBOK®ガイド第6版第3章は、「プロジェクト・マネジャーの役割」と題されています。役割とともにコンピテンシーについても取り上げています。

(3) アジャイル
第5版では、アジャイルはその名称がでてきただけでしたが、第6版では、アジャイルの場合には、プロジェクトマネジメント・プロセスをどう具体化するかについての記述が、すべての知識エリアに記述されています。

(4) 3プロセスの追加、1プロセスの削除
プロジェクトマネジメン・プロセスは49になりました。具体的には、プロジェクト知識のマネジメント、リスク対応策の実行、資源のコントロールが追加され、調達終結が削除されました。 

(5) リスク・マネジメント知識エリア
個別リスクだけでなく、「プロジェクト全体のリスク」にも取り組むことを強く推奨しています。リスク対応策の実行プロセスが新たに追加され、リスク対応計画を計画するだけでなくそれを実行することも重要であることを強調しています。第5版ではマイナスのリスク対応戦略は回避、軽減、転嫁、受容でしたが、第6版ではエスカレート(上に報告する)が追加されました。プロジェクト目標のスコープの外側にリスクが特定された場合には、組織の関連する人や部署に渡す必要があるということになります。

(6) 資源マネジメント知識エリア
人的資源マネジメント知識エリアは、資源マネジメント知識エリアに名称変更され、物的資源も対象になりました。

(7) 知識マネジメント
教訓は、PMBOK®ガイドのこれまでのバージョンでも強調されていましたが、それを知識・知恵にまで深める観点からさらに強化されています。


PM道場ブログでは、今後上記の主だった変更点を順次紹介していく予定です。

また、PMBOK®ガイド第6版対応の研修コースも順次提供を開始する予定です。
まずは、
「PMBOK®Guide第6版概要(PMC0135G)」の2コースを11月から提供します。

第6版のリリースにより、2018年第1四半期にPMP® 試験が改訂されます。

PMP®試験の第5版対応での受験をされるなら、今がチャンスです。
PMP®試験対応コースを受講で、PMP試験対策問題集を進呈、さらに、PMP®試験対策コースを何回でも「再受講」できます。

main_bannar_PMP2017CP_500px.png

PMP®試験対応コースの PMP® BOOT CAMPの前編・後編については、PMP®試験の第6版対応の1~2か月前からの提供を予定しています。

[PMBOK®ガイド 第6版 ; お知らせ][2017年9月 7日配信]


ここでは、[ASP]PMP(R)試験対策問題集から毎回1問をご紹介します。

PMP®とは、PMI®(Project Management Institute)が認定するプロジェクト・マネジャーの世界標準資格、PMP®(Project Management Professional)のことです。

[ASP]PMP(R)試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第5版・新試験対応 (スマホ対応版)は、PMP®資格試験にチャレンジする方を対象に、効率的に試験準備を行うための自主学習教材です。選び抜かれた500問が入っています。解説付きですので、受験対策にぜひご活用ください。

※本ブログの「PMP®試験問題に挑戦!」は、過去20回の掲載分を公開しています。ご購入は上記のリンク先からどうぞ。




公式Facebookで新着記事をすぐにお届け!



※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはグローバルナレッジネットワーク株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Global Knowledge Network Japan, Ltd. 2008-2016, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER