Trainocate Japan, Ltd.

PMBOK®ガイド第6版 リリース

2017年9月6日、PMBOK®ガイド 第6版(A Guide to the Project Management Body of Knowledge,(PMBOK® Guide)-Sixth Edition, Project Management Institute, Inc., 2017)がリリースされました。

PMI®会員の方は、PMI®本部のウェブサイトから英語版および翻訳11か国語版のpdfをダウンロードできます。紙の印刷版は、英語版のみ9月6日に出版され、他の11か国語版は、10月の出版予定だとアナウンスされています。また、PMP®資格試験の第6版への対応は、近々のアナウンスとされています。

第5版から第6版への変更は多岐にわたりますが、大きな変更点は次の点です。

(1) プロジェクトマネジメント・ビジネス文書
プロジェクトから、いついかに利益が生み出されるか、および、その利益を測定するメカニズムを記述するプロジェクト・ベネフィット・マネジメント計画書などを取り上げています。

(2) プロジェクト・マネジャーの役割
PMBOK®ガイド第6版第3章は、「プロジェクト・マネジャーの役割」と題されています。役割とともにコンピテンシーについても取り上げています。

(3) アジャイル
第5版では、アジャイルはその名称がでてきただけでしたが、第6版では、アジャイルの場合には、プロジェクトマネジメント・プロセスをどう具体化するかについての記述が、すべての知識エリアに記述されています。

(4) 3プロセスの追加、1プロセスの削除
プロジェクトマネジメン・プロセスは49になりました。具体的には、プロジェクト知識のマネジメント、リスク対応策の実行、資源のコントロールが追加され、調達終結が削除されました。 

(5) リスク・マネジメント知識エリア
個別リスクだけでなく、「プロジェクト全体のリスク」にも取り組むことを強く推奨しています。リスク対応策の実行プロセスが新たに追加され、リスク対応計画を計画するだけでなくそれを実行することも重要であることを強調しています。第5版ではマイナスのリスク対応戦略は回避、軽減、転嫁、受容でしたが、第6版ではエスカレート(上に報告する)が追加されました。プロジェクト目標のスコープの外側にリスクが特定された場合には、組織の関連する人や部署に渡す必要があるということになります。

(6) 資源マネジメント知識エリア
人的資源マネジメント知識エリアは、資源マネジメント知識エリアに名称変更され、物的資源も対象になりました。

(7) 知識マネジメント
教訓は、PMBOK®ガイドのこれまでのバージョンでも強調されていましたが、それを知識・知恵にまで深める観点からさらに強化されています。


PM道場ブログでは、今後上記の主だった変更点を順次紹介していく予定です。

また、PMBOK®ガイド第6版対応の研修コースも順次提供を開始する予定です。
まずは、
「PMBOK®Guide第6版概要(PMC0135G)」の2コースを11月から提供します。

第6版のリリースにより、2018年3月26日よりPMP® 試験が改訂されます。

PMP®試験の第5版対応での受験をされるなら、今がチャンスです。
PMP®試験対応コースを受講で、PMP試験対策問題集を進呈、さらに、PMP®試験対策コースを何回でも「再受講」できます。

main_bannar_PMP2017CP_500px.png

PMP®試験対応コースの PMP® BOOT CAMPの前編・後編については、PMP®試験の第6版対応の1~2か月前からの提供を予定しています。

[PMBOK®ガイド 第6版 ; お知らせ][2017年9月 7日配信]

PMBOK®ガイド第6版 最新情報 - 2017年9月にリリース

PMBOK®ガイド第6版の出版が、2017年9月とPMI®からアナウンスされました。
英語版か翻訳版か、電子版か印刷版かで発行の時期が若干異なります。
電子版は、PMI®会員であれば、無料でダウンロードできます。

■ 発行時期一覧

電子版 印刷版
英語版 9月
翻訳版
(日本語含む十か国語)
9月 9月下旬


なお、PMP®試験の改定時期は、2018年の第一四半期というアナウンスから変更ありません。

(参考) PMI® 公式アナウンス
http://www.pmi.org/update-center/publication-exam-updates/pmbok-guide

[お知らせ][2017年6月29日配信]

PMBOK®ガイド第6版 - アジャイル登場

2017年の第3四半期に発行が予定されているPMBOK®ガイド第6版の変更点が、PMI® のサイト(英語)に掲載されていましたので、ご紹介します。

新しい点は、各知識エリアに、アジャイルやその他の反復型・適応型環境へのアプローチと題したセクションが追加されることです。そのセクションでは、これらの型の実践がプロジェクトの場面にいかに組み込まれるかが記述されます。
アジャイルやその他の反復型・適応型アプローチの詳細は、付録に書かれる予定とのことです。

アジャイル以外の追加事項(一部)
・戦略・ビジネス知識に関してこれまで以上に強調
・PMIタレント・トライアングルに関する情報を提供
・今日のマーケットでの成功に必須のスキルについて記載

引き続き、新着情報がありましたらこちらのブログで紹介いたします。

参考:PMBOK(R)Guide 第5版の際のスケジュール

< お知らせ >
【今なら間に合う! PMP®絶対合格キャンペーン】 実施中です。
試験問題のPMBOK®ガイド第6版への対応は2018年からですので、
第5版対応での試験問題での受験は年内がラストチャンス。
2017年6月~9月の受講が対象です。

http://www.globalknowledge.co.jp/topics/campaign/PMP2017.html
main_bannar_PMP2017CP_690px.png




[お知らせ][2016年12月28日配信]

PMBOK(R)Guide 第6版 、2017年第3四半期に出版予定とPMI(R)がアナウンス

PMBOK(R)Guideの第6版の出版が2017年の第3四半期の予定である旨のアナウンスが、PMI(R)からなされています。気になる今後のスケジュールは?

以前、「第6版の出版が2017年第1四半期であるとアナウンス」とお伝えしていましたが、「2017年第3四半期」に訂正されました。また、その際に日本語版も同時出版されるとのことです。

PMP(R)試験の第6版への切替え予定は、2018年第1四半期とアナウンスされました。

試験が第6版切替え直後の受験でも、日本語版のPMBOK(R)Guide第6版で勉強して準備できるようです。

参考までに、PMBOK(R)Guide 第5版の際のスケジュールをご紹介します。

※2016年4月4日加筆修正

参考:PMBOK(R)Guide 第5版関連の日程

2012年12月28日PMBOK(R)Guide 5th edition(英語版)PMI(R)の WEBサイトから、PMI(R)のメンバー向けにダウンロード開始
2013年1月PMBOK(R)Guide 5th edition(英語版)の書籍の出版
2013年7月31日PMP(R)試験内容がPMBOK(R)Guide第5版対応に改訂。 (すべての言語で、全世界で)
2014年1月16日PMBOK(R)Guide 第5版(日本語版)PMI(R)のWEBサイトから、PMI(R)のメンバー向けにダウンロード開始
2014年2月PMBOK(R)Guide 第5版(日本語版)の書籍の出版

PMBOK(R)Guide 第5版に関連したグローバルナレッジの対応日程

2013年1月31日PMBOK(R)Guide第5版改定内容速習、提供開始
その後、プロジェクトマネジメント関連コースのPMBOK(R)Guide第5版対応コースを順次提供
2013年7月1日PMP(R) BOOT CAMP 前編 後編(PMP(R)受験対策講座) 提供開始

ご注意いただきたいこと

2013年7月31日にPMP(R)試験内容がPMBOK(R)Guide第5版対応に改訂されると、それ以降はすべての試験が第5版対応に変更になりました。

受験申請日が7月31日以前でも、受験日が7月31日以降であれば、第5版対応に変更されました。

また、1回目の受験が7月31日より前で第4版対応であっても、不合格のための再受験が7月31日以降になれば、試験内容は第5版対応になりました。

2013年7月31日以降は、PMP(R)試験は日本語で受験する場合でも第5版対応でした。

しかし、PMBOK(R)Guide 第5版(日本語版)の出版は2014年2月でしたので、その間は英語版のPMBOK(R)Guideで勉強する必要がありました。

また、日本語版が出版されていないため、日本語で受験した場合の訳語が明確にできませんでした。(グローバルナレッジでは、2013年7月初めから、日本語でPMP(R)受験対策講座の第5版対応で実施しました。ただ、訳語は独自訳であるため、試験で出題される訳語と完全に一致することは保証できませんでした。) 


グローバルナレッジでは第6版対応も、第5版の際と同様に対応していく予定です。 
第6版情報、今後も要チェックです。



▼グローバルナレッジのPMP資格取得対策コースはこちらから▼
< お知らせ >
【今なら間に合う! PMP®絶対合格キャンペーン】 実施中です。
試験問題のPMBOK®ガイド第6版への対応は2018年からですので、
第5版対応での試験問題での受験は年内がラストチャンス。
2017年6月~9月の受講が対象です。

http://www.globalknowledge.co.jp/topics/campaign/PMP2017.html
main_bannar_PMP2017CP_690px.png

執筆:中村 正明 [お知らせ][2016年3月14日配信]

PMP(R)試験の改訂について

2016年1月12日より、PMP(R)試験が新しい内容に改定されます。

グローバルナレッジでは、2015年12月から下記のPMP(R)資格受験対策の研修コースと、
eラーニング教材の試験対策問題集を新試験内容に改定して提供します。

改定内容も含めたPMBOK(R)Guide第5版の解説を行っていますので、
内容変更は行いませんが、試験改定に対応しています。

2015年12月から、新試験内容に改定して提供する予定のコース


改定内容の概略
今回の改定では、下記タスクが追加されます。

<ドメイン1(立上げ)>
・タスク2
顧客の期待を管理し、プロジェクト目標を達成へ導くために、ビジネス要件に基づいて、主要な成果を特定します。

・タスク7
組織戦略と期待されるビジネス価値に対し、プロジェクトの整合が取れているかを検証するために、ステークホルダーと効果の分析を行います。

・タスク8
主たる成果物、マイルストーン、および役割と責任分担についての共通認識を確実なものとするために、承認されたプロジェクト憲章をステークホルダーに通知します。

<ドメイン2(計画)> 
・タスク13
効果的にステークホルダーの期待を管理し、プロジェクトの意思決定に参加してもらうため、ステークホルダーの期待、興味、潜在的な影響を分析して、ステークホルダー・マネジメント計画を作成します。 

<ドメイン3(実行)> 
・タスク6
継続してステークホルダーを巻き込み、周知してもらうために、コミュニケーション・マネジメント計画に従って、情報の流れを管理します。

・タスク7
ステークホルダーとの良い関係を維持するために、ステークホルダー・マネジメント計画に従って、ステークホルダーとの関係を維持します。

<ドメイン4(監視・コントロール)>  
・タスク6
継続的な改善を可能にするために、教訓管理技法を使って、教訓を把握、分析し、管理します。

・タスク7
プロジェクトの目的への適合性を検証するために、調達計画に従って調達活動を監視します。

<ドメイン5(終結)> 
追加タスクはありません。

改定内容の詳細はPMI日本支部のwebサイトをご覧ください。

執筆:中村 正明 [お知らせ][2015年10月 6日配信]


ここでは、[ASP]PMP(R)試験対策問題集から毎回1問をご紹介します。

PMP®とは、PMI®(Project Management Institute)が認定するプロジェクト・マネジャーの世界標準資格、PMP®(Project Management Professional)のことです。

[ASP]PMP(R)試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第5版・新試験対応 (スマホ対応版)は、PMP®資格試験にチャレンジする方を対象に、効率的に試験準備を行うための自主学習教材です。選び抜かれた500問が入っています。解説付きですので、受験対策にぜひご活用ください。

※本ブログの「PMP®試験問題に挑戦!」は、過去20回の掲載分を公開しています。ご購入は上記のリンク先からどうぞ。




公式Facebookで新着記事をすぐにお届け!



※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Oracleは、米国オラクル・コーポレーションおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
※ITIL®はAXELOS Limited の登録商標です。
※American Management Association は、米国アメリカン マネジメント アソシエーションの登録商標です。
※BOOT CAMP、NEW TRAIN、Glovalueはトレノケート株式会社の登録商標です。
※その他このサイトに掲載された社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2017, All Rights Reserved.
  • Get ADOBE READER